友達のいないエホバの証人

友人関係を構築しにくいエホバの証人2

私は両親ともにエホバの証人という神権家族で育った。14歳の時に私はエホバの証人2世をやめ、その後父親、母親の順でエホバの証人組織を去った。父親と2人でじっくり話す機会というのは私がエホバの証人組織をやめた後ではほとんど無くなってしまった。その父親からこう聞いたことがある。両親が離婚して父親が家を出て7~8年ぶりに再開した時の話である。

「お前を友達の出来にくい育て方をしてしまった」

この話をしたのは私が30歳くらいの時だった。エホバの証人組織をやめた後の高校時代の友人との付き合いが今でもあることを話したのである。この時に父親はそう言ってその友人たちを大事にするようにと、そういう友人が私にいることを嬉しいと言ったのである。

私の両親はエホバの証人2世という特殊な環境で一人息子の私を育てることになった。このことを父親は深く後悔していた。良かれと思ったことが間違いだったのである。私には両親を責める気持ちは一切無い。しかし息子のいる私としては決して同じ誤りを繰り返してはいけないと思っている。

宗教臭のする行事に一切参加せず、週3回の王国会館での集会、週末には子供の頃からネクタイを締めて野外奉仕活動である。こんな変わり者のエホバの証人2世にはなかなか友人ができないだろう。





全ての友人を失うエホバの証人

お互いにエホバの証人をやめて7~8年ぶりに父親と再開した時の話である。私の父親には友人と言えるような人がこの時には既にいなかった。エホバの証人組織に入ったことで旧友との交際関係は絶たれてしまった。

父親はエホバの証人の会衆の長老というトップの立場で、エホバの証人の大会では何千人もの前で講演するようなポジションだった。しかし自分の親族や古い友人などに対して、エホバの証人としての証言に熱心ではなかった。これが私の母親とは違うポイントだった。

下手にエホバの証人的アプローチをしなかったからといって、友好な関係を継続できるという訳でもない。結局は自分の第一としている信仰について身近な人に積極的に話せなかったのである。自身の信仰に迷いがあったのかそれを証言することに気まずさがあったのか、それは定かではない。さらにものみの塔協会は世俗の交わりを避けるように求めてくる。自身と信仰を共にしない旧友、親族とは必然的に距離を置くしかなくなる。

父親は喫煙を再開しており、これはエホバの証人組織からの排斥となる事案である。エホバの証人組織側の人間にしてみれば忌避する対象者である。逆に父親としてもものみの塔協会を宗教と呼んで嫌っていた。エホバの証人組織内の人々については父親が組織をやめたことで、もはや友人関係が継続するはずがなかった。こうしてエホバの証人をやめた私の父親は全ての友人関係を失うことになってしまったのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。