無根拠のものみの塔協会こそが偽預言者の代表格

偽預言者の代表格「ものみの塔協会」

ネットでダウンロードできるJW解約のための資料の4つめ。『神の経路と奴隷級』

ダウンロードはこちらから。JW解約-エホバの証人の真理を検証する

資料の表紙に聖書の聖句が書いてある。

『惑わされないように気を付けなさい。多くの者がわたしの名によってやって来て、「わたしがそれだ」とか、「その時が近づいた」とか言うからです』ルカ21:8

この聖句は偽預言者の到来を預言したもの。2000年前に預言されたことなのだが、2000年もの間、常に成就し続けた預言。時代時代ごとに「わたしがそれだ」という世迷言で人々を惑わす偽預言者が出現する。

その偽預言者の中で、最も巧妙に人々をたぶらかし成功しているのが「ものみの塔協会」。偽預言者の代表格。

偽預言者の最たるものが、この聖句を挙げて他の宗教やカルトを批判をするのだが、実は、自らがその偽預言者であるというのは皮肉。そもそも全部冗談で始めたのではないかと思えるくらいのバカバカしさ。

ラッセル「分かるかな~?オレたちアメリカンジョークで宗教法人各取ったんだぜ~♬」

ものみの塔協会の偽預言の程度は年々低下し、預言ハズシの実績も蓄積されている。ものみの塔協会こそが、この聖句で述べられている「惑わす者」だったということが明らかになっているのだが、それでもまだこの組織が存続できるカルトの七不思議。

ものみの塔協会の統治体の予言は時代ごとに現れる偽預言者の世迷言

エホバの証人のオモシロ14万4000人の教義はものみの塔協会が偽預言者である証拠

土台のないビル「ものみの塔協会」

JW解約資料の第四弾『神の経路と奴隷級』、表紙に土台というか低層部分が透明になっているビルの写真が出ている。何だか見覚えがあるので、昔のエホバの証人の出版物の挿絵なのだろう。

ビルの土台部分が欠落しているので、子供の頃は面白がって見ていたのだろうが、今見ると何だか不気味。悪意を感じる。

ものみの塔協会が自身以外の団体に対して、根拠の欠落という意味で使用した挿絵なのだと思われる。ところが、その根拠が欠落しているのが、ものみの塔協会そのもの。この資料ではそこら辺を細かく指摘している。

私でも思い付くのが、統治体の無根拠。「私こそが油注がれたものである」と言い出して、「私こそが神の言葉の経路である」と宣言。その宣言だけが根拠。

統治体の「油注がれたという自称」が真理である根拠は?(誰でも、宣言すれば油注がれちゃうね)

米国人にだけ油注がれるというのは、神は英語しか喋れないんですか?それとも神は東海岸あたりに住んでるの?

統治体は、昔は白人限定だったのだが、神も人種差別はあかんと考えを変えて、最近は有色人種も選ばれるようになった。しばらくしたら女性も選ばなあかんとなるんじゃないの?人間社会に迎合する神エホバ。軽いな~。薄いな~。無根拠そのもの。アジア人が選ばれるのはもう少し先かな。

ものみの塔協会の権威に土台はない。この根拠のない宗教に人生をかけると一生を棒に振ることになる。この資料の2ページ目にこう指摘されている。

確実性のない真理になぜ命を張れますか?

確実性のない主張はもはや真理ではない。


“無根拠のものみの塔協会こそが偽預言者の代表格” への2件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください