バプテスマと排斥の因果関係

エホバの証人2世のバプテスマ

私は家族全員がエホバの証人信者である神権家族でエホバの証人2世として育てられた。父親は会衆の長老、母親は正規開拓者でエホバの証人的にはサラブレッドとも言える最悪な状況にあった。エホバの証人の2世信者の中には小学校高学年ぐらいからバプテスマを受け始める子供が現れ始める。バプテスマとはものみの塔協会に対する献身の儀式である。私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人の家庭で育ったのだが、中学生になってもなぜかバプテスマの献身の儀式を先延ばしにされていた。

私はエホバの証人をやめたいといつも強く願っていたし、ものみの塔協会に献身したいなどとは全く思っていなかった。ただ親から求められれば仕方が無いので偽りの献身をしただろう。表立ってはエホバに従っているものの隠れた場所ではものみの塔協会の戒律を破り心中ではエホバの証人をやめたいと私は思い続けていた。献身の儀式も私にとっては本当にただの儀式でしかなかったのである。

私のバプテスマが先延ばしにされていたのは私にそのつもりが全く無かったことが第一の要因である。しかしそれとともに両親による私に対する愛情もあったのではないかと今の私は考えている。

ものみの塔協会から私を守った両親

バプテスマと呼ばれる献身の儀式を受けるとエホバの証人の会衆内の信者からは○○兄弟と呼ばれることになる。女性だったら○○姉妹と呼ばれるのだ。こうして正式な信者となって組織に献身してしまうと罪を犯したときの処罰が重くなる。

背教行為や輸血は無論のこと、未婚のままに性交渉に及んだり喫煙しているのが見つかったりすると会衆からの排斥処分となってしまう。献身していない正式な信者でなければ親にこっぴどく叱られて終わりである。

私は14歳の秋に両親にエホバの証人をやめると告げた。小学校高学年から中学2年生の秋まで悩み続けて出した結論である。私はものみの塔協会に献身していなかったので、エホバの証人をやめてから背教まがいのことを口にしても排斥の憂き目を見ることはなかった。私としては一生エホバの証人組織に戻るつもりは無かったので排斥になっても何の問題も無かった。しかし未だにエホバの証人信者でありものみの塔協会による強烈なマインドコントロール下にあった両親にしてみればそうとも言えなかった。

排斥処分はエホバの証人的村八分である。家族であっても排斥者に対して必要以上の接触は禁止されているのである。また排斥となればハルマゲドンを生還し楽園で家族一緒に永遠に生きるというのは困難なこととなる。突拍子もない話ではあるが洗脳状態にある両親にとっては本気である。一人息子の私を排斥にする訳にはいかなかった。こうして私のバプテスマは両親により先延ばしにされていたのである。皮肉なことに結果的には私は両親によってものみの塔協会へ献身する馬鹿げたバプテスマから守られていたのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。