ベテルという墓場

エホバの証人2世にとってこの世は地獄

私は物心ついた頃に母親によって王国会館へ連れて行かれ始めた。当初、子供の私は王国会館で行われるエホバの証人の集会を拒否してぐずっていた。しかし父親まで一緒に王国会館へ行くようになり私も集会の間はおとなしくしているしかなくなった。

ちょっとでも静かにしていないとこらしめの行われる部屋へ連れて行かれしこたま痛い目に会うのである。パンツを脱がされ声を上げて泣くまでは必ず叩かれる。その後で集会場に戻り周囲の痛い視線を浴びるのは子供ながらに自尊心が傷つけられた。

エホバの証人2世の子供が何らかの自分の欲求を主張したとしよう。そのときにエホバの証人の両親は子供の欲求がものみの塔協会の教義に沿っていない場合はそれを力ずくで矯正する。強引に強制的にその修正は行われる。それが親の責務だと信じ込んでいるのである。エホバの証人2世の子供には手痛い体罰が待っているので、彼らはすぐに自分の希望を口にすることをやめてしまう。

それでも子供がその要求を曲げなかったとする。その場合は子供が悪魔サタンの誘惑に負けていて、子供の行為は悪魔の行為と同等であるとさらに強烈なこらしめを行うのである。懲罰の度合いはどこまでも増していく。子供が最後まで折れない場合はやがては子供を死に至らしめるだろう。

子供が伸び伸びと成長できる環境などエホバの証人の家庭には存在しない。現実の死を与えるか自由を奪い精神的な死を与えるか。エホバの証人の子供にとってこの世界は地獄である。

エホバの証人のベテル崇拝

私の父親がある時にまだ子供だった私にこう言った。

「お前がベテル長老になってくれたら本当に嬉しい、お母さんは泣いて喜ぶだろう」

私の家庭ではプロ野球選手になりたいなどという私の子供らしい純粋な夢を口に出すことすら出来なかった。大人になったらベテルに入って奉仕したいと言わなければならなかった

ものみの塔協会のベテルという非生産的製造施設は全てのエホバの証人の憧れの場所である。エホバの証人は神エホバのみを崇拝し偶像や建造物に崇敬の念を示すことはないということになっている。しかし実際はこのベテルもエホバの証人たちの崇拝対象になっている。

一生に一度はベテル詣(もうで)という感覚でエホバの証人たちはバスに乗り合わせてベテル見学に訪れる。そして多くの若者が世俗の全てを切り捨ててベテルに入る。彼らは濃厚なマインドコントロール状態にあるのでこれを大きな”特権”、喜びだと感じて何一つ迷いや疑問を感じない。エホバの証人2世にとってベテルはこの世の墓場となるのである。

人生の全てを投げ打ってカルト宗教の総本山で働くなど愚の骨頂だが、両親は私のベテル入りを心から望んでいた。海老名ベテルで何の価値も生み出さないものみの塔協会の出版物を印刷することを私は心の底から両親に望まれていた。これがものみの塔協会による洗脳の効果である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。