こらしめという体罰によるエホバの証人2世の教育

小さな子供を持つ親へ仕掛けられるエホバの証人の罠

活発な子供だった私が王国会館でおとなしくしていないのを恥ずかしく思ったのか、王国会館に来ている他の子供の大人しさと比較して不安になったのか、原因は様々であろう。とにかく私の母親は、ある薄曇りの日曜日の午後、父親と私に向かって怒りと不安をぶちまけたのである。

王国会館に通っている子供が同年代の子供に比べておとなしく、お利口に見えるのは訓練されているからである。その訓練は生活規範そのものをエホバの証人の教義に縛り付けるものである。その規範に背くと待っているのは体罰である。体罰はこらしめと称してエホバの証人の間では推奨されている行為である。その痛みの代償にあのロボットのようなエホバの証人の子供たちが製作されているのである。子育てに悩む親たちは王国会館で製造されたロボットのようにおとなしい子供を見てこの宗教に魅力を感じてしまうのである。




母親に続き父親もエホバの証人の虜に

母親が、私が王国会館でおとなしくしていないことに対して理性を無くして怒っている。

その悪い家庭の空気を和ませるためなのか、私が軽く言ってしまった一言が

「(王国会館に)お父さんも一緒に来てくれたら、僕はおとなしくしているかも」である。

これは父親の威厳のことを指しているのではなく、その場を取り繕うための子供ながらの一言だった。しかし、この一言がまさに悪夢の始まりだった。

この次の週以降、私の父も次第に王国会館に通いだすようになった。当然、私の王国会館への連行も続くことになる。そして遂に両親はこの宗教団体に献身し、私もそれを強く望まれ、この宗教の教義に沿って育てられることになった。子供としての楽しみや子供社会の中での自己の確立、私はそういったものとは縁遠い環境で育っていくことになった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。