エホバの証人(JW)の割り当てとは?assignment?

エホバの証人川崎事件の少年と初めての「割り当て」

『説得 エホバの証人と輸血拒否事件』の「第十章 道」より。

エホバの証人の輸血拒否事件、川崎事件を扱った本書。被害者児童が亡くなったのは1985年6月6日。本書によると翌6月7日はこの少年の「初めての割り当て」だったとある。

エホバの証人の割り当てとは?

正式なエホバの証人になるには、段階を踏む必要がある。ここでいう正式というのは献身、バプテスマという儀式を受けること。この儀式を受けたエホバの証人は、組織内で「兄弟、姉妹」と呼ばれる。

亡くなった少年も、断固輸血拒否したその父親も献身しておらず、まだ「兄弟」ではなかった。マインドコントロールの危険度合いは献身宣言の有無には依存しないということだが、エホバの証人の目指すところは、一旦はこの献身である。

仲間内から「兄弟、姉妹」と呼ばれる、馴れ合いの疑似家族空間の仮想温もりがこのカルトの一端を支えている。私みたいにこの馴れ合い環境を気持ち悪いと思う者は、ズブズブ馴れ合い信者に比べれば、脱会へのハードルは低い。

自称「伝道」、エホバの証人のねずみ算的集客システム

エホバの証人のバプテスマとは

“エホバの証人(JW)の割り当てとは?assignment?” の続きを読む


エホバの証人のマインドコントロール大会の狂気に流す涙

エホバの証人の大会とは?

『説得 エホバの証人と輸血拒否事件』から。

エホバの証人の大会に潜入している筆者。エホバの証人の大会。壇上の講演者の煽りと盛大な拍手。否が応でも感じる一体感と温もり。多数の人と同じ方向を向いているという安心感。

それ、全部ウソですから。マインドコントロール用に作られた茶番。スポーツやライブコンサートでも見に行けば、同じ感覚を味わえるから。

「こんな人達と一緒なら・・・、ダマされてもいいや」

いや、ダメでしょ。ダマされたつもりでやって良いのは取り返しのつくことだけ。

取り返しのつかないマインドコントロール状態の人達。その人達と一緒ならなんて思ってしまう段階で、エホバの証人のマインドコントロール大会に呑まれている。

ものみの塔にダマされれば、人生まるっと搾取される。無駄な一生を送ることになる。無駄なだけでなく社会に害をもたらすカルト活動に人生を捧げることになる。親であれば、子供や配偶者をも有害カルト活動に巻き込むことになる。

エホバの証人の献身、ものみの塔に対する人身売買契約

エホバの証人の洗礼~バプテスマという献身の儀式に関する二つの誤解

カルト儀式、エホバの証人のバプテスマ

“エホバの証人のマインドコントロール大会の狂気に流す涙” の続きを読む


エホバの証人(JW)組織が行っている脅迫と殺害予告

エホバの証人が完全入信してしまう理由

エホバの証人二世(JW二世)の論考集『エビのしっぽ』より。

エホバの証人の完全入信「献身・バプテスマ」。人身売買級のヤバさであると昨日の記事で書いた。機関紙「ものみの塔」の中で、存在すら怪しげな神に

  • 永遠に
  • 自分の権利を全て放棄し
  • 命を捧げよ

と、書いてある。エホバの証人に関わると、到達地点として圧力をかけられるのがここ。

エホバの証人組織内では、献身しないと一段下に見られ、正式な仲間とみなされない。エホバの証人たちはお互いを「兄弟・姉妹」と呼び合うのだが、基本的に「兄弟・姉妹」と呼ばれるのは献身した信者だけ。

私みたいな完全部外者からすると、「兄弟・姉妹」と呼び合う気持ち悪い集団には、関わりたくもない。ところが、カルトに片足を突っ込んてしまうような弱点・隙のある人にとっては、どんな激ダサ集団であれ認められることが最重要課題。

未だ満たされたことのない承認欲求を埋めるために、「早くバプテスマを受けなきゃ」となる。マインド・コントロールの始まり。他に何も見えなくなる。

エホバの証人の殺害予告

“エホバの証人(JW)組織が行っている脅迫と殺害予告” の続きを読む


エホバの証人の献身、ものみの塔に対する人身売買契約

エホバの証人の献身・バプテスマのヤバさ

エホバの証人の骨太論考集『エビのしっぽ』から。

エホバの証人の入信「献身・バプテスマ」の戒律について。本書では、エホバの証人の機関紙「ものみの塔」誌から、以下のように引用している。引用の引用。

ものみの塔2017年4月「誓約することは果たせ」

  • クリスチャンが行う最も重要な誓いは、エホバに命をささげるという約束

  • 神への祈りの中で、これからどんなことがあっても、あなたに永遠に仕えるために自分の命を用います、という厳粛な約束をする

  • イエスが述べたとおり、これは「自分を捨て」ること、つまり自分の権利を全く放棄すること

  • 自分の権利を全く放棄すること

  • 生活の中で神のご意志を第一にすることを誓うのです

  • その日から、その人は「エホバのもの」

これヤバくないすか?ほとんど人身売買。絶対お断りなんすけど。

こうして引用の引用で読んでいるから、この文章のヤバさ、ものみの塔の異常さが分かる。

不思議なことに、「ものみの塔」誌面上で読んでいたり、信者に交じってエホバの証人流の「研究・討議」方式で読んでいると、自分を殺して、神に全てを捧げることが正しいことに思えてくる。むしろ、そうすべきと感じちゃう。

