『クレヨンしんちゃん』が明らかにする、ものみの塔の矛盾

我が子が大好き『クレヨンしんちゃん』

昨日の続き。昨日の記事の内容は

  • 『クレヨンしんちゃん』作者がエホバの証人(ものみの塔)信者であったらしい
  • 我が子が同作を毎週見ている

今日は、作品としての『クレヨンしんちゃん』について。

私は、何かの作品と、その作者の負の面と捉えられる私生活を結びつけることはしたくない。これは私が反エホバの証人であることは関係なく、単なる自分の主義。

主義とかこだわりまでもいかず、単にそう思うという程度。本ブログの主旨でもない。薬物所持とかで摘発されると、出演してる作品が全部お蔵入りしちゃう風潮がどうなんだろうと思っているだけ。

「作品に罪は無いよね」という安易な個人的意見。

だから、作者が最後までエホバの証人だったとしても、彼の信教を理由に、息子に『クレヨンしんちゃん』の視聴を禁止しない。ガチンコの「ものみの塔出版物」を子供が見ていたら、殴ってでも止めるのだが。

これは失礼。殴って止めちゃダメなので、自分の経験をこのブログのように脈々と話し、子供を説得したい。延々と語らずとも、恐らく子供たちは簡単に理解してくれるものと信じている。親よりも賢い子たちなので。

むしろ、ものみの塔的なカルト一切を当初から避ける賢明さを持ち合わせて成長して欲しい。親としても、危険物を寄せ付けない環境づくりを出来る限りしておきたい。

「しんちゃん」が語るものみの塔の矛盾

『クレヨンしんちゃん』の作品そのものは非エホバ的。「親に不敬」はエホバの証人的には厳禁だし、お尻ぺんぺんとお尻を出すのは、懲らしめというエホバの証人の体罰への皮肉的オマージュなのではとも感じる。

なので、反エホバの私が『クレヨンしんちゃん』に目くじらを立てる理由はない。とはいえ、「もっとやれー」と言えないのは、やはり我が子に「しんちゃん」のマネをして欲しくないから。

ものみの塔協会は、有名人に対しては非常に寛容で、作品や生活態度が背教的でも見逃されることが多い。「しんちゃん」の不品行暴走が見逃されていたのが好例だろう。

普通の信者は背教まがいのことを口にしようものなら、排斥という破門処分にまっしぐら。ビンボーな一般信者には手厳しく、著名人には寛大。キリストの正反対のカッコ悪さ。

作品が非エホバ的でも、作者の寄付金が多かったり密かに広告塔になったりするので、許されるのではないだろうか。この二面性が、ものみの塔がいかに即物的であり物質主義を重んじる偽善組織であるかの証し。


“『クレヨンしんちゃん』が明らかにする、ものみの塔の矛盾” への3件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください