『解毒』~エホバの証人の親が経験する失敗の子育て

エホバの証人脱出女性の書いた『解毒』

エホバの証人組織を脱出した女性が書いた『解毒』。作者は1977年生まれのエホバの証人2世で私と同年代。境遇が似ていたので共感するところがあった。同年代のエホバの証人二世や、その親の世代にもおススメの一冊。

現役の信者の方がひそかに読むならぜひ電子書籍で。

 

 

エホバの証人の子供が下す親の評価

大人になった作者が自分の子供の頃を振り返るシーンがある。そして、まだ若い両親がもがきながら自分たちを育てていたことに気付く。

歳を重ね、知恵がついた自分の視点で親の子育てを批評するのは間違っている

作者は、自分の親は与えうる限りの愛情を注ぎ、全力で子育てをしたと評価を下している。

私の両親も若くして、私を育てた。そして、この作者同様に十分に愛情を注がれた。両親には非常に感謝している。ただ、この麗しい事実は物事の一面に過ぎない。私の両親は作者の母親同様に強烈に洗脳されたエホバの証人だった。

親は、愛情を注げるだけ注げば何をしても良いのか?手段は選ばなくても良いのか?愛しているのなら、暴力を振るっても良いのか?答えは否。背景に愛情があったとしても、子育ての手段を間違えたのは事実

両親が若く未熟だったから、道を踏み外してエホバの証人になってしまった。これも事実、十分に情状酌量の余地はある。しかし、子供は、自分で何の選択も出来ない赤子の内から、エホバの証人二世という枠をはめられる。

親も大変だったのだろうが、子供はもっと悲惨

エホバの証人の子育てが間違っている理由

子供がぐれようが、引きこもりになろうが、その子育てが失敗だったかどうかは誰にも分らない。後にその子供は成功するかも知れないし、心優しい大人に育っているかも知れない。

そもそも人間にとって成功の指標が存在しない。それは人それぞれ。ゆえに、子育ての客観的・相対的評価は存在しない。他家の子供の出来と比べるべきものではないから。

ただ、エホバの証人の親たちは全員が子育てに失敗している。理由は、子どもの自主性を一切尊重せず、ものみの塔協会の教育方針を強制しているから。

子どもに自分の思いを託し過ぎる親は多い。自分の理想の姿に育って欲しいと。それは間違い。子どもには子どもの個性がある。それを尊重すべき。

エホバの証人の親はそんな自分勝手な親以下。自分の考えもなく、ものみの塔協会に言われるがままに、子どもにエホバの証人の教義を押し付けている。

本来の子どもの持つ性質と全く向き合わず、何も調べず、何も考えず、安易な方向に逃げてものみの塔協会の言いなりになっただけ。その安直な逃げを正しい、真理だと子どもに押し付けている。完全な子育ての失敗。

その背景に親の未熟さがあり、子どもに対して与えうる限りの愛情を与えたとしても、それでも失敗は失敗。大失敗の子育て。深く反省し、悔い改めるべき

エホバの証人の親として子育てに失敗してしまった人はどうすれば良いのか?

人生はいつでもやり直せる。ただちにエホバの証人を辞めて、子供たちに対して謝罪の姿勢を見せるべき。あなたの与えてきた愛情が本物であったのなら、まだ和解の道はあるかも知れない。

あなたの愛情が偽物だったというのなら、今から本当の愛情を示せばいい。

エホバの証人2世の30年目のトラウマからの回復


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください