エホバの証人の子供を使った父親の洗脳

エホバの証人2世というロボット

私の家ではまずは母親がエホバの証人に興味を示し私を連れて王国会館に通い始めた。その後で未だ信者でなかった父親の懐柔が始まった。まずは同年代の似たような神権家族をその家庭に送り込んでくる。神権家族とは両親がともにエホバの証人で子供たちもエホバの証人2世として育てられている家庭のことである。

父親どうしが”聖書研究”をしている間に子供どうしで遊ばせる。その子供もちょっと大きくなると、同じく聖書研究と称して黄色い絵本のようなものみの塔協会の出版物を読ませるのである。私も同年代のエホバの証人2世に初めて会ったときに衝撃を受けたことを覚えている。近所の子供たちとは全然違うのである。大人びていて言葉使いが尋常でなく綺麗なのだ。

「僕と一緒に遊びましょうか」というような話し方なのである。まさにエホバの証人2世ロボットだった。





ものみの塔協会による父親の攻略

エホバの証人の家庭で行われる聖書研究だが、これは決して聖書を研究する訳ではない。ものみの塔協会の発行している出版物を読んで質疑応答を繰り返すのである。このものみの塔協会の出版物研究が終わると、お茶を飲んでお菓子が出てという状態になる。

一見、礼儀正しく見えるエホバの証人2世の子供は、最初から最後まで行儀正しく大人の話を聞いている。そんな2世ロボットに比べて、自分の家の子供は落ち着きも無く行儀も悪い。そういった劣等感を未信者の父親が感じ始めたときには既にアウトである。いつの間にか最後の砦だった父親までもがエホバの証人の組織に取り込まれているのである。私の家でもこの過程で父親までもがものみの塔協会の洗脳下に置かれてしまった。

 

悲しいエホバの証人2世の子供

子供はそれぞれ違って良いのである。落ち着きがなくて良いのだ。子供は元気いっぱいなものである。意味も解らない大人の話を黙って聞いていられるはずがないし、その必要もない。それぞれに個性を持った子供を比べてはいけないのである。

一見、エホバの証人2世の子供は従順で大人しくしっかりしているように見える。しかし実際はエホバの証人の教義に基づいて必要以上に厳しく育てられているだけなのである。こらしめという体罰による恐怖政治で押さえ込まれている悲しい家族の産物なのである


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。