ロボットのように育てられるエホバの証人2世

ものみの塔協会の子供を利用した信者の獲得方法

エホバの証人の2世たちは小さな子供の頃から王国会館に連れて来られている。彼らはおとなしく座って壇上からされるありがたいお話を聞いている。この2世の子供たちのお利口さは信者でない人々が見ると驚きを感じざるを得ない。普通ならば数分たりともおとなしく座っていられない年頃の子供だからだ。

エホバの証人は、小さな子供を持つ親にとって礼儀正しくお利口な子供に育てることが出来る宗教に見えるのである。ものみの塔協会は子供の2世信者を撒き餌として子育てに悩みや不安を持つ親を新たな信者として獲得していくのである。

未信者の家で行われる聖書研究という場へ2世の子供も連れて行かれる。この1時間ほどの勉強の間、子供たちは正座しておとなしく大人の会話を聞いている。こんなにお利口に子供が育つなんてと信者でない親たちはエホバの証人という宗教に魅力を感じるのである。

エホバの証人2世の本質はこらしめという恐怖政治の結果

しかし、実際はこらしめという恐怖政治によってエホバの証人の子供たちは何処でも静かに座っているのである。少しでも騒ごうものなら、別室での体罰が待っているのだ。

その体罰は信者間では愛のムチと言われ推奨されている。叩く親の手も痛いのだ、それは愛の象徴であるという無茶苦茶な論法が用いられ、子供たちは手の跡が残るほどにお尻を思いっきり叩かれる。

結局、エホバの証人の2世の子供たちはこらしめが怖くておとなしくお利口にしているだけなのである。エホバの証人の親たちは、子供をただの2世ロボットに仕上げているのに過ぎない

田舎出身の私の母親は都会での多忙な子育ての隙を突かれ、この宗教にどっぶりとはまることになった。そして私を媒介として父親もエホバの証人という病に伝染してしまうことになる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。