『カルト宗教信じてました。』

エホバの証人2世の実体験のコミック

エホバの証人2世の実体験をコミック化した本です。洗脳が解ける瞬間が鮮やかに描かれています。この本の作者はネットの情報や組織外の書籍を見て、エホバの証人の洗脳が解けています。ものみの塔協会が外部の情報に触れさせないようにしているのは、この解脱が怖いからです。

 

この本の作者は元々、エホバの証人組織の教義に懐疑的でした。信者の頃から自信の子供の輸血を承諾していたり、エホバの証人組織が強要する子供への体罰も行っていません。エホバの証人と言えば輸血は絶対禁止、子どもへの体罰(虐待)推奨の組織です。

この本の作者は、エホバの証人に洗脳されつつも、自分の頭で思考する能力がまだ残っていたのです。それでも、ハルマゲドン、その後の地球のパラダイス化という突拍子もないエホバの証人の教義にはしっかりとマインドコントロールされていました。

どんないい加減な教理でも、子供の頃から繰り返し繰り返し、刷り込まれると脳に染みついてしまうのです。まるでナイフで木に刻まれた文字のように。

この世の真理とは

楽園とハルマゲドンの教義についてです。この本にも書かれていた真理があります。これに気づければあなたもエホバの証人を止めることが出来ます。

ハルマゲドンでこの世の人が滅ぼしつくされ、エホバの証人しか存在しなくなった地球は決して楽園ではありません。そんな魅力のない退屈な世界で永遠に生きていくのなら、ハルマゲドンで死んでも良いから、『今』の一瞬を全力で生きるべきです。

幸いなことにエホバの証人の教えでは、神エホバに背いて、全力で生涯を全うしてハルマゲドンで滅ぼされても一瞬で死ねます。死後に永遠に地獄を彷徨ったりなどということはないのです。ならば一択、エホバの証人だらけの禁欲生活を永遠に続けるなんてあり得ません。限りある人生を自分の選択で生きるべきです。

そもそも人生は一度きり、寿命や事故で死ねばそれで生涯は終わり。火葬で燃やし尽くされて、骨だけになった人間が復活なんてするはずがありませんよ。これが真理です。

 

重く伝わってくる言葉の数々

作中には赤裸々な体験が語られています。経験者のエホバの証人二世なら共感できる部分が多いと思います。

エホバの証人は美人が多い

↑これはどうかと思います。確かに私が子供の頃(20世紀の話)は、美人な信者も多少はいたような気もします。そんな人々も今では人生を浪費し、見る影もなくなってしまっているのが落ちかと。例え若くても、間違いなく古風なメイク、服装なので好みの分かれるところです。

子どもは成人までに親と絶縁して宗教を辞めるか心を病むか

親と絶縁させる宗教など何の意味もないですよね。そんな親たちも、元を正せば、ほとんどが子供の教育に悩んで入信したのです。それなのに終着地点は家族の崩壊とは何とも皮肉なものです。

心を病む若い信者も多いでしょう。子供の頃から愛する両親に虐待され、学校でも恥を忍ぶ我慢の日々、過剰な自意識にさいなまれることになります。若い世代で自殺者も出ているそうです。自ら命を絶たせたり、精神を病ませるとは、救いどころかものみの塔協会は災厄そのものです。

エホバの証人は貧困ビジネス

信者に学が無く、貧乏であるほど神にすがるようになる

高学歴なエホバの証人2世というのはいません。組織にとって都合が悪いからです。私はド田舎の公立中学校に通っていましたが、学校の成績は良かったです。普通の大人のエホバの証人よりも頭が良くて、口が達者だったので、大人の信者相手にも教義の矛盾を突いて心でニヤニヤしていました。

こんな信者だらけになると都合が悪いですよね。ですからものみの塔協会は進学に対して否定的です。さらに弁護士になったりすると一般の信者の目の届かないところに隔離され、特権的に扱われます。元信者から性被害や虐待など訴えられた時の裁判要員になるのです。

組織も間違いを犯すというのはおかしい

神の名を語るなら一点の曇りも許されません

この点に現役の信者も気付けると良いのですが。終末の預言をはずす都度、ものみの塔協会は言い訳して信者を欺き続けています。頼りにならない組織からは離れるべきです。そんないい加減な集団に自分の人生の全てを捧げていいものか、よく考えて下さい。

子供たちだけには、信じない自由を与えてあげてほしい。神のフィルターを通さなくても、存分に愛してあげてほしい

私もエホバの証人2世として、自分の子供には私と同じような悲劇にあって欲しくないと思っています。熱心なエホバの証人だった両親を半面教師として以下の指針を掲げています。

子供を無条件で愛すること。

子供本人に生き方を決めさせること。

決めさせるために、自分で考える能力を養うこと。

こんなことは、エホバの証人の親には決してできないことです。

違うタイプのエホバの証人2世の体験を綴ったコミック↓

『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。