カルト被害者の死

亡くなったカルト被害者

私は物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられた。その元凶となったのがT姉妹という女性のエホバの証人である。エホバの証人はお互いを○○姉妹、○○兄弟と呼び合う。このT姉妹が私の家を訪れ未信者だった私の両親をエホバの証人の世界に引きずり込んだのである。エホバの証人的に言うと真理に導いたということになる。

この姉妹が私の家を訪れなければ私は普通の幼少期、少年期を過ごし私の家族も崩壊することもなかったはずである。あくまで”はず”である。もう大昔のことでこんなことを言っても何も始まらない。他のもっと激しく危険なカルトにはまって家族まるごと死んでいたという可能性もある。カルトに引きずり込まれる人にはある種の弱さや隙があったのである。

今となってはこのT姉妹を恨んだり責めたりという気持ちは私には一切ない。確認したことがないので知る術はないのだが両親にしても同様だろう。このT姉妹も実はものみの塔協会によるカルト被害者なのである。実はこのT姉妹は30年以上前に若くして亡くなっている。





死を巡るエホバの証人の境遇

幼い私にT姉妹は優しかった。両親とも仲良くしていたように記憶している。そのT姉妹がまだ40代くらいだったと思うのだが若くして亡くなってしまった。ガンが何かの病死だった。彼女は動けなくギリギリまでエホバの証人として報われない誰のためにもならない不毛な活動をしていた。それだけならともかくエホバの証人としての活動は有害でしかない。

エホバの証人は葬式をしない。ものみの塔協会が禁止しているからである。キリスト教式でも日本風のお坊さんを呼んでという形式のどちらの葬式も行わない。このT姉妹にしてもそうだった。王国会館でお別れの式と称してエホバの証人信者だけでしめやかに別れを悼んだのだった。

T姉妹の旦那さんはエホバの証人ではなかった、2人いた子供たちは成人しているかいないかくらいだったが、片方は熱心なエホバの証人でもう片方は組織を離れていた。家族の中でもT姉妹の死を巡ってもめたはずである。旦那さんは通常の葬式を出したかったようだ。信者でない息子にしてみればT姉妹の遺骨を墓にいれ自宅の仏壇に置きたかったはずである。

エホバの証人は墓に埋葬されることを望まないのである。T姉妹の願い通りに熱心な信者だった片方の娘と同じ会衆の信者たちが強引にエホバの証人方式でT姉妹を送ったのである。骨を一切残さずT姉妹は火葬されたのだった。

でもT姉妹は楽園で復活するからと両親をはじめとした会衆の信者たちは言うのである。子供の私もこれを信じて疑わなかった。しかしあれから30年以上経ち未だハルマゲドンは起こらない。よってT姉妹の蘇りも起こっていない。そもそも金輪際そんなことは起こらない。人は復活などしない。今の生涯だけが全てである。何かを残したければそのために励むしかない。来世への妄信から生み出されるものは何もない

T姉妹の遺骨は残らず燃やされてしまった。その状態から復活することなど有り得ないだろう。せめて遺骨だけでも残しておけばDNAから復元が可能だったのかも知れないのに皮肉なものである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。