子供にとって悪影響でしかないエホバの証人という宗教

傷付けられるエホバの証人2世の子供たちの自尊心

エホバの証人2世の最も大きな特徴は他者の視線を必要以上に気にすることである。これには小さな頃から奇異の視線を浴び続けて育ったことが影響している。学校の行事に参加しないことで同級生や先生からは変わり者扱いされる。親族からも心配され、憐れみの視線を投げかけられる。隣近所にも伝道と称して子供自らがブザーを押すことを求める親もいる。私の親はまさにそうだった。

中学生の頃になると同級生のいる地区を伝道で回るのが何よりも嫌だった。しかし私の両親は完全にものみの塔協会の洗脳下にあったので、同級生の視線を嫌がる私の信仰が弱いと信じ込んでいた強制的に同級生の生徒が住む地区をカッターシャツにネクタイを締めて回らされたのである。これは私がもう王国会館にも伝道奉仕にも行かないと両親に宣言した中学2年生の秋まで続いた。思春期の多感な時期に、親から嫌がらせとも思える理不尽な扱いを受けたのである。





私の自尊心は傷付き、エホバの証人である姿を誰にも見られたくないと強く思うようになっていった。ネクタイを締めて親と一緒に近所を歩き回っている時だけではなく、常にエホバの証人である自分が恥ずかしくて仕方がなかった。こうして私は必要以上に他人からどう思われているか、どのように見られているかを気にするようになったのである。

 

エホバとキリストから無限に浴びせられる監視の視線

エホバの証人の子供たちは小さな頃からエホバという神の存在を意識させられる。そのためエホバやキリストから常に見られていて、こうしなければならない、こうあらねばならないという強迫観念にも似た思いを抱えることになる。エホバの証人の会衆内では信者が常にお互いを監視し合っている。常にどう振る舞うかということを誰かに見られているような気がするのである。

これでは自分が全く無い。この意識から自由にならなければ何も成し遂げられないだろう。果たして私は今でも完全に自由になれたと言えるのかどうか定かではない。

 

エホバの証人という宗教の本質

この自意識は子供の本人らしい伸び伸びとした成長の妨げとなる。そしてエホバの証人の子供たちは、親や他の信者同様に陰口の多い嫉妬深い大人へと成長していく。また私のように法を軽んじ、命を粗末にする若年期を過ごすことになる。

子供の教育という点でエホバの証人という宗教に魅力は一切ないのである。全てまやかしであり子供に対して強烈な悪影響を与えるのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。