エホバの証人の子どもの日常は生き地獄

エホバの証人の親の間違った教育

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。エホバの証人の子供は常に”模範的”であれと言われる。

誰に対して模範・手本となる行いをしなければならないのかと言うと、エホバの証人が”世の人”と蔑む一般人。子供を礼儀正しくさせる模範とすることで、エホバの証人の勧誘活動に役立てるため。

我が家もこのパターンでエホバの証人というカルトの罠にはまった。私は活発で落ちつきのない子供だった。私の母は「エホバの証人の勉強をしたら子供は皆お利口になりますよ」というエホバの証人の口車に乗ってしまう。

そもそもお利口とは何だろうか?大人しく長時間座っていられる子供だけが素晴らしいのか?子どもは腕白なくらいが良いという発想が私の両親に無かったのだろうか。今さら何を言っても遅いのだが。一番悔やんでいるのは本人たちなのだから。

またエホバの証人の子供は、世間の冷視線を和らげる役目をも担っている。輸血拒否で死をも厭わないカルト集団であるエホバの証人だが、子供だけはお利口だと、一般の人々は見る。むしろカルトを強制されて可哀そうにという視線を私は多く感じた。

エホバの証人の親がすべきこと

私の家は両親ともに熱心なエホバの証人で、父親は会衆の長老、母親は正規開拓奉仕者だったので、特に子供の私は模範的であれと厳しく躾けられた。カルト信者の他の子供に対しても手本となれということ。

こうなると親のエホバの証人信者同士の見栄のはり合いになる。自分の家の子供の方がお利口だとか。我が子は手を挙げて注解した、演壇に立って講演をした、バプテスマを受けた、ベテルに入ったという隠れ自慢大会。

子どもは親の作品ではない。一個の独立した人格。長所を発見して、延ばす教育をするべき。エホバの証人という邪悪な枠にハメるなど言語道断。そもそも初めからこんな理屈が通る人々はカルト被害者にはならないので、エホバの証人の毒親には別のアプローチが必要。

もっと即物的な話しか通じない。例えば永遠の楽園って暇そうじゃないですか?楽園での永遠の命というのがウソで、人生一度きりなら取り返しがつきませんよなど。

エホバの証人の子供にとって日常生活すべてが苦痛

子どもの私は、エホバの証人として模範的であるために、週に三度の集会では大人しくしょーもない講演を聞いて座っていなければならなかった。

集会の前後の王国会館で子供だけで遊ぶような”交わり”の時間でも、他のエホバの証人の子供の模範となるようにと言われた。

野外を家から家へと連れまわされるエホバの証人の布教活動や、他人の家へ上がりこんで行われる聖書研究のときも、常に大人しく模範的な子供でいなければならなかった。

子供の頃の私は、一瞬たりとも気を休められず、息を抜けなかった。四六時中エホバの証人2世として模範的でなければならなかった。

何といっても子供。はしゃぎたい時に大はしゃぎさせるべき。葬式だとか何だとかという絶対に騒いではダメなときも存在する。そのときは説明するか一緒に退席すれば良い。 それくらいは子供でも何となく判断できる。

しかし、毎日が子供らしく振舞えないとなると、活発な子供だった私にとってはもはや日常生活すべてが強烈なストレスだった。

 


“エホバの証人の子どもの日常は生き地獄” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください