エホバの証人2世の30年目のトラウマからの回復

パチンコで喰っていくんだと、私は二十代半ばで会社を辞めた。これには、エホバの証人らしくない生き方をしなければならないという強迫観念が強く影響している。私が生まれつきのエホバの証人二世だった反動。

エホバの証人をやめたからには反エホバ的生き方が必須だと私は思い込んでいた。エホバの証人らしい=真面目、真面目=会社員、パチプロのプータローなら、最もエホバの証人らしくないという短絡的発想。

エホバの証人らしい非正規雇用での就労を余儀なくされる

結局、このパチプロ生活は長く続かず、破綻する。喰うに困る前に、私は非正規雇用で働き始める。これだと、まさにエホバの証人っぽくなってしまう。エホバの証人はだいたい非正規雇用で働き、残りの時間をものみの塔協会の活動時間に充てる。

とはいえ、喰っていくためには仕方がなかった。今さら正規雇用の働き口が簡単に見つかるはずがない。私は、就職氷河期真っただ中に短大卒ながら、割と安定した会社に就職していた。しかし、反ものみの塔的生き方を実践するために、安定や普通、真面目というイメージのある会社員を辞める決断をした。

私は、組織に対する忠実さ、妄信から来る組織崇拝こそがエホバの証人の根幹であると無意識に感じていた。これが自分の中にあることを否定するために、組織、会社を辞め、一匹狼としてパチプロになるという選択をしたのだった。

これが完全に裏目に出て、傍目にはいかにもエホバの証人っぽい非正規雇用という立場に転落。フルタイムの正社員として働き、出世競争するだけで十二分にエホバの証人らしくなかったのだが。皮肉な話だ。

30年目のエホバというトラウマからの解放

しかし、私はこの失敗を後悔していない。逆に、あの時にパチプロになっていなかったら、これこそ後悔が残ったはずだ。やってみなければ分からない。失敗してもいい。これがエホバの証人にはない考え方。

堅苦しい教義に縛られ、あれもダメ、これもダメ、これもやってはいけない。というのがエホバの証人。何でもやってみて、試してみて、失敗してもそれを教訓にして次に活かす。馬鹿みたいなパチプロ挑戦は、授業料は高くついたのだが、これはこれで良かった。

結果的に、私はようやくエホバの証人っぽくない生き方を始められたのだった。生まれながらのエホバの証人として、過酷な幼少期を過ごし、深いものみの塔協会の洗脳に侵され、30年目のことだった。

組織崇拝、ものみの塔崇拝もエホバの証人の罪であり、根幹なのだが、その原因は洗脳にある。その洗脳は信者たちの思考停止状態から始まる。私の問題もここにあった。

私のトラウマとなっていた、エホバの証人的思考状態。かくあらねばならない。ものごとは筋書き通りに進めなければならない。適当、思いつきではいけない。こういった思考状態からの解放。

誰かに言われたことや定石ではなく、自分で考えに考え抜いて、動き出す。そして失敗しても諦めずに試行錯誤を繰り返す。私はこうして新たな道を歩き始めたのだった。

ものみの塔協会のマインドコントロール手法

エホバという傷を癒すためにものみの塔思考をやめる


“エホバの証人2世の30年目のトラウマからの回復” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください