『解毒』~『羽』の無いエホバの証人2世

自殺者の多いエホバの証人2世

元エホバの証人二世の書いた『解毒』。この本の作者はエホバの証人2世で、エホバの証人2世たちのことを”戦友”であると書く。かつての私の戦友たちはどうしているのだろうか?死んでいなければ、私と同じ40歳。

死んでいなければというのは、エホバの証人には自殺者が多いから。特にエホバの証人2世には自殺者が多いとこの本の作者も書いている。

作者によると原因は2つ。毒親による虐待で精神を病むこと。教義を強制されて育ったために自立心が無く、社会でやっていけないため。

エホバの証人に自殺者が多い理由①

傷だらけの元エホバの証人2世

エホバの証人を脱出し、一般社会である程度まともな生活を送っている人の中には、ムチなどの虐待が心の傷になっていないと言う人もいる

一般社会で、ある程度まともな生活を送っている元エホバの証人2世とは確実に私のこと。紆余曲折したが、現在40歳、ホワイトカラー正規雇用で妻と子供2人。年収はもっと欲しいのだが、子どもの頃に夢見た普通の生活を手にしている。

普通というのは、七夕をしたり、クリスマスをしたり、日曜日には集会に行かずに家族で遊びに行ったり、学校の友達とキャンプに行くのを許されたり、というレベル。近代社会の普通。

エホバの証人を脱出し、一般社会である程度まともな生活を送っている人の中には、ムチなどの虐待が心の傷になっていないと言う人もいる

いわゆるまともな生活を送っている私だが、子どもの頃の傷がないかと言えば、そうでもない。傷だらけでやっていけないレベルではないが、多少の傷はある。

車に乗っていて王国会館を見れば悪寒を感じるし、駅前にエホバの証人が立っていれば、逃げるように立ち去る。未だに夢の中では王国会館に行かなければならない少年期に戻っていることもあるし、ものみの塔協会の伝道活動のために見知らぬ家のブザーを鳴らす夢を見る。

こう書くと傷だらけのような気もするが、日常生活に問題はない。親から受けた虐待が私に伝染し、子供や妻に暴力を振るうということもない。誰でも多かれ少なかれ傷の一つや二つある。頭の中が完全にハッピーなのは、本当におめでたいヤバい奴だけ。

いわゆる”まともな生活を送っている人々”は、ことさらに傷ついているアピールしないだけなのだ。元エホバの証人だけが深く傷ついている訳ではない。とはいえ、傷の多い部類に元エホバの証人2世が入るのは間違いない。

おそらく、傷がないと言っている元エホバの証人は強がっているのか、目を背けていて自分では傷を認知していないのか、もしくはエホバの証人としての経歴、洗脳、つまりはキズそのものが浅かったかのいずれか。

両親の愛情が子どもに「羽」を与える

傷がないというエホバの証人には

ほぼ例外なく「セーフティネット」があり、自立のための「羽」も与えられている

と作者は書く。「セーフティネット」というのは未信者である父親だったり、親族であったりする。自立のための「羽」はその「セーフティネット」が与えるもの。

何があっても守って貰える「セーフティネット」があるから、子供はちょっと冒険してみよう、ジャンプしてみよう、挑戦してみようと、自立心=「羽」を養える。

私には「セーフティネット」は無かった。両親ともにエホバの証人だったから。気のいい親族たちは私にとって十分に「セーフティネット」足りうる人々だったが、私はそれにも頼らなかった。両親がエホバの証人活動で迷惑をかけまくった親族を頼るのが嫌だったから。

私は14歳でエホバの証人を辞め、両親と決別する決心をしたのだが、この時点で自立のための「羽」があった。それは、おそらく毒親と言えども、愛情だけは真実だったから。

私がエホバの証人でなくても、両親は私を愛してくれる”はず”という思い込みがあったからである。この思い込みが裏切られようが、裏切られまいが関係ない。私の側からエホバの証人である親との縁を切ると決めたから。こっちから縁を切れば、裏切られようがない。

例え両親の愛情が、一人息子がエホバの証人であるならばという”限定的”愛情であっても、その真実を知る由もない。もはやどうでも良いこと。そう思っていた時点で14歳の私には「羽」があった。

虐待、洗脳、ものみの塔教義の強制というひどい両親だったが、私にそう思い込ませるだけの愛情を注いでいた。そして、子どもは親の愛情に敏感である。子どもの私の勘は外れなかった。

14歳でエホバの証人を辞めた後、最悪、家を出て中卒で働くことも覚悟していた。むしろ、私はそれを望んでいた。それくらいにエホバの証人の教義を押し付ける両親から自由になりたかった。

しかし、両親はそれを許さなかった。二人ともエホバの証人を辞めた訳ではなかったが、私を短大まで卒業させてくれた。このおかけで今の私があり、高等教育を受けさせてくれたことには非常に感謝している。

エホバの証人をやめた中学生の暴走


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください