エホバの証人2世が特権より欲しかったもの

エホバの証人2世にとっていらない特権

エホバの証人用語で特権というものがある。これは簡単に言うとエホバの証人組織内で出世するということである。日曜日の集会で公開講演を行うことになる、何千人も集まる巡回大会で講演をすることになった、会衆内の長老に任命された、エホバの証人的にはこれら全てが特権を得るということになる。組織内でエホバの証人的な立ち回りを上手く続けていると特権を増していくことになる。私は物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられていたのだが、そういう組織内で出世していくようなタイプの信者にはなれそうも無かった。

私は幼い頃からものみの塔協会が禁じている暴力や心霊現象を扱うテレビ番組を両親に隠れて見ていた。このテレビ番組の禁止レベルが非常に厳格で私の子供の頃だとキン肉マンやゲゲゲの鬼太郎クラスでNGだった。隠れてテレビを見ていて親に見つかりそうになったり、テレビを見ることの出来る決められた時間を超えたりするのに伴って両親に対して常習的に嘘をついたりすることになった。

またテレビゲームだとかプラモデルといったこの世のものが与えられることがほとんどなかった。エホバの証人にとってふさわしくないというのがその理由である。自らそういったものを手に入れるために万引きをしてみたり親の財布から金を抜いたりと、普通の子供にとっても悪と思われることをするようになっていた。





エホバの証人2世にとってものみの塔協会の特権よりも欲しいもの

小学校の高学年から中学生になれば性の欲求を抑えることなどは出来ず、常習的にマスターベーションを行うようになった。これもものみの塔協会が禁じていることである。また女性を性の対象として見つめそれを激しく欲するようになった。姦淫、淫行を禁じるものみの塔協会の教義をこの先守り続けることが不可能なことは明らかだった。ものみの塔協会の教義にのっとれば性交渉が可能になるのは結婚した後なのである。

何よりこの世の名誉や名声を手に入れたいと私は思い始めていた。それもエホバの証人にとって禁じられている思想である。莫大な富も欲していたし手に入れられるものは何でも手に入れたかった。

エホバの証人2世として子供の頃から変人扱いされ親族や近所の人からは可哀想な目で見られ続けてきた。そういった他者の視線を気にするあまりにいつか全ての人を見返してやりたいと思うようになっていた。この頃の私に思いつくその方法はエホバの証人の言うところのこの世の事物の体制で価値のあると考えられているものを手に入れることだった。エホバの証人の楽園に入る、会衆内での特権を手に入れる、そういったことはエホバの証人組織外部の人間に認められたいと思っていた私にとって何ら価値のあるものでは無かった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。