エホバの証人2世がエホバから完全に自由になることの困難さ

無意識下に残るエホバの証人的思考

ものみの塔協会の洗脳状態からの解放に至っても、私は未だにエホバの証人的なものの考え方からは自由にはなれなかった。エホバの証人のこうあるべき、かくあるべきという決めつけ型思考を捨て去ることが出来なかったのである。

私の20代はいかにしてエホバの証人らしく生きないかということを重視しすぎることになった。エホバの証人を辞めたので、反ものみの塔的生き方をしなければならないと思い込んでいたのである。これが無意識下に残るエホバの証人的思考だった。





逃れられないエホバという呪縛

エホバの証人を辞めた後の私は、反ものみの塔的なものの代表として、酒、タバコ、ギャンブル、ポルノ、無差別的な異性との交際、セックス、そういったものに多大な時間と経済力、労力を費やすことになった。必死に非エホバ的人間になろうとしていたということを考えると、エホバから完全に自由になっていたとは決して言えない

私は、もうすぐ40歳という今でもエホバの証人の2世だった頃の夢を見る。やはりまだ心の一部分をエホバが占有し、それとの戦いの日々は続いているのである。むしろエホバから自由になることは出来ないと認め、その上で今後の生き方を模索していかなければならない時期に来ていると考えている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。