エホバの証人のやめかた(ものみの塔協会組織から離れる方法)

エホバの証人の幼い子供へのマインドコントロール

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。中学生にもなると私はエホバの証人2世であることが嫌で嫌で仕方が無かった。でも両親は15年近くも熱心なエホバの証人で、両親の期待や両親そのものを裏切ることになるので私はエホバの証人を辞めると言い出すことはなかなか出来なかった。そもそも私自身が深いものみの塔協会の洗脳状態にあった。物心つく前からエホバの証人として育てられたのが原因である。

天にエホバというおっかない短気な神様がいて、私が罪を犯して悔い改めないと間もなく来るハルマゲドンというこの世の終わりで焼き尽くされてしまう、そんな恐怖心に駆られていた。エホバの証人を辞めてしまうとあっけなく私の人生は幕を閉じてしまう。そう信じていた。

馬鹿馬鹿しい話だと思うだろうがこれが真実である。幼い頃からそう教え込まれていたので信じ切っていた。小さな子供に体罰付きの恐怖政治を敷いた結果である。子供の教育というのがいかに大事か分かって頂けるだろうか。

つまらないエホバの証人の集会に週に3回も出席し、毎週末には恥を忍んで見知らぬ人の家の呼び鈴を鳴らし伝道奉仕活動をしなければならない。伝道中にクラスの同級生に会おうものなら恥ずかしさの極致の地獄である。それを耐えることが出来たのは、私が深い洗脳状態にあったからだ。ものみの塔協会の言うことは真実で、今を耐えればハルマゲドン後の将来は楽園に入って永遠の命を享受できる。そう信じていた。

エホバの証人を辞めるための思考方法

エホバの証人をやっと辞めることが出来たのは私が中学2年生の秋のことだった。とはいえ洗脳が解けた訳ではない。ものみの塔協会によって禁止されているマスターベーションをどうしても私はやめることが出来なかった。親に隠れて女の子とつきあうまがいのこともしていたし、ハルマゲドンで死ぬのはほぼ確定だろうと思っていた。この頃、私はサッカーに熱中していた。四六時中ボールを蹴っていたかったのである。王国会館に行ったり伝道活動をしたりしている時間があればサッカーをしたかった。

ハルマゲドンで死ぬ短い命なら、今やりたいことに集中したい。私はそう考えた。この今を生きたいという強い思いがエホバの証人を辞めるという私の決断につながった。例え永遠に生きても面白くもないエホバの証人のコミュニティで真面目ぶった顔をして生きていく日常に全く価値はない。やりたくもない畑仕事やエホバの証人の勉強をして生きていく?そんなのに意味はないと私は思った。それよりも今に集中し、大好きなサッカーをして女の子とデートしてあんなことやこんなことを・・・という人間らしい生き方をしたかった。

エホバの証人組織から離れられず行き詰っている人へ。今は二度と来ないし、明日には交通事故で死ぬかも知れない。死ねば終わり。人間が復活するなんてことは無いし、百歩譲って永遠のパラダイスに無事に入ってもそれに何の価値がある?何の快楽も楽しみもない禁止事項だらけの楽園は今と同じ地獄だよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。