エホバの証人の復讐心は、カルト殲滅の原動力になるか

元エホバの証人2世の復讐心という原動力

『同志少女よ、敵を撃て』より。AmazonのAudibleで聴いている途中。

復讐すると決めたとき、生きる活力が戻ってきた

復讐の力は生きる希望を与えてくれる

復讐を遂げるという目標によって生きる理由が生じる

復讐心が戦争の原動力になっている。

私が、ものみの塔を倒壊させようと、不毛にも思える活動を続けているのは、復讐のためなのだろうか?とふと考えた。

ものみの塔が存在しようがしまいが、具体的に被害を受けている家族・知人は既にいない。ものみの塔が消滅したところで何かご利益がある訳でもない。

両親との家族を失ったこと。取り返すことのできない無邪気な子供時代。その復讐。この感覚は多少ある。しかし、それを原動力に、生きる糧にという程のエネルギーではない。

それより大きいのは怒りと苛立ち。嫌悪。

誰にも言えない人生の汚点を、よくもオレに残してくれたなと。覚えとけよ。必ず後悔させてやるという思い。これがものみの塔を消滅させたいナンバーワンの原動力。結局は復讐心。

『同志少女よ、敵を撃て』~共感と帰属意識による癒し

『同志少女よ、敵を撃て』~本当のことを言えば殺される

ものみの塔の殲滅だけを人生の目的にしない

エホバの証人を最後の一人になるまで、減らし尽くすか、ものみの塔を解散させるか。さすがにそこまでいけば、スッキリする。

怒りの根は深い。脱塔してから30年弱。怒りは収まるどころか煮えたぎるばかり。

脱塔直後の方が、まだ罪悪感があったから(洗脳直下だったので偽神エホバ、そして両親に対しての罪悪感)大人しくしていた。

後に、カルト塔協会に家族総出で騙されていたと決定的に気付く。そして、自身の心中を整理整頓して残ったのが、ものみの塔という完全悪に対する激しい怒り。

エホバの証人をゼロに、断末魔を上げるものみの塔にとどめを刺す。放っておいても崩壊するという意見を聞くのだが、それでも日本の伝道者数20万人、世界には800万人。膨大な人数。

エホバの証人がカルトで社会悪であると確信した今、自分の行動は曲がりなりにも世界の役に立っている。被害を受ける人を減らすことができる。それも活動を続ける源泉にはなる。

生きる糧は別のところに持っておいて、静かに激しく復讐心を燃やす。全てをものみの塔に奪われた両親のように、カルト殲滅に人生を捧げない。人生の目的の一つ。でないとまた、人生全てをものみの塔に奪われることになる。

それが、エホバの証人を人生から完全に遮断している期間にたどり着いた考え。自分が死ぬか、ものみの塔が死ぬか、どちらが先に斃れるかでやってしまうと、敗北したときに何も残らない。人生全てを失ってしまう。

復讐だけで走り続けている訳ではない。同時に、異なる次元に自分の人生を築かないと、虚しさが残る。ここまで整理出来ているのだから、あとはひた走るのみ。


“エホバの証人の復讐心は、カルト殲滅の原動力になるか” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください