自意識過剰なエホバの証人2世

蔑まれていると思い込んでいるエホバの証人2

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。両親共にエホバの証人だったが中学生になってその両親にようやく抵抗したのがクラブ活動の選択である。私の通っていた田舎の中学校では生徒全員が何らかのクラブ活動に属することが強制されていた。エホバの証人の活動に差し支えるため私の両親は私を当然のように文化部に入部させようとしていたが、これに私は断固抵抗したのである。この頃の私の母校は、男子生徒はほぼ全員運動部に入部しており、文化部の男は非国民といった風潮があった。

中学生のクラブ活動が文化部だろうとスポーツだろうと今の私にとってはどうでも良いし、周囲と違って運動部に入らないというのも個性だと思える。しかしこの頃の私はただでさえ変人、変わり者、宗教、キリスト”と呼ばれ学校内で蔑まれていた、と思い込んでいた

自意識過剰なエホバの証人2

実際、私は成績も良くて10歳までは都会育ちたったので標準語だったしクラスでも女の子にもてた方だった。生意気で田舎者の周囲の生徒を見下しているようなところが私にはあった。そんな私を妬む同性の生徒にしてみると、エホバの証人2世であるという点が私の最大の弱みだった。

田舎者のクラスの生徒のほとんどが成人しても県内から出ることが出来ず、私はこの頃の自身の希望通りに首都圏でホワイトカラーの仕事が出来ている。そもそもの価値観が違うのである。田舎で作業着を着ている奴らに結局バカにされていたというのはただの思い過ごしで、ただのやっかみだったと言えないこともない。それでも私は誰からも自分が”キリスト”、”宗教”とバカにされるのが我慢ならなかった。どこまでも自意識過剰な子供だったのである。何としても文化部に入って自分の弱みを増やしたくなかった私は強引に運動部に入部した。これがエホバの証人だった両親に対して初めて徹底的に行った抵抗だった。13歳の春のことである。

このスポーツクラブへの入部許可は両親にとって最大の譲歩だったが私は厳しい条件をつけられることになった。クラブ活動に参加出来るのはエホバの証人の集会や伝道活動の無い月曜、水曜、金曜だけでそれ以外の日は一切参加不可だった。本番の試合などは土日にあるのでどれだけ練習しても試合に出場することすらままならないのである。子供が熱心にやりたいと言っていることに対して最初から妨害するつもりしかないのがエホバの証人の親なのだ。


3 Replies to “自意識過剰なエホバの証人2世”

  1. 初めてブログを拝見しました。私と同年代で、脱塔時期も同じ位なので、共感できる内容ばかりでした。
    当然、クラブは帰宅部です(笑)
    我が家の両親も別居中ですが、未だ洗脳が解けない母が離婚を拒んでいます。
    母は年金が少ないので、私が世の仕事で得た給料から仕送りをせざるをえないのですが、いつもエホバのお陰と言われます。
    母は、鞭のことなど忘れたように、私の子育てに口を挟んでくるので、会うといつも怒りに満たされます。
    夫や友人にはjw二世だったことは詳しく話していないので、悩みやストレスを打ち明ける相手もおらず、辛い毎日です。

    突然他人の家に現れ、ささやかな家族の幸せを破壊する組織の巧妙な嘘、拝金主義、全てを許すことができません。
    せめて、終わりを信じて老人になった人々を看取る介護施設と墓くらいは作ってもらわないと、割に合わないと思っています。

    1. 肉親にまだ洗脳下の方がいるということ。とても重い問題だと感じます。経済的に援助しているというのも立派だと思います。私は親に対して過去のことはほとんど水に流したつもりですが経済的な援助は一切していません。楽な老後が待っている訳ではないのは察していますが、こちらもそんなに稼ぎがある訳ではないので。余裕があれば考えないでもないがと言う状況です。
      現在は体罰がダメだという社会での一定の認識がありますが、今アラサーからアラフォー世代の親の世代はそういった認識が薄かった世代です。私も年中引っぱたかれてそれが自分にとってトラウマなのかどうかも分かりません。しかし親はというとそんなことはほとんど覚えていないのか、口にしないのか・・・
      元エホバの証人だということをカミングアウトするのは勇気がいりますよね。私も妻以外にきちんと打ち明けた人は誰もいません。
      エホバの証人組織が何処かに貯め込んでいるいる寄付金を吐き出させて、信者の老後に充てさせることが出来ないものかとも思います。でも死ぬまで信者だった人は墓には入らないですよね。我が家でも気付けば両親世代から墓が無いことが問題になっております。墓を建てないといけないのも解りますが、一回も墓参りをしたことがないという非常識人に育てられてしまったので、まずは先祖の墓参りからやり直しです・・・。

      1. ご丁寧なお返事を頂き、ありがとうございました。これから増加するであろう1世の老化介護問題や、2世自身の備えの無さなど、組織の問題点がどこかで大きく取り上げられることを願っています。
        まあ、世論に耳を傾けるような組織ではないですが。
        ブログで様々な問題点を取り上げてくださり、ありがたいです。
        応援しています、疲れない程度に更新してくださいねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。