神を待つ必要はない。ものみの塔に終焉を

世界が変わっても変わらないエホバの証人の心

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)より。『ものみの塔の終焉』を読み始める。前書きが以下のように締めくくられている。

預言の解釈と教理が崩壊してしまうことは、極めて大きな意味を持つ。その宗教にとっては、『終焉』を意味するからである。ものみの塔協会の幹部が悔い改めることはもはやあり得ない。ものみの塔の『終焉』は時間の問題であろう。

この本は1988年4月に発行された書籍であり、2022年現在も『ものみの塔の終焉』は訪れていない。

1988年、私がガチガチのエホバの証人の子供であることを強制されていた時期。組織内の情報統制下にあったので、この本の発行など知る由もなく。

現在、信者の高齢化に伴い、ものみの塔組織の影響力も低下、終焉は近いという意見も聞くが、それでも日本の伝道者数は20万人。20万人とその周りの家族が不幸のどん底に突き落とされている。

20万人の現役エホバの証人被害者に対しては、私の頃よりも情報は伝わりやすい。インターネットの普及でこの20~30年は世界が変わった。だが、変わらないのはエホバの証人の心。自ら背教情報と遮断すれば、真実が伝わりようもない。

統治体絶対視、組織盲従というエホバの証人の罪

墓がない日本のエホバの証人は復活しない

神を待たずにものみの塔に終焉をもたらす

“神を待つ必要はない。ものみの塔に終焉を” の続きを読む


エホバの証人の復活者の禁欲楽園ライフ

復活と裁きのエホバの証人の教理の矛盾

ネットでダウンロードできるJW解約資料を読んでいる。JW解約-エホバの証人の真理を検証する。第4弾の「神の経路と奴隷級」より。

この資料を読んで知ったのが、エホバの証人の最終の裁きについての教理の矛盾。エホバの証人に遭わないまま死んだ場合、真理を知らなかったということで不義の復活というオプションサービスがある。これは昨日の記事で触れた。

ところが、エホバの証人に遭わないまま、ハルマゲドンという裁きの日を迎えると滅ぼされてしまう。ものみの塔の教義ではそういう設定。どうせハルマゲドンは来ないので、何の問題もない。とはいえ、教義に矛盾があるので一応突っ込んでおく。

運悪く(本来は最高に幸運なのだが)、エホバの証人に遭わずにハルマゲドンが来ると、愛溢れる神エホバにより滅ぼされるという設定。

逆に、運悪くも(本来は最高に幸運なのだが)エホバの証人に遭わずに死んだ場合は、ハルマゲドン後に復活するという設定。これが不義の復活。

不運にも(本来は至上の幸運)、エホバの証人に遭わなかった両者の違いはいったい何か。公平であるエホバ様のお裁きとはとても思えない。強烈な矛盾。

私がエホバの証人であることを強制されていた子供の頃の記憶。ハルマゲドンまでにエホバの証人に遭遇しなかった人は、生き残れると思っていたのだが、どうやらそれは間違っていたらしい。

間違っているも何もハルマゲドンは来ないし、ものみの塔協会が勝手に決めた設定なのでどうでも良い。しかしながら、これでは明らかな矛盾があるので、ものみの塔協会はこの教義は直した方がいい。

よーく考えたら矛盾しているので、エホバの証人にさえ遭わなければ皆生き残れることになりましたと。いったい人の命を何だと思っているんだか・・・

エホバの証人の楽園禁欲ライフ

“エホバの証人の復活者の禁欲楽園ライフ” の続きを読む


エホバの証人の楽園はカオス

エホバの証人に遭わないという幸運

インターネットで読めるJW解約資料。JW解約-エホバの証人の真理を検証する。第4弾の「神の経路と奴隷級」から。

矛盾する教義の項目より。ものみの塔協会の教義には「不義の復活」という概念がある。エホバの証人のことを知らないまま死ねば、この不義の復活にあてはまる。すると、きたる地上の楽園でよみがえることができる。

この項の本筋はこの不義の復活ではないのだが、念のため不義の復活に突っ込んでおく。エホバの証人に会わないまま死ねば、不義の復活が出来る。つまりはエホバの証人に遭遇しない方がラッキーということになる。

であれば、何のためにエホバの証人たちは世界中に伝道しているのか?不義の復活を断ち切るために災厄をばら撒いているに等しい。本当は、別な意味でエホバの証人は災いをまき散らしているのだけれど。家族を崩壊させ、信者の心身を損なわせ、経済的困窮に追い込むという災厄。

エホバの証人の不義の復活の教理の矛盾

“エホバの証人の楽園はカオス” の続きを読む


エホバの証人は1%でも迷いがあれば引き返すべき

決して復活しないエホバの証人

エホバの証人がこのままゼロ人になり・ものみの塔協会が崩壊に向けて収束するには、

  1. 高齢化した信者が寿命を迎える
  2. 新規信者が増えない
  3. 外圧で信者を減らす

1.2.の観測が順調に進む必要があることと、3.はこのブログやもっとしっかり活動されている方々がいる。

1の信者の寿命を望むのは、人としてやってはいけないことなので、成り行きに任せるしかない。とはいえ、私としてはエホバの証人たちが死ぬ前に、死ぬ間際でも良いから、せめて立ち直って欲しいと心から望む。

エホバの証人たちは復活を信じて寿命を迎えるのだろうが、復活はない。死後のこと、未来のことは誰にも分らないので証明しようがないのだが、1000%エホバの証人が復活することはあり得ない。

ものみの塔協会は復活という撒き餌をダシにしてエホバの証人を搾取しているだけだから。このエサ「復活」が100%実現するのを証明するのが困難なように、ウソであることを証明するのも不可能。

であれば、復活を信じて生涯をものみの塔協会に殉じますというのがエホバの証人の姿勢なのだが、それで良いのだろうか?

ものみの塔協会は数多の預言をハズし、児童性虐待の温床となり、起源は米国人のプロテスタント牧師かつオカルト信奉者のフリーメーソン。信者は組織崇拝と排他的な組織制度から心身を病む人が続出。

このものみの塔協会の復活の約束がウソであることは火を見るよりも明らか。客観的に見れば一目瞭然。その客観視ができないのが洗脳直下のエホバの証人。

カルト被害者の死~エホバの証人信者の葬式と墓や遺骨について

墓がない日本のエホバの証人は復活しない

ものみの塔協会に人生全てをかけるのは危険

“エホバの証人は1%でも迷いがあれば引き返すべき” の続きを読む


病人だらけのエホバの証人が全額ベットするものみの塔協会はハズレ

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人2世が書いた本。既に絶版になっているので、購入するなら中古で。

 

作者はエホバの証人には病人が多いと書いている。うつ病、慢性疲労症候群、膠原病、ハウスアレルギー・・・などなど

みんな、病人だったから弱くて信者になったのではなく、信者になってから発病している人たちであった

救いにならないものみの塔協会の教義

私の経験では、元々四肢に障害があったり、子供が生まれつきのアトピーだったりという人が、エホバの証人の教義にすがり入信しているケースが多かった。

エホバの証人の教義ではハルマゲドンを生還すれば、完全な肉体に生まれ変わるという設定になっている。パラダイス化された地球で完全な体で永遠に生きられるということになっている。とんだおとぎ話。失笑もの。

だが、精神・肉体に多くの問題を抱えた人々がこの教義に逃げ込み、エホバの証人になった。この教義に救われたと本人たちは思っている。救われたのだから放っておいて欲しいと。

だが、私はそれを放っておけない。なぜなら、エホバの証人の教義は救いなどにはならないから。偽りの希望にすがるのは救いではない。ただの現実逃避。

障害があって産まれてきたのなら、それを認めるしかない。その上で勝負すべき。安直な生まれ変わりという希望にすがって、この現生での勝負を放棄してはいけない。逃げれば終わり。敗北あるのみ。

なぜなら、ものみの塔協会の言っていることは全部ウソなので、ハルマゲドンなど来ないから。もちろん、永遠のパラダイスなんて来やしない。永遠にパラダイスなのはエホバの証人の脳内のお花畑だけ。

ものみの塔協会一択で全額ベットするのが危険な理由

ハルマゲドンが来ない。エホバが存在しないなんてことは証明しようがないのだが、ものみの塔協会が偽善の組織であることは間違いない。ものみの塔協会の独善的な態度がそれを示している。

エホバの証人が気付かないエホバがカルトである証拠

百歩、千歩くらい譲って、神エホバの不在などは証明はできない。ハルマゲドンが来ないことの証明はできないとする。

それでも、エホバの証人一択で良いのか?ただ一度の人生、本当に、本当にエホバの証人一択で間違いないのか?その根拠は?

人生は一度きり、取り返しのつかない賭けをものみの塔に全額ベットで良いのか?

復活とか完全な肉体への生まれ変わりとか全部ウソだったとしたら・・・(嘘なんだけど)。どんなに生まれや境遇が不遇であったとしても、今の人生でやるべきことをやり、成すべきことを成すべきではないか。


墓がない日本のエホバの証人は復活しない

復活の教義のせいで一生を棒に振るエホバの証人

エホバの証人には復活の教義がある。霊性の高いエホバの証人は、この世の終末ハルマゲドン後に復活して、造り替えられた地上の楽園で永遠の命を享受するのだそう。

復活の教義があるので、エホバの証人の中には、輸血拒否をして適切な医療を受けられずに殉教した被害者も存在する。殉教すれば間違いなく復活できると思い込んでいるのだ。

復活できる、この世の終末を生きてくぐれる、その判断は神エホバが下すことになっていて、完全無欠なエホバの証人でない限り、その神の裁きに怯え続けている。

オナニー禁止、異性をいやらしい目で見るのも禁止、そんな教義を完全に守っていると言い切れるエホバの証人など存在しない。生まれつき性的不能だったとかそんな人くらい。それでも他人に対する妬みそねみも罪なので、やはり完全無欠なエホバの証人など存在しない。

誰もが終末の恐怖に怯えつつも、神の許しを得るために必死にエホバの証人活動をしている。許しがあれば、終末前に死んでも復活できるし、終末のハルマゲドンを生き残ることもできると洗脳されている。

楽園での永遠の命というアメと、パリサイ派の如く極端に制限の多い戒律を破った罪のもたらす裁き、つまりムチ。このアメとムチ作戦でエホバの証人たちは馬車馬の如く、ものみの塔協会のために働かされ搾取され、人生を棒に振るのだ。

エホバの証人のセックスとマスターベーションの罪と罰

日本人のエホバの証人は復活しない理由

“墓がない日本のエホバの証人は復活しない” の続きを読む


カルト被害者の死~エホバの証人信者の葬式と墓や遺骨について

献身というカルトな儀式

私は、物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられた。その元凶となったのがT姉妹という女性のエホバの証人である。エホバの証人はお互いを○○姉妹、○○兄弟と呼び合う。

エホバの証人信者にとって、兄弟姉妹になるのはバプテスマという献身の儀式を受けた人だけ。この献身は出家のようなもので、身も心も全財産すべて、ものみの塔協会に捧げますよと誓うことだ。

汚いプールの水の中に体全体を浸すという儀式なのだが、カルトに何もかも捧げる覚悟など危険すぎるのでやめるべき。そして自分の一生を左右する重大かつ不必要な決断なのに、バプテスマを受ける信者たちは安易にその道を選ぶ。

信者に献身させ、何もかも奪い取るのが、ものみの塔協会の体系化された洗脳手法の最終成果。

エホバの証人の財産搾取法についてはあなたの全財産を奪うカルトによる洗脳

私の家族がカルトに汚染された原因

T姉妹が私の家を訪れ、未信者だった私の両親をエホバの証人の世界に引きずり込んだ。エホバの証人的に言うと真理に導いたということになる。

このT姉妹が私の家を訪れていなければ、私は普通の幼少期、少年期を過ごし、私の家族も崩壊することもなかった。”はず”である。もう大昔のことなのでこんなことを言っても何も始まらない。

他の、もっと激しく危険な破壊的カルトにはまって、家族まるごと全滅死していたという可能性もある。カルトに引きずり込まれる人にはある種の弱さや隙があるから。

亡くなったカルト被害者

“カルト被害者の死~エホバの証人信者の葬式と墓や遺骨について” の続きを読む