エホバの証人2世の小学校生活

灰色の小学校生活

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。小学校高学年になるとこの自分の状況が圧倒的に不運であると思い始めた。エホバの証人2世である限り、明日は何ら楽しみでなく日常の景色は灰色だった。

2日か3日おきに抜群に退屈な王国会館での集会がある。この日の放課後は友達と遊ぶことは許されない。集会の予習をしなければならないからだ。この集会では1ヶ月に1回程度の間隔で割り当てというものが回って来る。神権宣教学校というものみの塔協会の教育プログラムに従い自分で考えた5分程度の話を大勢の信者たちの前でしなければならない。この準備も大変だった。

集会の日は友達と遊ぶことも出来ないし、集会の無い日でもエホバの証人でない友達と遊ぶことに対して親は良い顔をしなかった。集会の無い土曜日も学校が終わった午後になると野外奉仕活動と言われるエホバの証人の布教活動に出なければならなかった。

私が小学生の頃は土曜日の午前中はまだ学校があった。途中で学校も完全週休二日制になったのだが、私にとってはこんなものは嬉しくも何ともなかった。結局はこの野外布教活動に参加しなければならない時間が増えただけだった。楽しみなど何もない小学校生活だった

エホバの証人の子供の体罰からの卒業

小学校6年生のときにクラスに好きな女の子が出来たのだが、これもどうしようもなかった。エホバの証人2世である限り異性との交際など小学生や中学生には認められないのである。幼い頃から何にも与えられなかった反動なのか、私の独占欲は異常に強かった。とにかくその好きな女の子を誰にもとられたくないという強い思いに駆られた。
エホバの証人である限り、デートをしたり付き合ったりなど出来る訳もない。それでも私はその女の子に告白したのである。これが親にばれようものならとんでもない目にあいかねない。

よく覚えていないのだが、小学校6年にもなるとこらしめという体罰は既に無かったかも知れない。お尻を叩かれても我慢して泣かないのである。反抗的な目で痛みを耐えるのだ。これが出来ればエホバの証人の体罰は終了である。自称愛のムチを振るおうとする母親よりも力が強いのだ。体罰を甘んじて受ける必要もない。

とはいえ中学生になるかならないかぐらいの年齢で親から独立して生きて行ける程の覚悟は私には無かった。1990年代のこの頃、エホバの証人信者の子供でも高校ぐらいは誰もが卒業していた。そのぐらいまでは親元にとどまらざるを得ないと私も思っていたのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。