痛みで一日を終える幼児、帰宅直後に子供を叩かなければならない父親

裁きのとき、叩かれる回数の宣告

小学校に入る前の私は、母親によってものみの塔協会の布教活動に連れ回されていた。さらに週に何度も聖書研究と称して、母親が開拓中の非信者の家へ連れて行かれていた。

いわゆるエホバの証人2世(JW2世)。親の宗教を強制される宗教2世の子供だった。

小学校に入る前の遊びたい盛りの子供が、聖書研究の間、大人しく座って話を聞いている。「何て素晴らしい宗教なのでしょう」と浅はかな研究相手に思わせて、宗教の泥沼に引きずり込む。

この聖書研究の間、大人しく座っているのが、子供の私にとって非常に苦痛だった。しかし、お利口にしていないと待っているのは帰宅後の懲らしめ。

懲らしめとは体罰のこと。お尻をベルトやプラスチックのよくしなる硬い定規などでしこたま叩かれる。1発や2発ではない。泣き出して”もうしません”と言い出すほどの回数を叩かれる。この回数は、親によって刑の執行前に宣告される。

異常、エホバの証人のDV家庭

ときには夕方を待って、帰宅した父親が懲らしめの執行人となることもあった。この場合は母親によって重罪と判定されたとき。強烈な暴力が父親の帰宅後に待っている。

子供の私は家から逃げ出してしまいたい思いに駆られていた。何とかお利口にして、母親が父親に言いつけるのを許して貰うとか、減刑されることに手を尽くすのだが、そんなことは1度たりともなかった。

エホバの証人の親は、この愛の鞭に手心を加えることが子供のためにならないと、ものみの塔協会によって洗脳されている。

子供が罪を悔い改めなければ、来たる終末のハルマゲドンで死ぬことになる。そのために泣き叫び必死に逃げ惑う幼児のお尻を力いっぱい叩く。

ちょっとした親の言うことを聞かなかった、という些細なことすら罪になる。ものみの塔協会によって親は子供に対して権威者とされている。その権威に逆らうということはエホバの証人にとっては重大な罪。

恐怖で1日を追われ、痛みで1日を終える幼児。帰宅直後に幼い息子を叩かなければならない父親。こんな家庭。エホバの証人家族がいかに異常なものか、狂っているか分かって頂けるだろう。

ものみの塔協会とは、ドメスティックバイオレンスを推奨する危険なカルト集団なのである。

ものみの塔が権威を重視するのは、信者に対して上位に立ちたいから。そのものみの塔の権威こそ無根拠なのだが・・・

無根拠のものみの塔協会こそが偽預言者の代表格

JWの懲らしめの悪影響

エホバの証人の親は、愛する子供のためだと信じきって懲らしめを執行する。しかし、これは全くの逆効果。

ものみの塔協会への妄信のせいで愛している子供を叩いているのだが、子供はその暴力を決して忘れない。大きくなれば親を捨てるように去っていく。懲らしめという虐待は、親子の間に遺恨を残すだけ。

また、エホバの証人2世は暴力的な傾向を持っている。これは幼い頃から親によって振るわれた暴力が大きく影響している。

親は圧倒的な暴力で子供を従わせ、(その場限りではあるが)問題を解決してきた。子供がその安直な問題の解決法を学ばない訳がない。

また、親は充分に暴力を振るうのに、エホバの証人の子供は暴力的なものを一切禁止されている。キン肉マンなどのアニメやチャンバラごっこから戦争映画、格闘技、サバイバルゲームなど全て。

これもエホバの証人2世が暴力的なものを求める傾向に大きく影響している。禁止されたものほど欲するのが人間の性なのだから。少なくとも私はそうだった。自身の中に衝動的に暴力を求める何かが眠っている時期があった。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください