ものみの塔協会の禁止していること

エホバの証人をやめたいという希望

真面目にエホバの証人の教義を批評してみると、私のものみの塔協会の教理に関する知識不足は否めない。そもそも十二使徒は忠実で思慮深い奴隷級ということにされているのだろうか?当然イスカリオテのユダは除外されるよね?

私は物心ついて以来14歳になるまでエホバの証人2世として育てられた。途方も無く長い時間を集会や大会や家庭聖書研究や野外での伝道奉仕活動に費やしてきた。しかしそれらの活動に全く真面目に取り組んでいなかった。仕方なくやらされてやっていただけである。

幼い頃はどうして他の子たちのように地域のお祭りに参加したり、幼稚園や保育園に通ったりしていないのだろうと疑問に感じていた。毎週日曜日には家族で何処かへ遊びに出かけるのではなく早起きして王国会館の集会に出かけなければならないのは何故だろう、そう不思議に思っていた。

小学生の高学年になると、いつかエホバの証人をやめたいという漠然とした希望が芽生え始めた。中学生にもなればいつか絶対にものみの塔協会や熱心なエホバの証人だった両親から自由になると決めた。その決意を両親に言い出すのをいつにするかと四六時中そのことを考えていた。

エホバの証人に禁止されていること

エホバの証人独特の”この世”の行事を初めとする禁止事項については何故か今でもしっかりと頭に叩き込まれているのにそれ以外の教義の細かい点は忘れてしまっている。真剣にものみの塔協会の出版物の研究に取り組まなかったからだ。アブラハムの息子がヤコブだったかヨセフだったかそんなことも忘れてしまった。実際はイサクですよね?

ユダヤ人の歴史や数々の預言者、キリスト以降の歴史など聖書に関する知識を持っていると、歴史や地理の本を読んだり旅行したりというときに役立つだろう。美術館で宗教画ひとつ見るのにも面白いだろう。しかし私は一般的なキリスト教のことはほとんど覚えていないのである。

校歌や国家の斉唱が禁止、選挙もNG、輸血禁止、七夕クリスマス節分、バレンタイン、誕生日会が禁止、そういったことを1番やりたい年代に出来なかったということだけが記憶に刻み込まれている。しかし聖書に関する正当な知識は素人に毛が生えた程度も無いのである。

今の私は30代後半になり、エホバの証人組織をやめてから時が経ち過ぎているということも影響しているのかも知れない。ものみの塔協会にまつわる深い傷だけが残り、聖書のことはいろいろと忘れてしまっているのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。