エホバの証人の親が子どもに与えるトラウマ

父親によって軽く否定されるエホバの証人二世の夢

私は、物心ついた頃には既にエホバの証人2世として育てられていた。14歳のときにサッカーをしたいという自分の気持ちを、神エホバや両親の願いより優先させてエホバの証人をやめた。しかしそのサッカー熱も数年で冷めてしまった。

サッカーをしなくなった私はエホバの証人が禁止されているものに手を出し始める。エホバの証人にとって許されないジャンルのテレビドラマや映画、小説なども一通り目を通した。性描写が極端なものや心霊的なものは全てエホバの証人には禁止されている。

テレビゲームもロールプレイングから格闘ゲームまで一通りやることになった。このゲームには貴重な時間をだいぶ費やしてしまった。大抵のゲームには敵がいて闘わなければならない。イコール暴力的ということで、エホバの証人の子供はゲームが禁止。

サッカーをやめた10代後半の私が、将来の目標として描いていたのがテレビドラマや映画などの製作に関わる仕事である。ストーリーに直接関わるような脚本家になりたいと思っていた。

心を揺さぶる感動を同時に多人数の人に電波やスクリーンを通して発信することが出来る。その感動には自分の主張を込めることが出来るのだ。そんな私の夢の話を父親にしたことがある。父親は

「そんな者になりたい人間はごまんといるから無理だ」と否定してきた。

エホバの証人の親の限界

私が主張することはやがてものみの塔協会の否定に至る。それはエホバの証人だった父親にとって望むところではなかった。”この世”のメディアを発信源とする職業を目指すということは、エホバの証人であった父親にとって絶対に容認することは出来なかった。

何とも悲しい親である。この父親の発言に私は大いに動揺した。こういう時に両親は子供の考えを否定せずに無条件で応援するべきなのだ。それが極めて困難であると思われる場合でも、倫理的に大いに間違っていると判断される場合でも頭から否定してはいけない。

子供の話をとことん聞き、自ら考えさせ自分で選んだことをやり遂げられるように見守るべきなのである。どんな遠大なことでも諦めない限りは失敗には至らないということを教えるべきなのだ。

私の父親はエホバの証人であったがゆえにこれが出来なかった。ものみの塔協会の教義を第一優先にする立場をこの段階では変えることが出来なかった。エホバの証人の親の限界である。何とも悲しいことだ。

エホバの証人の親がエホバの証人2世に与えるトラウマ

エホバの証人2世として育てられた私は、幼児期には自分の本当の願いが叶ったことがない。私の本当の願いとはエホバの証人をやめたいということ。

エホバの証人をやめてこの願いを叶えた後でも、私は自分の夢を親に否定されることになった。この悲しみを20年経った今でも忘れることが出来ない。

親という絶対的存在に頭から否定される。これはトラウマになる。自分は無力で何も出来ないという思いになる。熱心にサッカーをしていたときもそうだった。父親に「プロにでもなるつもりか」と言ってバカにされた。

中学生ながらにプロ選手になるのが困難なことは当然分かっている。それでも努力していたのに、それすら父親に否定されたのである。

エホバの証人は、幼い頃から両親の言うことは絶対である。何故なら両親は神によって与えられた上位の権威だから。逆らえば懲らしめと呼ばれる体罰、虐待による痛みで、両親の権威を体に覚えさせられることになる。

そうやって育てられたエホバの証人二世は無力感とともに成長する。力で叶わない親に暴力を振るわれ、私のように頭ごなしに否定される。力で勝てる年頃になっても、否定され続けて生まれた絶大な無力感が残る。

ここから自由になるのは難しい。自分には何でも出来る能力がある。そう意識を変えていく必要がある。諦めない限りは失敗しないのだし、一旦諦めてしまったことでも、また再開すればいい。前進と後退を繰り返し、少しずつ前に進めばいい。

この世を彷徨う元エホバの証人たちへ

エホバの証人2世の30年目のトラウマからの回復

『解毒』~『羽』の無いエホバの証人2世


“エホバの証人の親が子どもに与えるトラウマ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください