エホバの証人(JW)2世の子供、親に対する条件付きの愛

エホバの証人の子供、条件付きの愛

エホバの証人(JW)という宗教の2世信者だった私は、親を捨てる覚悟でエホバの証人からの脱会を決意。14才の秋、大昔のできごと。

エホバの証人はエホバの証人しか愛さない。エホバの証人の親は、子が「エホバの証人であるなら」という条件付きの愛しか持っていない。そういった内容の昨日の記事を書いて以来、考えていた。

私は、異常に熱心なエホバの証人だった両親を捨てる覚悟が出来ていた。そんな冷酷な私は、親に対して条件付きの愛しか持っていなかったのではないかと。悲しいが仕方ない。そんな薄情者だから今の自分がある。

エホバの証人の親は持ちえずとも、子は持つと言われる無償の愛、無条件の愛が私にはなかった。私の親に対する愛は条件付き。両親が「エホバの証人でないなら」という条件付きの愛情。

『解毒』~エホバの証人が持たない無償の愛

人生の答え合わせは出来ないのなら・・・

“エホバの証人(JW)2世の子供、親に対する条件付きの愛” の続きを読む


カルト宗教の家庭が、狂気のモンスターを生む理由とは

子供に宗教を強制するカルト

よく言われるのが、「エホバの証人の親は条件付きの愛しか持っていない」ということ。親に限らず、エホバの証人はエホバの証人しか愛さないように組織のものみの塔側からコントロールされている。

エホバの証人2世=親の宗教を押し付けられた子供。エホバの証人2世のケースで、親の是認を得られるのは、子がエホバの証人であればということになる。それが条件付きの愛。

親に愛されたいと思わない子供はいない。幼い子供であればなおさら。親の保護がないと自身の生存に関わる。生物の本能として親の愛を得ようとする。

その立場の差を利用して子供にカルトを押し付けようとするのだから、エホバの証人の親も、子を洗脳する方向に指導するものみの塔協会も相当にたちが悪い。

宗教を信仰するか否かは子供の自由だというのが、エホバの証人側の意見だろうが、保護者という地位を濫用しての宗教押しつけは、強要以外の何ものでもない。

さらに、私の世代のエホバの証人2世の場合には「懲らしめ」という体罰が横行していた。エホバの証人の組織主導で親たちに子供のお尻を引っぱたかせていた。

痛みに対してはストレートに服従せざるを得ない。動物の調教と同じ。エホバの証人2世の子供たちは宗教の強要という人権侵害に屈せざるを得ない。

カルト宗教2世被害者の「逆恨み」、理不尽な現実から安直な方法で逃避しない

カルト宗教2世の賭け

“カルト宗教の家庭が、狂気のモンスターを生む理由とは” の続きを読む


『星の子』~計算された後味の悪さ、宗教2世問題の本質

宗教2世問題の本質とは

宗教2世がテーマの邦画『星の子』、AmazonのPrime Videoでプライム会員無料になっていたので、早速視聴。ゴリゴリにネタバレするので、未視聴の方はご注意を。

キャストは豪華で、芸能事情に疎い私でも知っているキャスト多数。主人公は中学生で、アラフォーの私が忘れかけていた感覚がキッチリ描かれている。

今どき中学生が果たしてこの映画みたいなのかは分からないが、この年頃の子供が持つ普遍的な感覚は映像から匂いで伝わってくる高レベル。

なのだが・・・

 

 

以下、本当にネタバレ

 

 

なのだが、後味は悪い。主人公が最後まで救われなかったから。エンディングまでに詳細を語られない方式なので、解釈次第では、主人公の洗脳が解け始めている、もしくは解放済ともとれる。

宗教2世の問題は、本人の洗脳も大いにあるのだが、最大問題は保護者との関係。その保護者と肩を抱き合って終わるというのは何とも。

そして、その保護者は一切、マインドコントロールからの解放の気配がない。それでも主人公を深く愛している、または愛しているつもりというのが、宗教2世問題の本質。

エホバの証人の親は思考停止洗脳状態の「親のような者」

家族の無条件の愛を感じるにはエホバの証人をやめるしかない

カルトをぶっ潰さない後味の悪さも計算ずく?

“『星の子』~計算された後味の悪さ、宗教2世問題の本質” の続きを読む


エホバの証人親に祟られる?すべてのエホバの証人が解放されるべき3つの理由

すべてのエホバの証人が解放されるべき3つの理由

高齢の親がマインドコントロール下のエホバの証人だったらという話。本人の脳内がどうなっていようと、エホバの証人というカルトに加担する限り、幸せではあり得ないと書いた。それが昨日の記事

そのため、自身が面倒くさくなければ(心身に余裕があれば)、ものみの塔のマインドコントロールから肉親を解放するよう多かれ少なかれ手を尽くすべし。

理由その①として、ものみの塔だって昔から「目ざめよ!」と言っている。
(これは当初は半分冗談だったのだが、あり得ない話ではないかと。ものみの塔は最高に皮肉なギャグで、「エホバの証人よ。マインドコントロールから『目ざめよ!』」って機関紙に名付けたのでは?)

理由その②として、甘辛あってこその人生だから。脳内お花畑人生でゴールってあまりにも無意味。しかもエホバの証人のままでは絶対に幸せにはなれない。カルトに加担するという行為が本人の脳内以外に幸せをもたらすことはないから。

エホバの証人の親に祟られる理由とは?

“エホバの証人親に祟られる?すべてのエホバの証人が解放されるべき3つの理由” の続きを読む


子供の悲鳴を黙殺するエホバの証人の親を反面教師に

悲鳴をあげるエホバの証人の子供の身体

眼瞼痙攣という病気がある。重症化すると視覚に影響が出て失明状態にまで至る。下まぶたが痙攣しピクピクする初期症状から始まって、上まぶたの痙攣に広がり、最終的には自力で眼が開けられなくなる。

子供の頃の私にもこの眼瞼痙攣の症状があった。この疾患の原因にはストレスも含まれているので、まず間違いなく私がエホバの証人(JW)というカルトの子供だったことが理由。

エホバの証人は米国発祥の自称キリスト系新興宗教。日本ではものみの塔聖書冊子協会という宗教法人で活動している。我が家は両親揃ってエホバの証人で、一人息子の私も当然のようにエホバの証人というカルトを強制された。いわゆるエホバの証人2世。

エホバの証人の子供には禁止事項が多く、参加できない学校行事がある度に先生に参加拒否の意思表示をしなければならない。これは相当にプレッシャーだった。

学校行事に参加できないときは見学、もしくは別室待機となる。その都度、クラス中から奇異の視線、ときにはからかいの言葉を浴びる。私にはこれが最も辛かった。

そんな禁止行事がある日には、腹痛などで体調が悪くなることがよくあり、それも精神的ストレスが原因。体調を崩せば学校を休めるので、体の方がよく音をあげた。

禁止事項の多いエホバの証人2世の学校生活は苦難の連続~エホバの証人のできないことまとめ

エホバの証人の親を反面教師に

“子供の悲鳴を黙殺するエホバの証人の親を反面教師に” の続きを読む


エホバの証人のとめどない暴力、決して感謝されない親

エホバの証人の暴力と箸

昨日の記事の続き。体罰で躾けられたエホバの証人2世は、箸を正しく持てるのか?

果たして、箸をちゃんと持てないからと、エホバの証人の親は体罰を加えるのか?箸の持ち方がなっていないからと手をピシっと叩いたりするのだろうか?

これは大抵のエホバの証人には当てはまらない。子供が親の言うことをきかなかったり、一般的な悪事を働いた時にだけ、懲らしめという暴力は発動する。

「どれだけ教えても箸の持ち方が上手にならない」くらいで、懲らしめが作動することは、恐らくほとんどない。

例外として、既に常軌を逸して暴力が日常化している親。愛のムチでも何でもなく、暴力を振るうことに依存している暴走状態の親。こんな親だと、箸の持ち方一つで暴力に走ってしまう。

カルトにハマるような人は精神的に未熟だったり、何かの欠落を埋めようとしている。そんな人が懲らしめという名目で暴力を推奨されると、当初は推奨範囲内で行使していた暴力がそのうちに歯止めがきかなくなる。暴力の虜。

そんな親を持ったエホバの証人2世は、箸の持ち方一つで親に暴力を振るわれたのではないだろうか。

感謝されないエホバの証人の親

“エホバの証人のとめどない暴力、決して感謝されない親” の続きを読む


エホバの証人2世被害者は、箸を正しく持てるのか?

宗教2世被害者は箸をきちんと持てるのか

「エホバの証人2世って箸を正しく持てますか?」という質問をブログ読書さんから頂いた。

某宗教2世被害者の人の箸の持ち方が酷く、その理由が親が宗教にかかりっきり。代わりに2世本人は家族の面倒をみなければならず、箸の持ち方どころではなかった。という被害者本人談をお聞きになったそう。

この点、エホバの証人は懲らしめという体罰で子供を縛っている。箸の持ち方も体罰で躾けるので、前述の某宗教2世とは違い、箸をちゃんと持てるのではないかという仮説を持たれた様子。

結論から言うと、エホバの証人の2世被害者だからという理由で箸がきちんと持てる持てないというのは無い、と思われる。

その宗教特有の儀式で頻繁に箸を使うというのなら話は別だが、そうでないのなら、この宗教の2世信者だから箸を持てないとか、あの宗教の2世被害者だからこの生活習慣ができないというようなものは無いのではないだろうか。

体面を気にするエホバの証人

“エホバの証人2世被害者は、箸を正しく持てるのか?” の続きを読む


ものみの塔(JW)のカレブ動画、問題点を指摘する

JW動画のカレブとソフィアの目が虚ろな理由

昨日の記事の続き。ものみの塔協会製作の子供向けマインドコントロール用動画「カレブとソフィア」を見て気付いた点。

登場人物の目がときどき虚ろになる。これは見事にJW信者たちの特徴を捉えている。よく出来てる。極めてリアリティーある再現。子供のカレブの目までときどき虚ろになる。

いやいや、そこまで再現してどうするの?

