唯一の真理とは程遠いエホバの証人

エホバの証人2世の同級生

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。禁止事項の多いものみの塔協会の教義を厳格に適用され幼少期から少年期を過ごすことになった。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。そしてエホバの証人2世だったことなど素知らぬ顔で高等課程へ進学したのだった。いわゆる高校デビューである。この学校は自宅から1時間ほど離れていて私のエホバの証人2世だった過去を知っている人はほとんど進学していなかった。

しかしこの学校には他の中学校からエホバの証人2世が進学してきており、偶然にも同じクラスに2人も2世信者がいた。1人は献身までしているという。どうやら私が元エホバの証人2世であるということをあちらも知っていたようだが、特別に私にエホバの証人という関係性で接触してくることはなかった。こちらとしてもそれは大歓迎だったので素知らぬ顔でいることにしたのだった。

エホバの証人のローカルルール

私がびっくりしたのは同じクラスの彼らがエホバの証人であるということを全く公開しなかったことである。5年間の間に自らの信仰をクラスメイトに表明する場面を一度たりとも見たことが無い。その必要が発生しなかったのである。この学校の校風そのものが、よく言えば自由、端的にはふざけた感じで真面目に校歌や国歌を歌うことは少なかった。柔道の授業も選択式で違う種目を選ぶことが出来た。部活動を熱心にやっている生徒は少なかったし試合の応援に皆で駆けつけるなんていうことも無かった。

真面目な学生が少ないので私などはすぐに染まって喫煙や飲酒を早々に始めていた。流石に同じクラスのエホバの証人2世たちはそういった悪事に手を染めずに真面目に学業に専念しているようには見えた。私が感じる限りではエホバの証人の信仰の妨げになるようなものが学校側からの強制では全く発生しない学校だった。それでも私の家庭だったら”クラスメイトと担任の先生に証言して来い”くらいは親から言われていたはずである。

同級生の彼ら2人はチャライ感じでとてもエホバの証人2世であるとは思えない雰囲気だった。そんな中途半端な感じだからエホバの証人を続けてしまっていたのだろう。私の家庭ほど厳格に教義を守り、にじみ出るエホバの証人感を出してしまっているとどうしてもエホバの証人をやめたくなってしまうのである。こういった点でもエホバの証人は地域や家庭によって厳格さというものに差がある。国によって輸血が解禁されていたりするぐらいだから当然のことなのかも知れない。果たしてこんな宗教が唯一つの真理と言えるのだろうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。