エホバの証人二世の子供が感じる初めての違和感は暗黒の始まり

エホバの証人二世の子供が初めて気付く違和感

私は小学校に入る1986年に1度目の引越しをする。エホバの証人の会衆は変わらず、小学校が隣の校区へ変わるだけ。エホバの証人2世の子供は、幼稚園や保育園といった幼児教育を受けない。そのため仲の良い友達と別れるというようなことは無かった。

そもそもエホバの証人2世の幼児にとってはエホバの証人の世界がほぼ全て。引越しした先で、小学校に入学した私は初めてエホバの証人以外の社会に触れることになった

引っ越す前に同じアパートに住んでいた男の子が地元のお祭りに行こうと”はっぴ”を来て誘いに来てくれたことがあった。お祭りは突き詰めると八百万の神々に対する感謝の行事。よって異教のものであるという理由でエホバの証人にとっては禁止事項。私は母親に遮られてお祭りに行くことは出来なかった。

この時に感じたエホバの証人ゆえの小さな違和感を小学校生活では常に味わうことになる。この違和感に気付いたときはすでに遅すぎた。両親は後戻り出来るような健全な思考状態にない。完全にものみの塔協会のマインドコントロール下にあった。子供の私が何を言っても始まらない。逆らおうものなら、待っているのは懲らしめと呼ばれる体罰。

エホバの証人2世の子供が辛い小学校生活を送ることになる理由

“エホバの証人二世の子供が感じる初めての違和感は暗黒の始まり” の続きを読む


神エホバは毒親

僻地へ引っ越していくエホバの証人

今から25年くらい前だが、私の中学生の頃の話。この頃、私はとんでもない田舎での暮らしを強いられていた。私は、生まれは割と都会で、小学校の低学年は郊外都市で育った。

私が小学校4年生のときに、エホバの証人だった両親が血迷って田舎に引っ越した。それは、へき地の田舎がエホバの証人にとって「必要な大きなところ」とされていたから。

必要の大きな所とは、エホバの証人が少ないということ。エホバの証人が少ないため、布教活動に手が回らない。そのため1980年~1990年代前半のことだが、あえてへき地へエホバの証人の布教活動のために引っ越していく信者が多かった。

このため、私の父親は、働いていた会社をわざわざ辞めて、将来を完全に棒に振ることになった。私もこの両親の下、ほぼ生まれながらのエホバの証人の二世信者として育てられ、窮屈な小学校生活を送り、思春期の中学生になろうとしていた。

僻地のエホバの証人二世の中学生

“神エホバは毒親” の続きを読む


エホバの証人二世の子どもはエホバの証人の親に殺される

エホバの証人の懲らしめの鞭とは

私は物心ついた頃に初めて、母親によってエホバの証人の王国会館へ連れて行かれた。当初、小さな私は王国会館で行われるエホバの証人の集会を拒否してぐずっていた。

しかし、父親まで一緒に王国会館へ行くようになり、私も集会の間は大人しくしているしかなくなった。ちょっとでも静かにしていないと懲らしめの行われる部屋へ連れて行かれ、しこたま痛い目に会う。

懲らしめとは完全な体罰で、パンツを脱がされ、声を上げて泣くまでお尻を叩かれる。その後で集会場に戻り、周囲の痛い視線を浴びるのは子供ながらに自尊心が傷つけられた。

逆に両親は聖書の教えに従い、懲らしめのムチを振るっているということで、周囲から絶賛される。そうして微かな自尊心をくすぐられる。こうしてエホバの証人の親たちは体罰は素晴らしいことであると洗脳されていく。

エホバの証人の子供にとってこの世は生き地獄

“エホバの証人二世の子どもはエホバの証人の親に殺される” の続きを読む


エホバの証人の間違った教育方針

エホバの証人の間違った教育方針

私の両親は、ものみの塔協会の言うとおりに私を育てていた。そして、それが完全に絶対に間違いのない方法だと信じ切っていた。理由は、ものみの塔協会の洗脳下にあったから。

両親は、エホバの証人でない親戚やクラスメイトの親についてあからさまに批判することがあった。判断基準は、ものみの塔協会の指導する子育て方法にのっとっているかいないか。たったそれだけ。

今、私が実際に育児をしていて考えるのは、子育てに正解などないということ。子供にとってそれぞれ適切な手段があるし、親の経済・精神状態にもよる。

逆に、何も考えずにものみの塔協会の言うとおりに子育てしていれば大丈夫というのは軽率。安易に安心出来る方法で楽なので、洗脳されている信者は心地よく感じる

エホバの証人のムチという体罰は有害でしかない

“エホバの証人の間違った教育方針” の続きを読む


エホバの証人の禁令下の子どもの日常

禁止事項の多いエホバの証人の子ども

私の子供の頃のことだが、何をするにしても両親の許可が必要だった。両親の許可と言っても、それは両親の裁量ではなく、ものみの塔協会の教義に準じて判断が下される。わが家はエホバの証人というカルトの完全洗脳下にあったからだ。

小学生くらいの年齢になると、エホバの証人の2世信者はものみの塔協会の教義について充分に教え込まれている。そのためサバイバルゲームがしたいだとか、友達と初詣に行きたいなどと言い出すと親にこっぴどく怒られる。

エホバの証人は戦い・戦闘一切禁止。他宗教に関わることも厳禁とされている。クリスマスだとかバレンタインといった楽しい行事の全てが禁止。

微妙な判断が必要なことについて、両親に許可を求めることになる。地域の行事であるキャンプに行きたいだとか、このテレビ番組が見たい、そういったこと。

学校外の任意参加の行事については、私の親からは基本的に許可が出なかった。この世の人々との交流は不必要で悪影響をもたらすと両親が決めつけていた。そのため、任意参加型の行事への参加は、エホバの証人の教義に反していなくても一切認められなかった

エホバの証人の親によって禁止されるテレビ・音楽

“エホバの証人の禁令下の子どもの日常” の続きを読む


偽神エホバの産物である崩壊家族

エホバの証人の住んでいた家は荒れ放題

私の家族はエホバの証人として活動したために崩壊してしまった。家族三人がエホバの証人を辞めたり、洗脳が解けたりするタイミングがずれたために、家族として必要なものが完璧に失われてしまった。

そのため一家離散し、実家が空き家になっている。その空き家を整理するために久しぶりに実家へ入ったのだが、もう何年も誰も住んでいないので荒れ放題になっていた。このお化け屋敷には近所の人も迷惑していることだろう。

両親の部屋にはものみの塔教会の出版物が大量に置いてあり、それを見ると嫌な気分になる。きっちり1冊仕入れるごとに寄付金を献上していたはずなので、莫大な金額を喪失したことになる。

エホバを褒め称える詩編は突っ込みどころ満載

“偽神エホバの産物である崩壊家族” の続きを読む


エホバの証人の親が子供に勧誘活動をさせるのは虐待である

エホバの証人の奉仕活動とはカルトの宗教勧誘のこと

私の両親はエホバの証人で、私は当然のようにエホバの証人として育てられた。エホバの証人の布教活動で自分の学校の学区内を回らなければらない時が、本当に嫌だった。

エホバの証人の布教活動は、ボランティアとか奉仕、伝道と信者たちは自称している。これはソフトに言っているだけで、本来はただの宗教の勧誘。しかもカルトの。ものみの塔協会は、こんな悪事を児童子供に強制している。

エホバの証人たちは、一軒、一軒家を徒歩で回り、このカルトへの勧誘活動を行う。炎天下の真夏でも雪の降る真冬も徒歩で、家々を巡る。

エホバの証人の勧誘活動に出かける時の服装は、基本的に正装。男性信者たちはネクタイを締め、スーツを着る。女性信者もかっちりした清楚な服装。女性のパンツスーツはなぜか認められておらず、基本的に女性は正装する場合はスカート。

エホバの証人の親が行う子供に対する虐待

“エホバの証人の親が子供に勧誘活動をさせるのは虐待である” の続きを読む


『解毒』~エホバの証人が持たない無償の愛

元エホバの証人二世の女性が書いた『解毒』

元エホバの証人2世の女性が書いた『解毒』。エホバの証人の子どもの境遇が克明に描かれている。現役のエホバの証人の人が隠れて読むなら電子書籍がおすすめ。

 

 

子どもに価値観を強制するエホバの証人の親

「子どもが生きがい」となっている親の場合、子どもにとっては、その期待やプレッシャーが大きな負担となることが多い。子どもは、「親の理想を叶えるための道具」ではない。たとえ親子であっても、それぞれに「自分の価値観」や「自分の世界」を持つことが必要

これはエホバの証人の親子以外でも、通常の親子関係でもあてはまること。子どもには子どもの人格、個性、長所がある。親はそれを見極めなければならない。自分と違って当然。自分だって自分の親とは違う一個の人間でしょ。ならば子どもだって親と違って当然。

こういう考え方が出来ないのがエホバの証人の親。自分がエホバの証人ならば、子どももエホバの証人になって当然と洗脳されている。私も両親によく言われた。「お前が大人になってベテルに入ってくれたら嬉しい」と。

ベテルというのはエホバの証人の本部に隣接する出版工場+社員寮のような所。ものみの塔協会の出版物を制作・印刷しつつ、そこで生活する。世俗の仕事をせず、ものみの塔協会に全てを捧げるという人生終わっちゃった人々が若くして入る所。

こんな所に一人息子を入れたいと、自分の価値観をエホバの証人だった両親は私に押し付けてきた。

エホバの証人に欠如している無償の愛

“『解毒』~エホバの証人が持たない無償の愛” の続きを読む


『解毒』~エホバの証人の親が経験する失敗の子育て

エホバの証人脱出女性の書いた『解毒』

エホバの証人組織を脱出した女性が書いた『解毒』。作者は1977年生まれのエホバの証人2世で私と同年代。境遇が似ていたので共感するところがあった。同年代のエホバの証人二世や、その親の世代にもおススメの一冊。

現役の信者の方がひそかに読むならぜひ電子書籍で。

 

 

エホバの証人の子供が下す親の評価

大人になった作者が自分の子供の頃を振り返るシーンがある。そして、まだ若い両親がもがきながら自分たちを育てていたことに気付く。

歳を重ね、知恵がついた自分の視点で親の子育てを批評するのは間違っている

作者は、自分の親は与えうる限りの愛情を注ぎ、全力で子育てをしたと評価を下している。

私の両親も若くして、私を育てた。そして、この作者同様に十分に愛情を注がれた。両親には非常に感謝している。ただ、この麗しい事実は物事の一面に過ぎない。私の両親は作者の母親同様に強烈に洗脳されたエホバの証人だった。

“『解毒』~エホバの証人の親が経験する失敗の子育て” の続きを読む


脱退したエホバの証人二世がやりなおす子ども時代

エホバの証人2世の過酷な子供時代

ものみの塔協会の教義には禁止事項が多く、エホバの証人二世の子どもたちは、とても厳しい子供時代を過ごすことになる。戦闘的だから武器のおもちゃはダメ、攻撃的なゲームは禁止、心霊的なテレビは見たらダメなどと制約が多い。

折り紙で手裏剣を折ったり、新聞紙を丸めて刀のように持つだけでも怒られた。心霊的、悪魔的なものも一切禁止。折り紙で幽霊を折ったり、映画のキョンシーの真似をしてピョンピョン跳ねても叱られる。

こうも禁止事項が多く堅苦しいと、楽しく折り紙を折っていても子供ながらに白けてしまう。私は両親と一緒に好きなものを好きなだけ折って遊びたかっただけ。両親と向き合うとものみの塔協会にまつわることばかりだった。

毎日、家庭での聖書研究(聖書と言っても、ものみの塔協会の出版物なので”ものみの塔研究”というのが正しい)やエホバの証人の集会の予習をさせられた。その後で、ほんのちょっと遊んでくれるだけ。その遊びも全てものみの塔協会のルール通り。

土日にもエホバの証人の活動で遊ぶことはできない。布教活動でクラスメイトの家を訪問したときの恥かしさたるや言葉にはできない。学校の季節毎の行事のほとんどにも参加できず、給食の前の合掌の「いただきます」の時には自分だけキリスト教の祈りのポーズという変態度マックス。

エホバの証人2世信者にとっては学校生活も地獄の日々。

ものみの塔協会の洗脳状態にある哀しいエホバの証人の親

“脱退したエホバの証人二世がやりなおす子ども時代” の続きを読む