お年玉が寄付箱へ流れるものみの塔協会の集金システム

エホバの証人がお年玉を禁止しない理由

エホバの証人はものみの塔協会の教義にのっとるならお年玉の受け渡しをしてはいけないはずである。しかし何故か私の家ではそれが許されていたし親も親戚の子供に渡していたような気がする。私の両親は熱心なエホバの証人だったので親族の葬式でも焼香はしなかったし読経の際にはわざわざ席を外していた。それにも関わらずお年玉の受け渡しだけはしていたのはものみの塔協会が特別にお年玉を禁止していないからである。

エホバの証人はお年玉の起源が何であるかも調べず単純にものみの塔協会の言いなりになっているだけなのである。この際しっかりと自分でお年玉の由来について調べることをお勧めする。ついだに初代ものみの塔協会会長ラッセルの私生活やものみの塔協会によって輸血が解禁されている国があることなども調べてみてはどうだろうか。自分で何も調査せず何も考えずという状態は良くない。その思考状態で聖書研究など出来る訳がないだろう。

ものみの塔協会がお年玉を禁止しない理由だが子供が貰ってきた現金が回りまわって組織の資金になるからである。ものみの塔協会としては1月にはお年玉のあがりが寄付として多く集まり都合が良いのである。そのために特にお年玉を禁止だとは言わないのだ。年賀状の場合は信者が送りあったところで単に時間の無駄なので禁止しているのである。

お年玉は王国会館の寄付箱へ

私も子供の頃は貰ったお年玉を取り上げられはしなかったが強制的に半分以上は王国会館の寄付箱に入れさせられていた。両親もそうさせることで年賀状とお年玉は何が違うのだろうという疑問や薄っすらとした罪悪感をごまかしていたのである。

エホバの証人お得意の神権的戦術である。ものみの塔協会の教えに背いているようで実はものみの塔協会の利益に貢献しているから問題ないという考え方である。しかしお年玉の”たま”は魂のたまである。その魂は年神様という神道の神様なのだ。一神教のキリスト教徒としては明らかに異教のイベントである。

特に私はエホバの証人はお年玉の交換をするべきでないなどとうるさく言うつもりはない。エホバの証人がお年玉の交換をするのは明らかに矛盾があると事実を述べているだけである。物事を自分で調べてそれを噛み砕いて考える癖をつけないといつまでも組織にとって都合の良い生き方をさせられるだけだ。どうせなら来年はエホバの証人ごとやめて初詣に行ってみればいい。そしてお年玉を親族と気持ちよく迷いなく交換すればいい。きっと良い1年になりますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。