思考停止状態のエホバの証人

エホバの証人をやめるための勢い

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。両親ともに熱心なエホバの証人である神権家族で成長した。しかし私は小学校の高学年の頃からエホバの証人をいつかやめたいと考え始めた。この段階で両親の顔色を伺うためにバプテスマを受けていたら私の家族関係は今よりも悪い状態になっていたに違いない。

現在の状況でも両親は離婚して別居している。双方が死ぬまでに顔を合わせることはもう無いだろう。私も父親とは数年に一度会うか会わないかである。もしも私が偽りのバプテスマを受けていたら遅かれ早かれエホバの証人組織から排斥処分になっていたはずである。

エホバの証人を実際にやめた14歳の頃の私はサッカーに熱中したいという自分の目的のためならば家族の崩壊すら厭わなかった。ある意味怖いもの知らずという状態である。しかしこれくらいの勢いがないと幼い頃から培われたものみの塔協会による洗脳状態から脱することは難しい。

自分が滅ぼされるだろうハルマゲドンや天上から我々を監視している神エホバはやはり恐ろしい。そして親の言うことは絶対に間違っていないというふうにも洗脳されている。しかしエホバの証人の親でも間違った選択をすることがある。

伝道で自宅に訪れたエホバの証人を家に上げたこと、そして王国会館に通い始め家族丸ごと洗脳されてしまったこと、エホバの証人の子供の親は既に大きな過ちを犯しているのだ。しかし深い洗脳状態にあるエホバの証人2世にはそんなことが解るはずがない。またエホバの証人をやめることは親を裏切ることと同義であるともエホバの証人2世たちはマインドコントロールされている。

何らかの勢いをつけないとエホバの証人2世はものみの塔組織から去ることが出来ない。子供の頃から受けたものみの塔協会による洗脳はそれほど深いのである。





エホバの証人よ自分の頭で考えよう

本来なら親と違う宗教を信奉することぐらいで親を裏切ることにはならない。親と違う政治家に投票することが親を裏切ることになるだろうか。親には親の価値観や信念があり子供には子供の考え方があってしかるべきなのだ。

それをこうあるべき、かくあらねばならないと絶対的に画一的思考を押し付けるのがエホバの証人のマインドコントロール手法でありエホバの証人的思考である。エホバの証人にとってはものみの塔協会の言うことは絶対なのである。彼らは自分の頭で物事を考えることが出来なくなっている。ものみの塔協会による洗脳で思考停止状態に陥っているからである。

よく考えてみよう。そもそも存在すら疑わしい神と自分の子供とどちらが大事なのか?神だと答えてしまう人は頭を冷やすべきだ。怪しげな永遠の命という期待とかけがえのない今という一瞬のどちらが大事なのか?今という一瞬を粗末にしてだらだらとした将来の永遠に期待するなど怠惰の極みである。しかも将来の永遠の命というのは幻想なのだ。死んで無に帰してジ・エンドなのである。今の一瞬は二度とない。王国会館に行って伝道奉仕活動で歩き周るという時間の浪費をすぐにやめるべきである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。