昔から、ものみの塔の宗教本にはオカルトの隠し絵があった。その一つの目的は、誰かが信者を面白半分にからかって遊んでいるためだと私は考えている。

「このオカルト隠し絵、気付けるかな?そもそもお前たち、騙されているんだぜ」と。このJW動画も同様。

「カルト信者諸君、君たちは精神を苛まれて、こんなに虚ろな顔つきをしているんたぜ」と。

しかし、今回カレブ動画を見ていて、これは製作者側の良心の呵責によるものなのではないかと思い始めた。

子供向けに、まさに子供騙しの有害動画を製作するというのは相当な巨悪。さすがにクリエーターも良心の呵責に苛まれた。せめてJWの顔つきを虚ろにすることでカルトに対する警告を自ら発している。気持ち悪がって見るのやめてくれと。

もしくは、ときどき虚ろな目つきになるのが、既にJWのスタンダードなのか?よって動画の方もそれを踏襲している。「正しいJWは皆、目が虚ろ」って。・・・そんな宗教やめちまえよ。

ものみの塔協会がオカルトシンボルを出版物に隠しているのはギャグ

ものみの塔協会のオカルトシンボル~記憶にあった3枚の挿絵

ものみの塔の子供に対するマインドコントロール手法

“ものみの塔(JW)のカレブ動画、問題点を指摘する” の続きを読む


エホバの証人、親子累々に及ぼす負の連鎖

元エホバの証人二世の親不孝

今日、コンビニでとある親子を見かけた。母と娘、娘の方は私より年上。50歳くらいか。母親の方はもう老人。親子と断定しているのだが、親子と決め付けられる空気を醸し出していた。

母親の方が必死に雑誌を選んでいて、娘の方が横でその姿を見ている。老人特有の身体の衰えによる不自由さで、必死に雑誌を選んでいる姿は、既に認知症ぎみなのかと思わせるほど。

壮健な年齢であれば、雑誌選ぶのにあぁも必死にならないだろう。それを暖かくでも、嫌そうでもなく、日常の一端として付き添っている娘。

近所の賃貸アパートに老人の親子が住んでいる。父と息子。父の方は100歳近いのだろう。身体の自由が利かないらしく車いす生活。毎日、ケアセンターの車が迎えに来て、日中は介護施設に行っている。

息子は毎日、車いすの父親を家の前で送り迎えしている。息子の方も老人、20年近く前に定年退職しているような年齢に見える。昼間に買い物に出るのを見かけるのだが、年齢が年齢がなので、歩くのが辛そうにも見える。

老人が老人を介護するという社会問題とか、この父子は愛想が悪く、挨拶しても挨拶を返してこない(父親の方はもはや前後不覚なのだろうが)。賃貸での老人二人暮らしで、近い未来に不安を感じているのではないかという諸問題は、今回は全く放っておいて、思うことがある。

近所の父・息子、コンビニでの母・娘の親子を見て、私がひしひしと感じてること。

あんな親子の子供側になれなかった。親孝行な子供になりそこなった。

ということ。

昨日のコンビニで母娘を見たときに、涙が出そうに、切ない気持ちになった。自分の母親があれくらいの年齢になったときに、私は母親の横にいないだろう。

エホバの証人の悲しい父親

エホバの証人、崩壊が約束された偽りの家族

エホバの証人、親子累々に及ぼす負の連鎖

“エホバの証人、親子累々に及ぼす負の連鎖” の続きを読む


「愛情注ぎまくり暴力なし」の教育方針がJWにとってヤバい理由

エホバの証人の親の「懲らしめの鞭」の代わりとは

エホバの証人と懲らしめ(体罰)について最近Twitterで発見したことがある。

かつては、ものみの塔協会が出版物で懲らしめを推奨というか”やれ”と指示をしていた。それが、現在は世情に合わせて、「懲らしめの鞭というのは実際の鞭ではない」と、体罰非推奨の立場に様変わり。まるでカメレオン。

エホバの証人の親が、現在の協会の指令通りに体罰以外の鞭を行使すると、どうなるのか、怖い気もする。精神的な鞭なのか、食事抜きとかなのか(動物かよ)?

どちらにせよ、何らかの罰がないと、子供がエホバの証人活動に従事するはずがない。つまらないし、ダサいし。友達と遊んだほうが一千倍楽しいから。では、どうやってエホバの証人の親は子供を縛るのか?

体罰はダメとなると・・・言葉で精神的に抑圧したり、恐怖心を煽ったりして支配下に置くとか。こっちも相当根が深い。闇が垣間見える。

もしくは、親の愛情注ぎまくりでエホバの証人活動に従事させるか。これは一見、宗教としては正しそうな道。でありながら、やっている宗教がカルトというのは恐怖。このパターンが一番ヤバい。

体罰と虐待によるエホバの証人の幼児教育 子供の心が無くなる 王国会館は2世ロボット製造工場

変態的な懲らしめという児童虐待の犠牲者であるエホバの証人2世

「愛情注ぎまくり暴力なし」のエホバの証人の教育方針は激ヤバ

“「愛情注ぎまくり暴力なし」の教育方針がJWにとってヤバい理由” の続きを読む