エホバの証人をやめるときの3つの注意点(正しい脱会方法のまとめ)

エホバの証人を脱退するときの3つの注意点

  1. バプテスマを受けない
  2. 排斥されない
  3. 誰も傷つけない

エホバの証人をやめるときに気を付けることを3にまとめました。洗脳が解けてエホバの証人をやめる決意をした後の話です。その前の段階の人は、まず自分の頭で考えてエホバの証人組織と自分の生き方に疑問を感じましょう。そしてエホバの証人組織の外で生きていく決意をまず固めましょう。

排斥にならないためにバプテスマを受けない

1.バプテスマを受けない

エホバの証人を穏便にやめるためにはバプテスマを受けないことが大事です。

既にバプテスマを受けてしまった場合はどうすれば良いの?と聞かれそうですが、バプテスマとはものみの塔という偶像に命をかけると献身する行為です。もう後には戻れないので諦めましょうという訳にはいかないので他の2つの注意点に気を付けて下さい。

バプテスマを受けると排斥されるリスクが高まります。排斥された元信者はエホバの証人信者から村八分の扱いを受けます家族内でも排斥者に対しては最低限の接触にとどめなければならないというものみの塔協会の戒律があります。エホバの証人をやめたからと言ってものみの塔協会の洗脳下にある哀れな肉親と話せなくなったりするのは嫌ですよね。

バプテスマを受けていない未信者の旦那さんなどはタバコを吸っていてもお咎めなしなのに、一旦バプテスマを受けてしまうと喫煙しているところを目撃されたり、長老に対して背教じみた質問をしたりして会衆内で目をつけられると排斥になる恐れがあります

エホバの証人2世の子供だと、”同じ会衆内のあの子はあなたと同じ年なのにもうバプテスマを受けて兄弟と呼ばれている”と親が羨望のまなざしを向けることがありがちです。子供としては自尊心を損なわれることになり、けなげにも何とかして自分もバプテスマを受けようなどと思います。これが危険です。

バプテスマを受けないままなら、年頃になって異性とデートしたりしても多少は多めに見て貰える風潮がありますが、なぜか一旦バプテスマを受けてしまうと異性とラブホテルに入ったりするのを目撃され密告されると排斥になってしまいます。

エホバの証人の排斥者に対する愛の欠けた行為

エホバの証人をやめるときの注意点2つ目です。

2.排斥されない

エホバの証人を無事にやめるには、排斥というものみの塔組織からの除籍処分にならないことが大事です。徹底的に組織からのフェードアウト、会衆からの自然消滅を目指しましょう。

エホバの証人組織側から切られるのは願ったり叶ったりのような気もします。しかし排斥には大きなリスクがあります。前項でも触れましたが、排斥されると組織内の人から縁を切られることになります。それは家族でも同様です。エホバの証人はやめたいけれど、家族との関係がこじれにこじれるというのは避けたいですよね。

私も排斥者を見たことがあります。彼らは反省して王国会館に戻っても誰にも相手にして貰えません。せっかく組織側から縁を切ってくれたのに何故そんな思いをしてまで王国会館に戻ってくるのかは私には謎でした。心や身体に問題を抱えているのでものみの塔という偶像にすがるしかないのでしょう。

排斥者は集会が始まった直後にこっそり入ってきて隅の席に座ります。そして終わる直前に誰とも話さずに帰っていきます。それを1年だか2年続けてようやく会衆の長老という一人間の判断で罪を赦されることになります。

経済的な援助を受けていない場合は会衆内の人脈が切れても痛くも痒くありません。経済的援助と言ってもエホバの証人は寄付金と自分の時間をむしり取られるだけで、組織から物質的な何かを得られる訳ではありません信者間で個人的に粗末な料理や素材をやり取りしているだけです。”特権”の少ない末端の信者であればエホバの証人をやめたからと言って物質的な面で困窮することはほとんどありません。行政に頼った方が百倍ましです。

エホバの証人組織内の友人関係が失われることが怖い人こそ、排斥されないように気を付けなければなりません。排斥にならずにエホバの証人組織と距離をとることで会衆内の友人関係は維持されます。その間に組織外で活動しエホバの証人以外の人間関係を築きましょう。

穏便にエホバの証人組織からフェードアウトする方法

排斥されてさらに大きな問題になるのは肉親にエホバの証人信者がいる場合です。この場合、排斥者は家庭内でも村八分状態になってしまいます。家庭内でも排斥者に対しては必要最低限以上の接触をしてはいけないというものみの塔協会の教義があります。そもそも家族の絆や若い人への教育がどうのこうのと言って勧誘しているエホバの証人なのですが、洗脳状態が末期の信者になると家庭の中にまでものみの塔至上主義を持ち込んで家庭を崩壊させてしまう宗教なのです。

エホバの証人をやめるときには徹底的に組織からの自然消滅を目指しましょう。奉仕活動や集会への参加に不活発になり、会衆の長老の牧羊訪問という詰問や信者の交わりという偵察を受けても、体調が悪い、仕事が忙しいなどの言い訳をしてひたすら穏便にフェードアウトするしかありません。いきおいあまって組織に対する疑問をぶつけたり、喫煙や異性と付き合ったりしているところを目撃されると排斥になり家族内のエホバの証人信者との関係維持が困難になります。

エホバの証人をやめた後のことも考える

エホバの証人をやめるときの注意点、最後の3つ目です。

3.誰も傷つけない

エホバの証人をやめるときに気を付ける3点目は自分を含め誰も傷つけないということです。

やっとエホバの証人組織をやめた後では楽しい日常が待っていると思われるでしょうが、そんなこともありません。エホバの証人の外の世界はエホバの証人組織のようなぬるま湯ではないからです。それだけに生きていく実感があり価値があるのですが、組織外で生きていくのにはそれなりに体力・気力が必要になります。組織をやめるのに大きく自分自身が傷を負ってしまうと実生活が困難になります。

過去の自分の罪に対して気負い過ぎないことも大事です。あなたにはものみの塔の勧誘活動をして、多くの人をエホバの証人という間違った道に引き込んでしまった過去があります。明らかな罪であり、害悪です。しかし責任は感じるべきですが、自分自身を責め続けても仕方がありません。どうせ自分だって同じ被害者です。今、そして未来に自分が何を出来るのか?何をすべきか考えることが大事です。

まずは自分を責めないことです。あなた自身だってエホバの証人組織のせいで大きく時間やチャンスを損なわれたはずです。自分だって被害者だと、やっとマインドコントロールが解けたのだと開き直りましょう。その上で周囲や組織の内部の人々を傷つけないことです。

組織内の人々が妄信しているものみの塔という偶像を攻撃しすぎてはいけません。エホバの証人をやめる、やめられるという思いがあなたを組織に対する攻撃的な気持ちにはやし立てるかも知れません。一旦はそれを置いておいて無難に穏便に組織から離れることを目指しましょう。

この世には生きていく充分な価値がある

自分が何よりも大事にしているものをあなたの肉親にけなされたらどう感じるでしょうか?あなたは深く傷つくに違いありません。他人やあなたの身近な人々を傷つけることであなた自身も不要に傷を負います。これまでエホバの証人として無駄に傷つく日々を送ってきたのです。エホバの証人に関係する傷はもうたくさんです。

そうでなくても”この世”に飛び出したあなたは誰からともなく新たな攻撃や刺激を受け傷つくことがあるでしょう。しかしそれこそがこの世の中の真実、本当の価値です。王国会館という幻想の空間にはない生々しさと卑猥さ、汚らわしさ、それに傷つき絶望することもあるでしょう。

それでもエホバの証人組織の外で生きていく価値があると言えるのは、我々人間が今、生きているからです。全ての生きているものは本能的に生き続けようとします。その中で一かけらの輝きや幸せを一瞬感じることが出来れば、この世にはそれだけで充分な価値があります。あなた自身が心の底から喜びと感じられるものを、偽善や欺瞞でないものを、どうか王国会館の外で見つけられますように

エホバの証人をやめるときに気を付ける注意点3つのまとめ

  1. バプテスマを受けない
  2. 排斥されない
  3. 誰も傷つけない
    この3つの注意に気を付けて、無事にエホバの証人をやめて充実したリアルライフを送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。