エホバの証人が視聴を許されないテレビ

エホバの証人二世の育つ毒家庭

私は生まれながらのエホバの証人2世だった。両親ともにエホバの証人という毒家庭で成長した。私は一人っ子だったので両親に遊んでもらうか、一人で遊ぶかのどちらかであった。

1980~90年代、学校の友人の家にはたいていテレビゲームがあったのだが、私の家にはなかった。貧乏とかでなくエホバの証人だったから。

エホバの証人は各家庭によって、ものみの塔協会の教義に対する厳格さや忠誠度が異なる。このため、中にはテレビゲームが許されているエホバの証人2世の子供もいた。私にとってそれは羨ましい限りだった。

エホバの証人が見ることを許されないテレビ

私の家にはテレビすら置かれない時期もあった。両親はテレビから流れる情報は全て悪魔サタンが流している有害な情報だと信じていたから。それほどに両親は深い洗脳状態にある熱心なエホバの証人だった。

といっても、テレビが置いてあった時期もあった。しかし1日に見ることの出来る時間は30分とか1時間とガチガチに決められてはいた。しかもNHKだけしか映らないように設定されていることもあった。

また見たい番組は事前に両親の承認を得なければならなかった。許しが出た番組でも一緒に見ていて途中でエホバの証人にとって”ふさわしくない”シーンがあるとテレビを消されるのだった。

“ふさわしくない”とは不道徳や暴力など。テレビで未婚のカップルがキスしたり服を脱ぎ始めたりするとチャンネルを換えられた。そもそも子どもの大好きな戦隊物やヒーロー物は暴力的であるという理由で許可されなかった。

浅はかで傲慢なエホバの証人

エホバの証人とテレビについて不思議な点がある。全てのメディアはサタンの支配下にあるというのがものみの塔協会の言い分。しかしNHKなら見てもOKだと、多くのエホバの証人の家庭で決められていたのが私の疑問。

確かに、NHKならばエホバの証人にとって”ふさわしくない”とされる露骨な性描写や過激な暴力表現、バカ騒ぎが少ない。とは言ってもエホバの証人でない人間が製作した番組である。1日の番組の終わりに君が代が流れるし、ある程度は何らかの意図が込められている。

ここまで深読み出来ないのが全国のエホバの証人たち。表面的なものだけを見て周りのエホバの証人に同調する。物事の裏に隠されたことを推論できるようになれば、ものみの塔協会のふざけた教義の欺瞞にも気付くことが出来る

誰かの言いなりにならずに、自分で考えるということ。

エホバの証人の家庭によって、見ても良い番組の基準に揺らぎがあった。これが全て親のジャッジメント。エホバの証人の親は、神により審判員として是認されているとでも思い込んでいたのだろうか。何たる傲慢だろうか。

テレビを信者に見せないことがものみの塔協会の洗脳手段

ものみの塔協会はテレビは世俗の毒である、サタンの攻撃手法であるとして、信者たちに遠ざけるよう指導している。これがそもそものエホバの証人たちを洗脳状態に保つための手段。

信者に情報統制を敷き、フレッシュな情報が入らないようにしている。頭の中の情報を正確なものにしないと、ものみの塔協会の洗脳からは自由になれない。

テレビが正確かというと、そうでもないのだが、それを見極める姿勢、態度がエホバの証人には必要。少なくとも、エホバの証人組織の言っていることよりは、テレビのニュースの方が偏りは少ない。

ものみの塔協会の情報統制から自由になろう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください