エホバの証人(JW)が幸せな生涯を送ることは決してない

エホバの証人という罪を重ねさせない

昨日までの記事で書いている件。肉親、とくに老齢の親が現役のエホバの証人というケース。ものみの塔の完全マイコントロール下にあって、今さら目ざめられても本人が絶望するだけ。それならば、そのまま脳内お花畑のまま寿命を迎えてくれ、という論調に疑問を呈している。

幸いなことに、現在の私の肉親には現役エホバの証人はいない。今でも親がエホバの証人だったら、マインドコントロール下の親が、神の裁きを受ける方が楽だと思うくらいに、激しく糾弾して絶対に続けさせない。

理論武装でこてんぱに教義を打ち破る。それを四六時中、彼らが伝道して回る情熱を上回る勢いでやる。それをエホバの証人の王国会館の集会所でもやる。本人たちがエホバの証人の集会へ出席を続ける限りは。そのまま集会が継続できないくらいに仲間の信者にもやる。えげつないくらいに。

本人たちが精神病むくらい日夜問わず、言い続ける。どうせエホバの証人続ける限り、いずれは鬱病とかになっちゃうので。

「ラッセルの墓はピラミッド、ラザフォードはアル中、ブルガリアで輸血解禁、国連NGO加盟ってお前らが娼婦じゃん。児童性虐待でそこら中で係争中。統治体の根拠は聖書に出てない。」

「もう勘弁してください」となるまで。それくらい私にとっては実の親がエホバの証人としてカルトに加担し罪を犯しているというのは許しがたい。

なので、私の周囲に現役のエホバの証人はいない。よって完全なる他人事、対岸の火事状態。とはいえ、気持ちが全く分からないでもない。私もエホバの証人親にものみの塔を強要された口なので。

エホバの証人が幸せな生涯を送ることが出来ない理由

今までカルト漬けで散々迷惑をかけられた挙句、高齢になって目ざめられて、ものみの塔に人生全て搾取されたと気づく。そして、人生の絶望の淵に立って打ちひしがれている。そんな年老いた親を慰める。抜群に面倒くさい案件。それなら放っておいた方が楽かも。

しかし、確かなのは、現役エホバの証人は脳内お花畑で本人は幸せなつもりなのかも知れないが、それは幸せでも何でもなく最高潮な不幸。冗談じみたものみの塔というカルトに騙されて、家族に疎んじられた人生。この世に残したのは、家族の恨みとカルト野郎という不名誉、そしてカルト活動に加担したという罪。

愛のある家族としては、この連中を救いたいと願うのが正常な感覚。本人の幸せのためという言い草は成り立たない。人様に迷惑をかけるカルト活動に従事した人生が幸せなんてことはあり得ない。


“エホバの証人(JW)が幸せな生涯を送ることは決してない” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください