命を粗末にすることで気付いた限りあるゆえ貴重な生

不条理な死を迎えざるを得ないというエホバの証人2世の幻想

私は交通事故で自動車を3台も廃車にしている。それがエホバの証人2世として育てられた過去と何らかの関係があるかと言われれば、特に因果関係は無いのかも知れない。

私は生まれながらのエホバの証人二世信者で、14歳の時に自分の意志でエホバの証人を辞める。しかしものみの塔協会の洗脳は解けず、神エホバの存在とこの世の終末ハルマゲドンの預言は信じ切っていた。

エホバの証人のハルマゲドンと永遠の命という悪い冗談

ハルマゲドンで死ぬのだと、14歳でエホバの証人を辞めてから20歳を過ぎるまで思っていた。どうせいつか不条理に死ぬのだからと、今何かに激突して死んでしまっても構わないとありえないスピードで車を走らせていた

エホバの証人は、輸血拒否の信条で生命を冒涜しているが、形式上は神からの貰い物としている命や身体を大事にするように教えている。その教義とエホバの証人らしさを否定する暴走行為は、反ものみの塔的なものを追い求めていたこの頃の私にとってうってつけだった。

ものみの塔協会は、自身の教義に反しない限りはという条件付きで、一応は上位の権威に服することを信者に要求している。上位の権威とは世俗の権威のこと。あらゆる法律が含まれるため、スピード違反の暴走行為は、この頃の反ものみの塔という私の生き方にマッチしていた。

元エホバの証人二世の夜明けの気付き

“命を粗末にすることで気付いた限りあるゆえ貴重な生” の続きを読む


ロボットのように育てられるエホバの証人2世

ものみの塔協会の子供を利用した布教方法

エホバの証人の二世信者たちは、小さな子供の頃からエホバの証人の王国会館に連行される。それこそ抱っこされているだけの赤ちゃんの頃から。

エホバの証人の王国会館に連行された2世信者たちは、大人しく座って壇上からされるありがた~い話を聞いている。中には注解と呼ばれる、挙手して質疑に対する回答をする子どもまで。

この2世信者の子供たちのお利口さは、エホバの証人でない人々が見ると驚きを感じざるを得ない。普通ならば数分たりとも大人しく座っていられない年頃の子供だから。

小さな子供を持つ親にとって、エホバの証人という宗教は礼儀正しくお利口な子供に育てることが出来る宗教に見える。ものみの塔協会は、子供の教育を撒き餌として子育てに不安や悩みを持つ親を新たな信者として獲得している

未信者の家で行われる家庭聖書研究という場へも2世信者の子供が連れて行かれる。この1時間ほどの勉強の間、子供たちは正座して大人しく大人の会話を聞いている。

「こんなにお利口に子供が育つなんて」と信者でない親たちはエホバの証人という宗教に魅力を感じるのである。ここで、自分のわんぱくで元気な自由奔放な子供と、エホバの証人二世の子供を比較してしまうとアウト。未信者の親はどんどん劣等感に苛まれることになる。

エホバの証人二世が表面的にお利口なのは懲らしめという虐待の結果

“ロボットのように育てられるエホバの証人2世” の続きを読む


変態的な懲らしめという児童虐待の犠牲者であるエホバの証人2世

苦行の連続を強いられるエホバの証人2世とは

エホバの証人の信者を親に持つ子供のことを、エホバの証人組織内ではエホバの証人2世と呼んでいる。どっぷりとこの宗教にはまっていたり、または表面的だけであったりと、様々なエホバの証人2世が存在する。

今では世代交代も進み、2世信者の子供のエホバの証人3世も誕生している。悲劇の連鎖が続く。

エホバの証人の子供は、小さな頃から極端に自由を制限される。まずは幼稚園や保育園といった幼児教育は受けさせて貰えない。小学生になるまで、雪の降り積もる真冬でも、熱中症になるような真夏でも、ボランティア活動と称して布教活動を行わされる。

クリスマスや節分、地域のお祭りなども異教の行事であるという理由で参加することが許されない。これは小学生になると強烈なストレスになる。

毎日の給食の前に手を合わせて「いただきます」と合掌することも許されない。キリスト教スタイルで目を閉じて手を握り合わせて、感謝の祈りを捧げなければならない。変な奴という視線を浴びるのは子どもにとって相当な苦痛だ。

エホバの証人の体罰である懲らしめ

“変態的な懲らしめという児童虐待の犠牲者であるエホバの証人2世” の続きを読む


エホバの証人2世がエホバから完全に自由になることの困難さ

元エホバの証人二世の無意識下に残るエホバの証人的思考

私は生まれながらのエホバの証人2世信者だった。両親はともにものみの塔協会の完全洗脳下にあり、私は当然のようにものみの塔協会の戒律で縛られ、小さな頃からものみの塔協会の洗脳教育を受けた。

20歳を過ぎた頃、ものみの塔協会の不義・欺瞞・偽善的体質を知り、一気にマインドコントロールが瓦解。ものみの塔協会が存在を主張する神エホバはいないし、彼らの預言ハルマゲドンも起こらないと気付く。

エホバの証人のハルマゲドンと永遠の命という悪い冗談

ものみの塔協会の洗脳状態から解放されても、私は未だにエホバの証人的なものの考え方から自由になれなかった。エホバの証人のこうあるべき、かくあるべきという決めつけ型思考を捨て去ることが出来なかった

私の20代は、いかにしてエホバの証人らしく生きないかということを重視し過ぎることになる。エホバの証人を辞めたので、反ものみの塔的生き方をしなければならないと思い込んでいた。これが無意識下に残るエホバの証人的思考の影響。

簡単には逃れられないエホバという架空の存在の呪縛

“エホバの証人2世がエホバから完全に自由になることの困難さ” の続きを読む


ものみの塔協会からの洗脳状態を解くためにすべきこと

エホバの証人に対するインターネットという救い

私はほぼ生まれながらのエホバの証人の二世信者で20年間以上ものみの塔協会の深い洗脳下にあった。

20才を過ぎたときにインターネットでエホバの証人に関する情報を見て、感じていた疑念が一気に解決した。かすかに感じていたものみの塔協会やエホバの証人たちに対する違和感の正体。

ものみの塔協会は、信者に献身や戒律の遵守と言った大きな要求をするわりには、自らの誤りや不都合な点を隠蔽する体質。私はこれをインターネットで知る。自省のない宗教団体にあるまじき性質。

ものみの塔協会は嘘をついている。ハルマゲドンは起こらないし、エホバの証人は真理を知らない。現役のエホバの証人が行っている活動は無意味で不毛。

エホバの証人であるがゆえに家族との関係がこじれているのなら、すぐにエホバの証人を辞めて謝罪し、家族関係を修復すべき。「目が覚めた」と謝罪すべき。

ハルマゲドンは来ない

ものみの塔協会の不義

“ものみの塔協会からの洗脳状態を解くためにすべきこと” の続きを読む


ものみの塔協会のマインドコントロール手法

都合の悪い情報をシャットアウトさせるものみの塔協会

ものみの塔協会は他の宗教やエホバの証人に批判的な知識や情報を取り入れることを禁じている。このように情報を制限された状態は、ものみの塔協会にとって信者の洗脳状態を保つために都合が良い

私がエホバの証人2世だった頃にはインターネットなど無くて、ものみの塔協会から発信される情報以外は全く入ってこなかった。純粋培養のマインドコントロール状態だったのである。

ものみの塔協会の情報を遮断するさらなる手段

ものみの塔協会は、エホバの証人の行動や信仰を否定する者は全てサタンの手先であると教えているそのため、信者たちはそういった声に耳を傾けようともしない。これも外部からの新鮮な情報を遮断し、洗脳状態を維持する助けになっている。

“ものみの塔協会のマインドコントロール手法” の続きを読む


エホバという傷を癒すためにものみの塔思考をやめる

カルトの餌食になりやすい人

私の両親がエホバの証人というカルト組織に足を踏み入れてしまったのは、ものごとを信じやすい性格と依存体質が影響していた。民間療法や迷信めいたものを信じやすく、言われるがままに疑わない性格。そして、一旦のめりこむと極限まで突き進む一途な真面目さ。

この隙を突かれ、ものみの塔というカルトに何もかもを奪われることになった。ものみの塔協会は、組織外部の言葉には一切耳を貸すなと指導する。それはエホバという神に敵対するサタンの攻撃、誘惑であるからと。

私の両親は馬鹿正直にこの言葉にも従ってしまう。一旦、エホバの証人と他のカルトや一般的な寺社とを比較するべきだった。それを怠ったがために深い洗脳状態に陥り、人生の大半を失い、一家も崩壊したのだった。

輸血拒否、熱心な宣教活動など、エホバの証人は傍から見ればカルトそのもの。一般的な寺社仏閣に依る限りは、一定額以上に自分の時間や金を巻き上げられることもない。逆にエホバの証人は全力投球、人生の全力での投資、ものみの塔協会へのフルベットを要求してくる。

祈祷一回いくら、お祓い代何円と決まっているのは守銭奴でも何でもない。上限があるのは健全なのだ。全財産を巻き上げられることがないから。

危険なものみの塔的思考方法

“エホバという傷を癒すためにものみの塔思考をやめる” の続きを読む


ものみの塔協会に犠牲を支払い続けている元エホバの証人の私の両親

元エホバの証人の私の両親が受けたものみの塔協会による洗脳被害

エホバの証人2世として育てられたことで、私の幼年期・少年期・若年期は悲惨だった。しかし、私の両親は私以上にものみの塔協会に多大な犠牲を支払うことになった。それがエホバの証人組織に献身した人間の末路である。

この危機のただ中にいる人には、ぜひこの話を読んで自戒として頂きたい。

私の両親は、人生における最も生産的・活動的に生きられる20代から40代までの全ての時間をものみの塔協会に捧げてしまった。さらに、経済力や社会的地位をエホバの証人という宗教団体により搾取されてしまった。その上、最後に待っていたのは一家離散という悲劇。

ものみの塔協会は、世俗の仕事に没頭することを推奨せずパートタイムの仕事を選ぶように暗に指導している。その上で定期的な寄付を行うことが奨励されている。

このものみの塔協会の妄言に言いなりになった両親も両親だが、エホバの証人として20代~40代をフルに過ごした結果、経済的にも社会的にも困窮。家族は崩壊し、一人息子にも頭が上がらず老後孤独破産まっしぐら。

ものみの塔協会の洗脳が解けたあとに元エホバの証人に残る後遺症

“ものみの塔協会に犠牲を支払い続けている元エホバの証人の私の両親” の続きを読む


エホバという幻想からは簡単に逃れられない

強く否定することで逆にエホバに縛られることになった元エホバの証人二世

私の20代は、非エホバ的な生き方をしなければならないという強迫観念にとらわれ無法、無頼として過ごすことになった。この生活態度に伴い、私は多大な犠牲を支払うことになる。

これは幼い頃からエホバの証人二世の子供として育てられたことへの反動。反発とも言える。

エホバの証人を嫌い、あの穏やかさや親切、愛、喜びと言った彼らが一応は重視している美徳とも言える概念をも私は否定していた。喫煙、過度の飲酒、ギャンブル、上位の権威や目上の人々に対する反発、そういった反ものみの塔的な思想や行動を追い求めた。

それは本来の私の望みや考えではなく、単純にエホバの証人の2世であったという過去を否定することから派生したもの。

エホバの証人的生き方をしないでおこうと思えば思うほど、ものみの塔の教義やエホバの証人の生き方に注目して、逆をいかなければいけない。私の20代は、反発するほど逆にエホバに縛られるという状況に陥っていた。

私の幼少期はものみの塔協会によって無残に犯され、家族は崩壊した。さらに、私の20代はものみの塔協会の洗脳下にあり、取り返しのつかない時間を奪われてしまった。

逃れなれないものみの塔協会の洗脳という恐怖

“エホバという幻想からは簡単に逃れられない” の続きを読む


20年もの歳月をかけて養われたエホバの証人的思考

元エホバの証人二世がものみの塔協会に奪われた前半生

私は物心つく前から14歳までの期間をエホバの証人の2世として育てられた。人格形成のための重要な幼少期と少年期を、ものみの塔協会のガチガチの教義に縛られ成長した。

両親ともにものみの塔協会の完全洗脳下にあり、幼い私に逃げ場所は無かった。信者でなかった親族とも離れて暮らしており、会えても年に1度か2度、それも両親の監視下にあった。

エホバの証人を否定する親族に対して、子供の私が「エホバの証人の王国会館に行きたくない」とでも言おうものなら、待っているのは懲らしめという体罰である。そんなことを言う子は悪魔サタンの誘惑を受けていると。

他にも、ものみの塔協会の教義に反すると体罰を受けることになる。エホバの証人の子供たちはこのムチが怖くて大人しくエホバの証人の親に従っている。

また、ものみの塔協会の教義に従わないとハルマゲドンで滅ぼされるという恐怖心にも支配されていた。天から降る業火に自身の体が焼かれる夢をよく見たものだ。日々、恐怖心を抱えて生活する子供が健全である訳がない。

私はとあることがトリガーとなり、20代前半でエホバという幻想・ものみの塔協会の洗脳からの解放に至る。しかし、それまで生きてきた20年間全ての時間をものみの塔協会に捧げることになってしまった。取り返しのつかない時間。

エホバの証人の洗脳が解ける瞬間

元エホバの証人二世の無意識下にあるエホバの証人的思考

“20年もの歳月をかけて養われたエホバの証人的思考” の続きを読む