元エホバという痛みをものみの塔協会に対する刃とする

エホバの証人2世の子供時代

私は生まれながらのエホバの証人2世で、14才、中学2年の秋に自分の意志でエホバの証人をやめた。2世とはカルト被害者2世代目のこと。わが家の場合は、両親ともにエホバの証人だったために、私も当然のごとくエホバの証人として育てられた。

ものみの塔協会は信者の恐怖心を煽り洗脳する。ハルマゲドンというこの世の終わりを神エホバがもたらす。その最終戦争を生き残れるのは、ものみの塔協会の教理に忠実で善良なエホバの証人だけ。

私も漏れなくこの恐怖心に支配されていた。物心つく前から、両親やエホバの証人組織に繰り返し、繰り返し、この教義を教え込まれる。この状態で洗脳されない方法があるというのだろうか?

元エホバの証人の人生の迂回

このマインドコントロールが解けたのは20歳を過ぎてから。インターネットで、ものみの塔協会の不義を知り、それまでの疑問点や不信点が全てつながる。ものみの塔協会は嘘つきのカルトであると。

その後は、前半生を取り戻すべく、反エホバ的生き方にいそしむ。無軌道、無鉄砲な生活。だが、それもエホバの証人否定を自分に強制するという、逆マインドコントロールだった。私の自由意志ではなかった。

私は30代後半になり、元エホバの証人2世という傷がだいぶ癒えてくる。どうでも良くなってきたということ。それまでは、駅前など街頭に立っているエホバの証人を見て不快感を覚えていたのだが、今では憐れむ心がほとんど。時の経過は大きい。

私は30代半ばで結婚し、妻子を持つ。結果、反エホバ的な無茶苦茶な生活は辞めざるを得なかった。そして今に至る。

非ものみの塔的生き方をしなければならないと思い込み、私はあえて無軌道な生活をしていた。しかし、これも結局はものみの塔的な決めつけ形の思考が影響していたということに気付く。

エホバという傷を癒すためにものみの塔思考をやめる

エホバという傷を癒す

現在の私は、ものみの塔協会の洗脳から完全に自由になった。王国会館や街頭に立つエホバの証人を見て、ゾッとしたり吐き気を覚えたりしなくなった。そして、もう一度このカルトに戦いを挑もうと決意できたのがその証拠。

この進展は、似たような傷を抱える現在の妻と出会ったことも原因の一つ。14歳でエホバの証人をやめて以来、自分がエホバの証人だったことを誰か他人に打ち明けたことは一度もなかった。今の妻が初めてである。

妻と結婚する前、付き合い始めの段階で、お互いに正直に自身の抱える過去の傷について話し合った。他人と傷を共有することで、自分の傷が癒える。この時に自分の傷の治癒を体験をした。

私はこんなにも傷ついていると、さらけ出す必要もないのだが、いつまでも内向きに独りで傷を隠していても仕方がないということ。

癒しになる元エホバの証人コミュニティ

私は、エホバの証人を辞めて以来、徹底的にものみの塔関係のものから距離を置いた。元エホバの証人二世という事実は、自身の人生の恥部そのものだったから。この方法だと、ものみの塔協会のことを気にしなくなるまでは相当に時間が掛かった。20年もの歳月。

早い段階で元エホバの証人のコミュニティに参加し、他人の傷を知ることが自分の癒しになった可能性もある。元エホバの証人のコミュニティはネット上にあふれている。

元エホバの証人被害者の体験を聞く。読む。共感できることがあれば、自分だけが深い傷を負っている訳ではないと気付ける。前向きに生き直せる可能性が高まる。

市販で流通している元エホバの証人の本を読むのも良い。信者時代の過酷さが自分とは異なるし、その対応と脱退の仕方も異なる。それでも、大いに共感する部分はある。

『カルト宗教信じてました。』

『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

しかし、注意しなけらばならないのは、外へ目を向けることも必要だということ。ものみの塔関係の外部へ目を向けること。我々が生きているのは、エホバの証人なんてほんの一粒しかいない広い世界。かつてエホバの証人だったことなど、小さなことと思えるほど、広くて多様な世界。

エホバの証人の子供が思い描く未来

私は、エホバの証人の子供だったゆえに、節分の豆まきに参加できず、恥ずかしい思いをした。教室の隅から、楽しそうに豆を投げ合うクラスメイトを眺めている。バレンタインデーに、好きな女の子からチョコレートを貰っても、返しに行かないといけない。(エホバの証人は異教の行事として節分、バレンタイン、その他全て禁止)

そんな子供の頃に思い描いて未来。「普通」になりたいということ。

私は、30代半ばで結婚し、子供が生まれ家庭を築く。そして、何とか正規雇用として復職する。子どもの頃に思い描いていた、ささやかな未来。エホバの証人ではない普通の人になりたいということ。回り道したのだが、これでようやく実現したのだった。

そして、現在の私、ものみの塔協会を消滅させエホバの証人を根絶すべく、このブログを書いている。

王国会館をぶっ壊したり、エホバの証人に罵詈雑言を浴びせて迫害したりという、まるでものみの塔協会のような破壊的・独善的な活動ではない。あくまで平和裏な活動として。

ものみの塔協会の暴力・独善的な本質についてはこちら


“元エホバという痛みをものみの塔協会に対する刃とする” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください