ものみの塔協会のエホバの証人に対するマインドコントロール手法

都合の悪い情報をシャットアウトさせるものみの塔協会

ものみの塔協会は信者のエホバの証人に対して情報統制を敷いている。自身に対して批判的な情報や、他の宗教に関する知識を取り入れることを禁じるのがその手段。

こういった情報は「この世」のものと言われ、悪魔サタンの誘惑の手段であり、絶対に触れてはいけないとされている。

情報を制限した状態は、ものみの塔にとって信者のマインドコントロールを保つために都合が良いサタンは「この世」ではなく、ものみの塔の方。エホバの証人をマインドコントロール下に置くために、情報統制を敷いている狡猾な蛇。

私がエホバの証人の子供だった頃は、インターネットなど無くて、ものみの塔から発信される情報以外は全く入ってこなかった。1980年代~1990年代初頭のこと。当時のエホバの証人は純粋培養のマインドコントロール状態にあった。

また、ものみの塔はエホバの証人の行動や信仰を否定する者は全てサタンの手先であると教えている。そのため、信者たちはそういった反対者を恐れ毛嫌いし、耳を傾けようともしない。

このようにエホバの証人は、外部からの新鮮な情報を遮断され、助け出そうとする人たちを避ける。これがエホバの証人のマインドコントロールを維持するシステム。

ものみの塔は反対者の出現に対して先手を打っている

“ものみの塔協会のエホバの証人に対するマインドコントロール手法” の続きを読む


エホバという傷を癒すためにものみの塔思考をやめる

カルトの見極め方

私の両親がエホバの証人というカルトに騙されてしまったのは、ものごとを信じやすい性格と依存体質が影響していた。民間療法や迷信めいたものを信じやすく、言われるがままに疑わない性格。そして、一旦のめりこむと極限まで突き進む一途な真面目さ。

この隙を突かれ、ものみの塔というカルトに何もかもを奪われた。ものみの塔協会は、組織外部の言葉には一切耳を貸すなと指導する。それはエホバという神に敵対するサタンの攻撃、誘惑であるからと。

私の両親は馬鹿正直にこの言葉にも従ってしまう。一旦、エホバの証人と他のカルトや一般的な宗教とを比較するべきだった。それを怠ったがために深いマインドコントロール状態に陥り、人生の大半を失い、一家も崩壊した。

輸血拒否、熱心な布教活動など、エホバの証人は傍から見ればカルトそのもの。一般的な寺社仏閣に依る限りは、一定額以上に自分の時間や金を巻き上げられることもない。逆にエホバの証人は全力投球、人生の全力での投資、ものみの塔協会へのフルベットを要求してくる。

祈祷一回いくら、お祓い代何円と決まっているのは守銭奴でも何でもない。上限があるのは健全。全財産を巻き上げられることがないから。

危険なものみの塔的思考方法

“エホバという傷を癒すためにものみの塔思考をやめる” の続きを読む


ものみの塔協会に多額の犠牲を払い続けている私の両親

元エホバの証人の両親が受けたものみの塔による被害

エホバの証人2世として育てられたことで、私の幼年期・少年期・若年期は悲惨だった。しかし、私の両親はそれ以上にものみの塔に多大な犠牲を支払うことになった。それがものみの塔協会に献身した人間の末路。

この危機のただ中にいる人には、ぜひこの話を読んで自戒として頂きたい。私の両親は、

人生における最も生産的・活動的に生きられる20代から40代までの全ての時間をものみの塔に捧げてしまった。さらに、経済力や社会的地位をエホバの証人という宗教団体により搾取される。そして最後に待っていたのは一家離散という悲劇。

ものみの塔は、世俗の仕事に没頭することを推奨せずパートタイムの仕事を選ぶように指導している。その上、定期的な寄付が求められる。

ものみの塔の妄言の言いなりになった両親は、エホバの証人として20代~40代をフルに過ごした結果、経済的にも社会的にも困窮。家族は崩壊し、一人息子の私に対する罪悪感からか頭が上がらず老後孤独破産まっしぐら。

ものみの塔の洗脳が解けたあと、元エホバの証人に残る後遺症

“ものみの塔協会に多額の犠牲を払い続けている私の両親” の続きを読む


エホバという幻想を根底から覆す、ものみの塔を清算する

強く否定することで逆にエホバに縛られる

私の20代は、非エホバ的な生き方をしなければならないという強迫観念にとらわれ無法、無頼として過ごすことになった。この生活態度に伴い、私は多大な犠牲を支払うことになる。

幼い頃からエホバの証人二世の子供として育てられたことへの反動。反発。

エホバの証人を嫌い、表面的な穏やかさや親切、愛、喜びなど美徳とも言える特質をも私は否定していた。喫煙、過度の飲酒、ギャンブル、上位の権威や目上の人々に対する反発、そういった反ものみの塔的な思想や行動を追い求めた。

それは本来の私の望みや考えではなく、単純にエホバの証人2世だったという過去を否定することから派生したもの。

エホバの証人的生き方をしないでおこうと思えば思うほど、ものみの塔の教義やエホバの証人の生き方に注目して、逆をいかなければいけない。私の20代は、反発するほど逆にエホバに縛られるという状況に陥っていた。

私の幼少期はものみの塔によって無残に汚され、家族は崩壊した。さらに、私の20代はものみの塔の洗脳下にあり、取り返しのつかない時間を奪われてしまった。

逃れなれないものみの塔の洗脳 “エホバという幻想を根底から覆す、ものみの塔を清算する” の続きを読む


20年もの歳月をかけて養われたエホバの証人的思考

元エホバの証人2世がものみの塔に奪われた前半生

私は物心つく前から14才までの期間をエホバの証人2世として育てられた。人格形成のための重要な幼少期と少年期を、ものみの塔のガチガチの戒律に縛られ成長した。そして独自の異端な教義を頭に叩き込まれ洗脳された。

両親ともにものみの塔協会の完全マインドコントロール下にあり、幼い私に逃げ場所は無かった。エホバの証人ではなかった親族とも離れて暮らしており、会えても年に1度か2度、その際も両親の監視下にあった。

エホバの証人を否定する親族に対して、子供の私が「エホバの証人の王国会館に行きたくない」とでも言おうものなら、待っているのは懲らしめという体罰。そんなことを言う子は悪魔サタンの誘惑を受けていると。

他にも、ものみの塔の細則に反すると体罰を受ける。エホバの証人の子供たちはこのムチが怖くて大人しくエホバの証人の親に従っているに過ぎない。

また、ものみの塔の戒律に従わないとハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖にも心が支配されていた。天から降る業火に自身の体が焼かれる夢をよく見た。日々、恐怖心を抱えて生活する子供が健全である訳がない。

私は、とあることがトリガーとなり、20代前半でエホバという架空の神の存在が幻想であると気づく。ものみの塔の洗脳からの解放に至る。しかし、

それまで生きてきた20年間全ての時間をものみの塔協会に捧げることになってしまった。決して取り返しのつかない時間。戻らない時間と崩壊した家族。

エホバの証人の洗脳が解ける瞬間

元エホバの証人2世の無意識下にあるエホバの証人的思考

“20年もの歳月をかけて養われたエホバの証人的思考” の続きを読む


ものみの塔協会の欺瞞的体質、ハルマゲドンは来ない

エホバの証人2世、14才の決断

私はほぼ生まれながらのエホバの証人として育てられた。いわゆるJW2世信者。そのため、幼い頃からハルマゲドンという裁きの日に滅ぼされる恐怖に支配され続けていた。

ハルマゲドンとはエホバの証人のトンデモ教義で、神の裁きの預言のこと。ものみの塔教義上、今すぐにでもハルマゲドンが勃発するという設定になっている。

ハルマゲドンを生還できるのは、正しいエホバの証人だけ。それ以外の人類、全ての体制は神エホバにより滅ぼされ、地球がパラダイスに作り変えられるというけしからん話。全人類一丸となり攻撃してくる神を撃退してやりたいところだ。

今でこそ、こんな教義がおとぎ話であることは理解できるのだが、生まれつきに頭に叩き込まれるとそうはいかない。私は神エホバの存在とハルマゲドンの預言を完全に信じ込んでいた。

しかし、ものみの塔が定めた厳格な教義を守り続けられるほど、私は単純で純朴ではなかった。ものみの塔はマスターベーションを禁止しているし、あらゆる快楽・名声・成功を求めることが許されない。

教義を遵守できないのなら、ハルマゲドンでの生還は不可能。

活動的だった14才の私にとって、病人だらけのエホバの証人と堅苦しいものみの塔教義は鬱陶しさそのもの。はちきれんばかりの性欲を抑えつけることも出来なかった。

生命の一瞬の輝きと刹那的な快楽を求め、エホバの証人と両親を捨てようと決意したのが14才の時。私がエホバの証人を辞めたあとで、両親も順を追ってこの宗教を辞めていく。その過程で両親は離婚し、現在は一家離散。

元エホバの証人2世、二十歳の気付き

“ものみの塔協会の欺瞞的体質、ハルマゲドンは来ない” の続きを読む


エホバの証人2世が感じる数多の視線、過剰な自意識を醸成

多くの視線にさらされるエホバの証人2世

エホバの証人2世の子供は、常に多くの視線にさらされている。その視線が現実であるにしろ違うにしろ、エホバの証人2世の子どもは、いつも他者の視線をひどく気にしている。

両親や他のエホバの証人信者からは、ものみの塔の教義を遵守しているか監視され続ける。親同士の密告、子どもの間で親に言いつけられることもしばしば。

エホバの証人でない大人からは、哀れみの視線を受ける。親に布教活動のために屋外を連れまわされていると、「偉いね」と言われつつ「可哀そうに」という視線を強く感じた。

エホバの証人の子供たちは、信者でない人々が無知だから哀れむのだと教えられる。実際に私はそう信じていた。本当に無知なのはものみの塔に騙され、搾取されているエホバの証人の方で、周囲の一般人の感覚が正しい。

エホバの証人には厳しい戒律が存在するので、学校のほとんどの行事には参加できない。行事不参加を表明する度に先生から不信の視線を浴びる。行事に不参加でも見学を余儀なくされる。

見学中は同級生の好奇の視線を浴びる。子供社会において、エホバの証人の子供の行動は、いじめの対象にして下さいと自らお願いしているようなものだ。

給食の前、エホバの証人の子供は合掌が出来ない。皆が「いただきます」と手を合わせているときに、一人だけキリスト教の祈りのスタイルを取らなければならない。両手を握り合わせたポーズ。ほとんど変態。

給食の前には常にこの苦痛の時間があり、クラスメイトの好奇の視線を一身に浴びる。この変態状態でそっとしておいて欲しいという方が、珍しいもの好きな子供の間では土台無理な話。いじられまくり、最終的にはいじめに発展。

果てには、神エホバやキリストの視線にまで、エホバの証人の子供は怯えるようになる。エホバの証人の根底には、ものみの塔の掟に従わないとハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖心がある。

ものみの塔による洗脳が最終段階に達すると、ハルマゲドンのジャッジメントのために、神エホバに常に監視されていると感じるようになる。このように、

エホバの証人2世の子供は、常に有象無象の視線に常に怯えている

自意識過剰な大人へと育つエホバの証人2世

“エホバの証人2世が感じる数多の視線、過剰な自意識を醸成” の続きを読む


エホバの証人2世の受難、幼児期より後に気の休まる時は無し

エホバの証人2世の過酷な幼児生活

エホバの証人2世の子供には過酷な生活が待っている。私は、幼稚園や保育園といった幼児教育を一切受けていない。同年代の幼児が保育園で昼寝をしているような時間には、母親にエホバの証人の布教活動に連れ回されていた。

エホバの証人の布教活動は、伝道奉仕活動、野外奉仕活動、ボランティア活動などと自称されている。エホバの証人がもっともエホバの証人らしく見えるはた迷惑な宗教勧誘。

信者たちが決まった場所に複数人で集まり、ペアを組んだり、親子だったりで家々の呼び鈴を鳴らして周りまくる。

「ボランティア活動で来たのですが」と始め、信者の勧誘を行う。集合する場所、周るエリアは漏れがないように周到に計画されている。留守だった家は地図にマーキングされ、後日、留守宅訪問と称してやってくる。

雨でも雪でも炎天下でも、ひたすら家から家へと2時間から3時間も歩かされる。宮沢賢治かと。こんな修行僧のような生活を、喜びと感じる幼児がいるはずがない。

エホバの証人2世のストレスフルな学校生活

“エホバの証人2世の受難、幼児期より後に気の休まる時は無し” の続きを読む


エホバの証人のカルト教義、裏と表を使い分ける二面性

ハルマゲドンとパラダイス、まさかの復活という夢物語

エホバの証人の教義では、三位一体を否定し、イエス・キリストの親とされる神エホバのみが崇拝の対象であるとされている。

神・聖霊・キリストが一体だろうが、別人格だろうが、日本人にとってはどうでも良いことなのだが、キリスト教世界では重要事項で論争になっている。エホバの証人が三位一体を否定するのなら、実際は三位一体が正しいのだろう。

なぜならエホバの証人の教義は全否定しておくのが吉だから。近代アメリカ人が始めた新興宗教が正しい訳がない。

カルトの証人が言うことは全て疑ってかかるべき

三位一体が正しいというより、聖書筆者たちは神やキリストの存在を三位一体タイプで伝えたかった。三位一体型で設定した。というべきか。

エホバの証人のオモシロ教義はさらに続く。

間も無くこの世の終末となるハルマゲドンが起こり、神エホバに背いた悪魔サタン率いる悪霊一派や、エホバの証人でない人々は神によって滅ぼされる。逆に、エホバの証人たちは、ハルマゲドン後の楽園で永遠の命を手に入れる設定

エホバの証人の教義では、霊魂や地獄の存在を否定し、人は死ねば土に帰り無になると教えている。ただ、神の目から見て正しいエホバの証人であれば、ハルマゲドン後に復活し、パラダイスになった地球で永遠に生きられるという特典が与えられるとされている。

失笑を禁じ得ないトンデモ教義。

エホバの証人をカルトたらしめる教義

“エホバの証人のカルト教義、裏と表を使い分ける二面性” の続きを読む


ものみの塔協会の統治体、いい年して昇天しちゃうお馬鹿さん集団

組織維持のためだけに転がり続けるものみの塔協会

エホバの証人の宗教法人格、ものみの塔協会は組織そのものを維持するためだけに運用されている。

確信犯的に組織を利用し、経済的利益を貪っている幹部や教祖という分かりやすい悪役は外部から見えにくい。むしろ、ものみの塔の教祖的存在は存在しない可能性すらある。

この不毛さがエホバの証人の救われない所。国民総出で思考停止状態に陥り、無謀な戦いに挑んだかつて某国のよう。何のために戦うのか?膨張した組織の維持のため。この迷走の行き着く先は破滅。

エホバの証人の統治体の矛盾 “ものみの塔協会の統治体、いい年して昇天しちゃうお馬鹿さん集団” の続きを読む