時限付き死刑宣告

カルトをやめるために

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。14歳のときに自分の意思でエホバの証人をやめたのだが、この一番の原因となったのはサッカーに熱中したことである。結局このサッカーも数年で飽きてしまったのだが、それでもエホバの証人に戻りたいと思うことは決してなかった。サッカーはエホバの証人をやめるための一つの要因でしかなかった。特にサッカーでなくても何でも良かったのだが何らかの要因があるとカルトをやめるための強い意思を持てるのである

人間の生は儚い。人の一生は短い。死んでしまえば全てが終わりである。死ねば人は無になり土に帰るとものみの塔協会は教えている。輪廻転生したり成仏出来ずに苦しんだりということはないのである。ハルマゲドンで死ねばそれで全てが終わる。一瞬の恐怖の後に永遠の無がやってくる。ならば限りある生を充分に生きるべきではないだろうか。10代前半の未だエホバの証人2世だった私はそう思っていた。

サッカーに熱中していた私は王国会館での週3回の集会や休日のほぼ全てを失う伝道奉仕活動に時間を使うよりもサッカーをしたいと考えていた。息を切らして走っている時間そのものが人生だと考えていたのである。

人生を搾取するものみの塔協会

堅苦しい教義に縛られて永遠に生きるより、今この時にしたいことをするべきだと私は思い始めていた。これが中学2年生のときでこの時間はもう帰って来ない一度限りの一瞬なのだと自覚していた。だから何よりも早くエホバの証人をやめてサッカーに熱中すべきだと思っていた。

私は物心ついた頃から自分の全てをものみの塔協会に捧げるように教育されてきた。幼少期の親と過ごす時間、小学生の放課後の時間、それら全てを失ってしまったことに気付いていた。そのかけがえの無い時間はもう戻ってこない。ならばこれ以上失ってはいけない。ものみの塔協会に私の限りある人生をこれ以上搾取される訳にはいかないと14歳の私は考えていた。

そして小学校高学年からずっと考え続けてきたことをようやく実現することが出来た。14歳の秋に両親に対して決死の思いで告げたのである。もう集会にも奉仕にも行かないと。これは自身に時限付き死刑宣告をしたのと同然だった。エホバの証人をやめた私は近いうちにハルマゲドンで滅ぼされて死ぬのである。

深い洗脳状態にあった私は神エホバやキリスト、彼らがもたらすこの世の終わりについて疑うという発想が全くなかった。これが子供の頃から深く、深く刷り込まれてきたエホバの証人のマインドコントロールの恐ろしさである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。