ものみの塔協会には、誤った古い光に対する責任がある

ものみの塔の古い光は誤り

ものみの塔は頻繁に予言の解釈を変えたり、教理を変更する。その都度、「新しい光」と言って、真実が新たになって喜ばしいという態度を取る。実際のところは、時がすぎて予言がハズレたのが確実になったとか、時世を鑑みて教理をカメレオン並みに変えているだけ。

昨日の記事で紹介したが、最新の光は「子どもにもう体罰加えないで~」というモノ。私が子どもだった頃は、組織ぐるみでビシバシお尻を叩いていたのだが、体罰が禁止になる国が増えたので、懲らしめの鞭はもうやめましょ、となった。

新しい光があるということは、古い光も存在するということ。ただの光ではなく、わざわざ「新しい」とつけているので。ということは、新しい光が発光した以上は、古い光は無効。古い光は間違い、誤り。これは確実。

では、新しい光が出る40年前に、体罰を受け虐待された子どもたちはどうするのか?体罰で亡くなった子どももいる。新しい光が出る前に、間違った光で虐待された子ども、体罰を加えるよう指導された親。

ものみの塔には、間違った光を照らした責任がある。それを詫びずに、「新しい光がー」とごまかしている。

「エホバの証人とは、ムチの宗教」、求められる反省と謝罪、責任の所在

間違った光を詫びないものみの塔は真理の組織ではない

船の航路を示す灯台が、間違った方向を照らしていたとする。その方向に進めば岩礁に乗り上げ座礁、転覆。それが明らかにならないまま、何十年も灯台は間違った方向を照らしていた。

その間、座礁する船が何隻も出て、死人も多数。ある日、その座礁問題が発覚。じゃ照らす方向変えましょ。ちゃんちゃんでは終わらない。なぜ間違っていたのか?その理由は?さらには被害を受けた人々へ補償しろとなる。

謝罪と補償は、良心的な組織であれば、当然。神の組織を謳うものみの塔が、誤った光で信者の進行方向を間違わせたのは事実。きっちり原因究明・謝罪・補償すべき。独善的かつ偽善の組織であれば、知らぬ存ぜぬで通すだろうが、良心的な真理の組織を自称しているのだから、そんなことはあり得ない。

しかし、現実は、ものみの塔の間違った光はそのまま闇に葬られている。ということは、ものみの塔が偽善が真理どちらに属するかは一目瞭然。間違った光で信者を虐待親に仕立て上げたことを詫びもしない。つまり完全悪の組織。

ものみの塔には間違った光を照らした責任がある

なぜ誤った光を発してしまったのか、それは、そもそも統治体がウソつき集団だから。嘘つきが照らす光は、そりゃ間違った方向を照らす。

ものみの塔は、誤った光で子どもに体罰を加え死に至らせたり、親に虐待を加えさせ、子どもの精神を切り裂かせた。被害者に補償すべき。集団で訴訟して金額の補償をさせるのもあり。

または統治体に引責辞任させるのもあり。誤った光を発した責任を取るべき。当時の統治体メンバーが残っていなくても構わない。現メンバーが責任をとって謝罪すべき。

前経営層が汚職をしていました。しかし、現経営層は関知していないので、関係ないは通じない。被害を与えた人・団体に対して謝罪・補償がなされていないのであれば組織としてその責任を全うすべき。

当然これは宗教法人にもあてはまる。その組織が真理を知っているとか真実の宗教であるとかはどうでもいい。関係ない。組織として被害者に詫び補償すべき。

ものみの塔が子どもに体罰を加えるよう信者を指導したのは事実、ならばその責任を組織として負うべき。

間違った光の代償は、統治体の辞任、信者への補償、ものみの塔の清算。散れ。


Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.