エホバの証人がマインドコントロールされる原因3つまとめ

エホバの証人のマインドコントロールとは

エホバの証人たちは、ものみの塔協会によって深く深く洗脳されている。ものみの塔協会によって洗脳される原因は以下の3つ。

  1. 恐怖
  2. 反復
  3. 情報統制

エホバの証人の恐怖心を募らせるハルマゲドンとは

1つめは恐怖心を煽ることによるマインドコントロール。ハルマゲドンという終わりの日が近づいているというのがものみの塔協会の主張。当初1914年にこの裁きの日が来ることになっていたのだが、この預言は目下延長中。まあハルマゲドンは来ないんだけどね。

ハルマゲドンではこの世の事物の体制が滅ぼされ、善良なるエホバの証人だけが生き残ることになっている。その後、地球は健全・清潔なパラダイスに改良され、エホバの証人はそこで永遠の命を享受できるというストーリー。

エホバの証人たちはこのハルマゲドンで死ぬことが怖くて、ものみの塔協会の言いなりになっている。自分の命惜しさに、自分の人生、命そのものを無駄遣いしているということ。

ものみの塔協会の出版物による反復洗脳

2つめは反復による洗脳。天にエホバがいるとか、ハルマゲドンがくるとか、ものみの塔協会はとんでも教理を唱えており、傍から見るとそんなものはすぐに嘘だとわかる。

なぜ、エホバの証人が深く洗脳されてしまい、このファンタジー教義を信じるに至ったか?これは繰り返し、繰り返し、何度もこの教義を叩きこまれるから。

週に3回のエホバの証人の集会や、家庭での聖書研究と呼ばれる時間がその洗脳タイム。ものみの塔協会の出版物を朗読して、その後で読んだ節の復習問題が出される。復習問題は欄外に書いてあり、該当する節の中に簡単に答えは見つかる。

これを家庭で繰り返し、信者が集まった集会でも毎週繰り返す。質問に対して正解を答えるのは簡単なのだが、正解すると司会者や集会の参加者に褒められる。褒められるという報酬が得られると、また正解したくなる。これは人間の脳の通常の反応。脳は報酬を求めるもの。

この反復で、通常の思考回路は停止する。ものみの塔協会の教義を何度も何度も口に出して唱えることで、実際にそれが正しいことのように思えてくる。言葉には力があり、発生することで自分の耳からも頭の中に入って来る。

この傾向はエホバの証人2世の子供たちに顕著。子供は大人以上に報酬を欲する。褒められてうれしくない子どもはいない。褒められたくて、ものみの塔協会の出版物から真剣に答えを探す。自分で探し出した答えだから、真実だと思い込んでしまう。

元々カルトにはまる人は自己肯定感の低い人が多い。こんな人に限って、集会で正解を答えて褒められたりすると、なんだか嬉しくてたまらない。また褒められたくなる。そして愚直にものみの塔協会の出版物の中に質問の答えを探す。

自分で真剣に探した答えだから、これは事実に違いない。この繰り返し、この反復がものみの塔協会の恐ろしいマインドコントロール手法。

情報を遮断されることで手が付けられなくなる洗脳状態

3つめのマインドコントロール手法は情報統制である。ものみの塔協会は、自分たちの発行する出版物以外の情報に触れることを推奨しない。特に背教的な情報は厳禁。

このブログなんて絶対禁止なのだが、理由は簡単。信者の洗脳が解けると、ものみの塔協会は困るから。寄付金や、熱心に奉仕し時間を捧げてくれるエホバの証人が減ると、上層部の統治体がリッチに暮らせなくなる。簡単な理由。これが搾取の構造。

ものみの塔協会は、「外部の情報は悪魔サタンの誘惑の手段だから一切触れるな」と言っているのだが、これは虚言。信者のマインドコントロールを保つための都合の良いでっち上げ。

真実は自分で探さないと見つからない。予言をはずし続けた組織が真実を語ることはない。ものみの塔協会が語るのは、あなたを純粋培養の洗脳状態に留めるために必要なことだけ。

まとめると、ものみの塔協会の洗脳手法はこの3つ

  1. 恐怖
  2. 反復
  3. 情報統制

エホバの証人2世のマインドコントロールが解ける瞬間


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください