エホバの証人の親が子供に勧誘活動をさせるのは虐待である

エホバの証人の奉仕活動とはカルトの宗教勧誘のこと

私の両親はエホバの証人で、私は当然のようにエホバの証人として育てられた。エホバの証人の布教活動で自分の学校の学区内を回らなければらない時が、本当に嫌だった。

エホバの証人の布教活動は、ボランティアとか奉仕、伝道と信者たちは自称している。これはソフトに言っているだけで、本来はただの宗教の勧誘。しかもカルトの。ものみの塔協会は、こんな悪事を児童子供に強制している。

エホバの証人たちは、一軒、一軒家を徒歩で回り、このカルトへの勧誘活動を行う。炎天下の真夏でも雪の降る真冬も徒歩で、家々を巡る。

エホバの証人の勧誘活動に出かける時の服装は、基本的に正装。男性信者たちはネクタイを締め、スーツを着る。女性信者もかっちりした清楚な服装。女性のパンツスーツはなぜか認められておらず、基本的に女性は正装する場合はスカート。

エホバの証人の親が行う子供に対する虐待

この勧誘活動のときの服装も私は嫌だった。結婚式に出るみたいに妙にかしこまった格好をして、両親や他の信者、その子供たちと一緒に道を歩いている姿を同級生に絶対見られたくなかった。

翌日の学校で何を言われるか、ちょっと気になっている女の子に何と思われるか、想像しただけでも恐ろしい。両親は嫌がる私の信仰が弱いとみなし、それが気に入らない。勧誘活動の行き先が、私の通っている学区内の時こそ私を連行しようとした。精神的な虐待である

同級生が自転車などで走って来て、私が隠れようとすると怒られる。とんでもない罰ゲーム。ストレスでお腹が痛くなったり、熱でも出てくれたりすれば良いのだが、私は基本的には健康体の子供だった。

時には精神が音を上げ、熱が出たりすることもあったのだが、多少の体調不良ならエホバの証人の活動には連行されたので、肉体的にも虐待を受けていた

エホバの証人の思春期のトラウマ

隣の上級生の家だろうが、反対隣の下級生の家だろうが、勧誘活動をしなければならない。小学生の頃は学区が狭く、私自身がエホバの証人の伝道者にも任命されていなかったのだが、中学生になると大変だった。

エホバの証人の伝道者の資格をなし崩し的に取らされた。私が希望したように仕向けられてはいたのだが本質は違う。わが家は、両親がともにエホバの証人の”組織に”献身した神権家族。父親が会衆の長老、母親が正規開拓者という筋金入りの激ヤバ家庭。

エホバの証人の長老が暴力を振るう原因3つ

こんなヤバい家で、中学生にもなって伝道者でないというのは家庭にもエホバの証人の王国会館にも居場所がない。他に選択肢がなかった。

小学校の時に比べて中学校の校区は広くなる。エホバの証人の勧誘活動で同級生や同じ学校の生徒に遭うリスクは高くなった。ピンポンと呼び鈴を押して訪ねた家が、隣のクラスの可愛い女の子の家だったりしたこともある。

表札を見て同学年の生徒の苗字だったりすると、あの子の家じゃありませんようにと、もしそうでも出かけていてくれますように、むしろ留守で誰も出てこないでくれと願ったものである。

思春期の子供にとって、両親と一緒に妙にかしこまった服装をして、家から家へと1件ずつしらみつぶしに回るなんていう行動は、命を取られるよりも残酷なことだった。

これは私のトラウマになっている。未だにこの勧誘活動に連れ回されている夢を見る。私は、夢の中で見知らぬ家の呼び鈴を鳴らし、誰も出てこないでくれと願っている。ドアが開く瞬間に目が覚めて、もうこんなバカげたことをしなくて良いのだと気付きほっとする。

こんな活動を、エホバの証人の親は子供たちに強制している。そして、こんなにも子供たちの心を傷つけているのだ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください