偽善の組織の判別方法

エホバの証人の洗礼の儀式~バプテスマ

エホバの証人にはバプテスマという儀式がある。これは献身と呼ばれ、身も心も何もかも、全財産をものみの塔協会に捧げますと誓う儀式である。

エホバの証人のバプテスマは、ある程度の勉強期間と理解度は求められるが、基本的には来るもの拒まずという感じで受けることが出来る。エホバの証人組織的には、金づるが増えるのだからウェルカム。

このバプテスマを受けると、正式な”エホバの証人”信者と認められ、既に献身している信者と兄弟姉妹と呼び合うことになる。

バプテスマのさなか膨らむ妄想と水着の下半身

偽物の組織の判別方法

バプテスマを受けてしまうと、エホバの証人は自らの将来や財産の全てをものみの塔協会に捧げることを要求される。献身と言うだけのことはある。本来、そんなことを望んでもいなかったはず。元は家族の幸せや自身の健康を願っていたのに。洗脳され騙されてしまったのである。

実は、ものみの塔協会のようなカルトを見極める術がある。そいつらがカルトかどうかは、何を要求されるかで判別できる。

あなたの持つ物全てを捧げることを要求する人物や団体は、宗教が絡んでいるかどうかに関わらず偽物だと考えるべき。何人たりともあなたの持つもの全てを要求することなど許されない。

要求があなたの自由時間や余剰資産の全てに及んだら、宗教団体の場合はカルト、カリスマだとか何とか言われている人物の場合はペテン師、商業団体の場合は詐欺集団だと思った方が良い。配偶者や恋人であれば人格破綻者。

その要求はエスカレートし、余っているものだけでなく、あなたの持つもの、財産、時間、全てを捧げることを要求してくる。

全てを要求するか否かで偽善の組織かカルトかを判別できる。

この判別方法にエホバの証人や出家を求める新興宗教は完全に当てはまる。エホバの証人の世界では全時間奉仕と言って、定職にも就かずひたすら布教勧誘活動をすることが推奨される。馬鹿かと。異常そのもの。

祈祷代5000円、拝観料500円などと決めている方が商業的で欲深そうに見えて、実は安全で健全な宗教団体。宗教法人も自らの施設や神職者を適正に運用せねばならない。

古くなる建物の維持、聖職者の衣食住などの費用が発生する。当然、無料という訳にはいかない。その維持運営をまかなえるのは金しかない。適切な料金設定であれば、怪しくもなんともない。必要なもの。

ものみの塔協会のように、無制限に何もかもを要求してくる団体はカルト。偽善の組織である。決して関わってはいけない。関係するとあなたは何もかも失うことになる。財産、未来、家族、そして健全な精神・肉体すらも失うことになる。

遅効性のエホバという猛毒をまき散らすものみの塔協会

エホバの証人の偽ボランティア活動はただのカルト勧誘である


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください