エホバの証人の親がすべきこと

子を捨てても自分の命を優先するエホバの証人

エホバの証人の世界では例え組織から排斥された人でも未成年だったり自立能力がないと判断されたりする場合は、保護者が最低限の保障をしなければならないことになっている。流石のエホバの証人とはいえこの程度の良識はあるのである。最低限の義務教育を受けさせること、衣食住と生命を保つための保護は子供が排斥された後であっても、エホバの証人信者である親は行わなければならない。しかしそれ以上の深い関わりを持つことは禁じられている。家族間の暖かなコミュニケーションは排斥者がいる家庭には存在しないのである。

しかし私の両親は一人息子であった私に対して、私が排斥されていたとしても1人の親として独立するまで見届けてくれたような気がする。私が組織をやめた後で順に両親が組織を去ったことから考えても、宗教と家族のどちらを上位に置くべきなのか、最後の最後でその正常な判断が出来る人々だったのである。エホバの証人の幻想である永遠の命と我が子との絆、それを天秤にかけてみれば良い子を捨ててまでも、自分の永遠の命を求めるというエゴイストは考えを改めるべきである。





聖者と自分を等しいと誤解しているエホバの証人

神への愛と家族を秤にかければどうなるかと、エホバへの畏れとも言える愛を優先させるべきではないかとエホバの証人ならば言い出すかも知れない。息子のイサクを犠牲に捧げよと神に要求されたアブラハムの話が聖書に出てくる。その例えに従い何が何でも神への信仰心を優先させるべきだとエホバの証人ならば言うだろう。この頭の固い考え方がエホバの証人的思考である。

これはものの例えなのである。あなたはアブラハムやイサク、ヤコブのようにキリストの祖先となり歴史に名を残す選ばれた血統ではない。自分の小さな家族を守ることを優先させるべき一小市民なのだ。

まず家庭に愛が満ちていなければ神への純粋な愛など抱けるはずがないだろう。家族に愛情を示せない人が見えない神に敬虔な愛情を示せるはずがない。アブラハムとイサクの間には正常で親密な親子の愛情関係と信頼関係があり共通の意識として神への深い愛があった。エホバの証人の1世信者から2世信者へ押し付けた神への妄信ではないのである。

結局、神はアブラハムとイサクを試しただけで、実際に命まで取りはしなかった。自我と親への愛情との境界で揺れ動いているエホバの証人2を、排斥を理由にして断絶することは親子関係を決定的に切り裂くことになる。命を取るも同じことだ。

エホバの証人をやめたいと考えている2世の子供たちは揺れ動きながらもまだ親に対して愛を示し続けるべきかどうか悩み続けている。そんな不憫な自分の子供としっかりと向き合い話し合うこと、それがエホバの証人の親のするべきことである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。