無駄死にのエホバの証人

エホバの証人の無駄死に

手元に2018年11月6日付けの新聞がある。

宣教活動の邦人女性殺害

という記事が載っている。中米グアテマラのペテン県で現地在住日本女性2人の家に何者かが押し入り1人殺害、1人重傷とのこと。2人ともエホバの証人の信者で現地で宣教活動を行っていたとある。何と26才と28才の女性である。無駄死にも良い所である。

地球の裏側まで行ってわざわざ押しつけがましいカルトの宣教をするなんて人生の無駄遣い、あげくに殺されて全てを失うとは言葉も出ない。周囲の信者は復活するからと慰めあうだろうが、そんなことないから。人間が復活する訳ないから。そんな一か八かの博打を一回きりの人生で打っちゃだめだから。ジャスト生涯、この一生が全て、残せるのは何らかの意志と財産、借金ぐらい。

若いエホバの証人へ

今でも私は街頭で立って伝道しているエホバの証人を見ると、同じことをやらされていた過去の自分の恥の歴史を思いだす。そんな中にまだ若い信者が混じっているのを見ると何とも勿体ないという気持ちになる。二十歳ぐらいを超えて自分でものみの塔協会という偽善団体に見切りをつけられないのは本人の責任と言えなくもないのだが、エホバの証人2世として小さな頃から育てられるとそんな判断能力も失ってしまいかねない。この世の中はもっと楽しいことや下らないことや辛い現実が山ほどあるのに、取り返しのつかない若い時、今この時、これは二度と戻らないのに、虚構の空間、王国会館に何故通い続けてしまうのか。そのままだと本当に無駄死にである。


2 Replies to “無駄死にのエホバの証人”

  1. ムダ死にだけではなく ムダに生きているのでしょう。
    自分が自分であることが 奇跡の命を生きていることに 神の存在や理屈など必要ない。
    一日一日の生きざまが大切なんだ。
    人種や文化を否定することこそが 品性も理性の微塵もないことだと彼らは理解できないことが異常なんだと思います。

  2. はじめまして。
    ワシの目と申します。アメーバでブログを書いています。

    このグアテマラの事件、その後は全く触れられませんね。上層部は闇に葬るつもりなんでしょうね。
    こんな自分勝手な奴らに、自分の人生をメチャクチャにされたのかと思うと悔しくて仕方がないです。

    今後もブログ楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。