コロナウイルスで露呈したエホバの証人のグダグダ感、非真理組織である証拠

エホバの証人が命を軽視する理由

新型ウイルスの発症源になるから自粛せいと当局の要請があるのにも関わらず、無視して礼拝を決行。そしてまたもや感染源となった韓国の新興宗教団体。外部の意見を聞かず目的のためなら手段を選ばない独善さ。完全にカルト。

エホバの証人も同様で集会や大会を中止したりということは決してないだろう。ハルマゲドンが来て一旦世界がリセットされるからと自分自身や家族、周囲の人間全ての命を軽視している。

これっきり一回だけの人生なのに。考えるのを止めて、何よりも大事な今を生きることから逃げた思考放棄の集団。

エホバの証人の暗黒の日曜日、王国会館での危険な洗脳集会

エホバの証人は、自分の命を大事にしよう

エホバの証人は、新型コロナウイルスも「終わりの日のしるし」だとのたまっているに違いない。王国会館で大きな声で賛美の歌を歌って、壇上から唾を飛ばして講演を行い、ウイルスの集団感染地になる可能性がある。それでも彼らは懲りないのだろう。

高齢信者はそんな形で死んでしまうことだってあり得る。ウイルスで死んだけど、信仰を守ったから復活・・・なんて絶対しないから。

人間が復活するなんて通常の精神状態で考えたら有り得ない物理的に火葬された人間が元に戻る訳ないし、自分の妄信のためにわざわざウイルスをばらまいた疫病神みたいなやつが神の祝福を受ける訳ないよね。

エホバの証人の集会とは?日程・曜日・服装などまとめ

JW、王国会館での集会再開のお知らせ、集会に行くのはなんのため?

以下、2022年4月追記。

と思いきや、あっさりとエホバの証人の集会はZoomのリモート集会に生まれ変わった。禁令下でも集まり合うことに意味があるとコソコソ集会を開いていたエホバの証人なのに、コロナウイルスには勝てなかった。

全知全能・万能の神に祝福されたエホバの証人の集会でウイルス感染するわけないんじゃないですか?

そうでも無かったので、恐れて集合型の集会をやめた。

つまりは、神エホバなんて存在しないということ。

もしくは、政府の指示に従って集合型集会をやめた。普段は兵役だろうが選挙なんだろうが、政府に逆らうのに、今回は政府の言うことをきく。

意味不明の一貫性の無さ。場当たり的なエホバの証人組織が真理の神に導かれているということはない。

2022年4月、今度は一転、エホバの証人の王国会館での集会を再開。完全にウイルスに翻弄されている。どこに神の是認があるんだか。

このようにエホバの証人は、集会を王国会館で開いても、ネットでやっても批判される。当たり前じゃん。この世から消え失せるべきカルトなんだから。エホバの証人の存在自体が全否定されるべきなのだ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください