恐怖の豆まき

独断的なものみの塔協会

ものみの塔協会はエホバの証人以外の全ての宗教を邪教とみなし、教団の出版物で積極的に攻撃している。ヒンズー教やイスラム教、仏教、神道などの異教を上げ連ねて批判する書籍が出版されていた。当然エホバの証人の家には神棚や仏壇が無い。日本独特の神仏習合という宗教を融合させたおおらかさをも矛盾であるとしてエホバの証人は認めていないのである。エホバの証人は仏式の葬式や神前での結婚式などの親族の行事に参加することも禁止されている。そのため親族の死に目や門出に際して冷酷な態度をとっていると判断され疎遠になっていくのである。

異教に由来する行事も全て批判の対象となりエホバの証人が参加することは禁止されている。正月飾りに始まり節分、バレンタイン、ひな祭り、ホワイトデー、エイプリルフール、鯉のぼりや五月人形を飾ること、七夕、お盆の墓参り、ハロウィン、七五三など、それらの全てをエホバの証人は禁止されている。

ものみの塔協会はクリスマスや復活祭も禁じている。他の宗教だけでなく同じキリスト教のカトリックやプロテスタントなども異端としているからである。ものみの塔協会は自身の宗教だけが正当で正確であるとして他の宗教を一切認めず、信者のエホバの証人に対して一切接触しないように求めている。





恥と痛みの記憶

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。そのためものみの塔協会に洗脳され言いなりになっている両親によってほぼ全ての伝統行事への参加が禁止されていた。私が子供の頃はこういった年中行事が学校で行われる度に寂しく心細い思いをしたものである。これが小学校の高学年になると恥の感情に近づいていった。自分は他の人と違って特殊なのであるということがとても苦痛だった。

節分の豆まきのために教室の後方に下げられた机の群れの中で子供の私だけが自席に座っている。全ての机を下げたために自分の席のスペースが狭く机がお腹に密着している。周囲の机が迫ってきて自分の腹が押しつぶされているような感覚に襲われる。その痛みと重みをお腹に感じながら嬌声を上げて節分の豆をぶつけ合っている同級生を見ていた。逆に同級生から見られたり、ふざけ半分で豆をぶつけられたりすることがないように出来るだけ目立たないようにしている。誰も私に気づかないでくれと願う。

「鬼は外」「福は内」

私が外に出ていきたい気持ちになる。自分はのけものだという思いが強烈に心に広がる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。