検索窓に打ち込まれたエホバというキーワード

なかなか来ない終わりの日

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。両親はものみの塔協会に忠実で非常に熱心なエホバの証人だった。私は14歳のときに短い人生の意義はものみの塔協会や神エホバの指図に従うことではないと悟りエホバの証人をやめた。これ以降エホバの証人2世だったことは私の人生の恥部となった。

小学校の季節毎の行事を禁止されその都度教室の端で見学していたこと、大きな手術を受けることになった5歳のときに輸血が必要になったのだがエホバの証人として両親と共に断固輸血拒否をして不毛にも五分五分の手術に挑んだこと、そのときに涙ながらに神エホバに救いを祈り求めたこと、そういった全てが私にとって隠すべき恥ずべきことだった。

エホバの証人をやめた当初はまだ洗脳下にあり天に神エホバは存在するし、神による世界の終末も間近だと思っていた。じきに私は滅ぼされるのだと信じきっていた。死ぬまでの短い生命をいかに生きるかということを考えていた。この20代前半の頃にインターネットで残りの者の数を調べたようとしたことがあった。なかなか終わりが来ないからだ。避けていたエホバの証人というキーワードを検索窓に打ち込んだのである。そしてものみの塔協会の抱える様々な矛盾がネット上で暴露されていることに私は気付く。21世紀になったばかりの頃だ。

実現していたまさか

この瞬間に絡まっていた全ての糸が解けるように私のマインドコントロールは解けた。もやもやと抱えていたものみの塔協会に対する疑念のようなもの確信に変わる。そして一家三人で今までいかに愚かなことをしてきたのかということに気付く。

そこら中に無数に転がっているカルト新興宗教にまさか自分たちがはまっていたとは!自分たちは真理を知る者だから蛇に気を付けろと証言して回っていたのである。世の中には人を騙そうとして虎視眈々と弱者を探している蛇のような人々がいるのだ。しかしまさかその悪党の手先に自分たちがなっていたとは!あんなにもものみの塔協会の出版物を研究し講演を行い他人に伝道していた賢い自分たちがまさか完全に洗脳されていたとは!

洗脳が解けた私に圧倒的な空虚感が押し寄せた。絶望的に取り返しのつかない時間を浪費してしまったことに気付く。自分たち家族の愚かさに唖然とし14年間もエホバの証人2世だったという私の過去は封印し誰にも知られたくないことになった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。