だから、大量の入信済のエホバの証人が存在するのだろう。

この要因は、ものみの塔の言うことは絶対正しいという思考停止状態であったり、組織内の強烈な同調圧力であったり。

しかも、全てを捧げる神は存在もしない架空神エホバ。

エホバの証人(JW)の聖書研究、体系だった洗脳手法

ものみの塔協会よ、誓約したことは果たせ

“エホバの証人の献身、ものみの塔に対する人身売買契約” の続きを読む


エホバの証人の優劣を決めるバプテスマ

エホバの証人14才のバプテスマ

古いアルバムを見ていて、発見した写真。

海パン一枚で、風呂オケみたいなプールに下半身だけ浸かっている同級生の男の子。14才の秋。片手で鼻をつまんで、その手の手首をもう片方の手が掴む。目を閉じてうつむき気味。何かに祈っているかのようなポーズ。

写真は連続して撮られていて、中年の男性が同級生の全身を水に浸そうとしている。中年男性の方は海パンに上半身はなぜか白い肌着を着用。

場所は室内で、背景は汚い打ちっぱなしの壁に大きなベニヤ板が貼りついている。場末感ただよう薄暗さ。

周囲に何人かの男女がいて、中には水着の女性も。風呂オケみたいなプールから上がってくる同級生を、その場の皆が拍手で迎えている。

これはエホバの証人のバプテスマという宗教儀式の一コマ。本人たちにとっては神聖なはずなのに、バプテストは昭和のオッサンみたいな白い肌着だし、場所は何だか汚らしい。ツッコミどころは多い。

エホバの証人とは自称キリスト教系の新興宗教。日本ではものみの塔聖書冊子協会という宗教法人格。

バプテスマとは洗礼とか浸礼とか言った方が分かりやすいのかも知れない。エホバの証人がバプテスマを受けると正式な信者と見做される。バプテスマ以降、信者からは「兄弟・姉妹」と呼ばれる。

私みたいに両親がエホバの証人で、生まれつきのエホバの証人二世の子どもがひとまず目指すのがこのバプテスマ。献身の儀式。身も心も「ものみの塔協会」に捧げますという誓いの表明。

ものみの塔協会はハルマゲドンという終末を予言している。清く正しいエホバの証人でなければ、この終末の日に神エホバに殺される。ハルマゲドンさえ生還すれば、エホバの証人たちには永遠の命が授与されるという設定。

この永遠の命欲しさに、エホバの証人たちは布教活動を行い、ものみの塔協会に寄付金を差し出し、エホバの証人活動に心血を注いでいる。そして、その決意表明となるのがバプテスマ。

エホバの証人の洗礼~バプテスマという献身の儀式に関する二つの誤解

エホバの証人のバプテスマとは

親に比較されるエホバの証人の子供

“エホバの証人の優劣を決めるバプテスマ” の続きを読む


エホバの証人たちの奇跡体験は全部勘違い

エホバの証人のバプテスマにおける勘違い

エホバの証人のバプテスマとは、一般的な健全なキリスト教で言うところの洗礼や浸礼の儀式。エホバの証人のバプテスマは、体全体を水の中を潜らされることで完成する。エホバの証人はバプテスマを受けることで、ものみの塔協会へ献身するという意思表明を行う。

ものみの塔協会が造り上げたエホバという神は存在しないので、バプテスマの前後に神の導きのような何らかの強烈な体験が伴うことは無いあるとしたらただの勘違い。

私の母もバプテスマを受けたときに光を浴びたというような話をしていたのだが、晴れていたし普通の日光を浴びただけ。

エホバの証人に神々しい光が降臨することなどない。修験道や修道院の僧侶の修行のような過酷な荒行に挑み、自分の限界を探しているわけでもない。修行の末に自身の臨界点に達すれば、自分と世界の境界に触れるような体験があるのかも知れない。

ただヌルヌルと布教活動だけをしているエホバの証人に、そのような奇蹟体験が訪れることはない。全てはものみの塔協会のハルマゲドンの恐怖による洗脳からきた幻想と思い込み

バプテスマのさなか膨らむ妄想と水着の下半身

エホバの証人が奇跡体験するのは心を病んでいるから

“エホバの証人たちの奇跡体験は全部勘違い” の続きを読む


エホバの証人の洗礼~バプテスマという献身の儀式に関する二つの誤解

エホバの証人のバプテスマに関する誤解二つ

エホバの証人としてある程度のキャリアを積むと、バプテスマという献身の儀式を受けるよう組織側から求められる。普通のキリスト教で言うところの洗礼の儀式。

本人が望んでエホバという神に献身しているつもりなのだが、実情は違う。ここに誤解が二つある。

  1. エホバの証人は望んで献身している訳ではない
  2. エホバの証人が献身しているのは神ではない

エホバの証人は自ら望んで献身している訳ではない

エホバの証人組織内でのヒエラルキーは献身した者>献身していない者。献身した者ほど神に愛されるという建前で、献身している信者ほど組織内で優遇される。

こう序列をつけられると、可能であれば上にあがりたいと思うのが人情。つまりは、本人が心から望んだ訳ではなく、本人が「献身したーい」と望むようにエホバの証人組織側から仕向けられているということ。

この状態にまで至ると、基本的には全員が全員ものみの塔協会によって洗脳されているので、容易にこのルートに乗っかってしまう。

エホバの証人は献身すると「○○兄弟、○○姉妹」と呼ばれるのだが、献身していない信者は「研究生」と呼ばれる。この時点で、研究していない信者は一段階蔑まれている。兄弟姉妹とは認められないということだから。

この兄弟姉妹という呼び方はエホバの証人の排他性も表している。エホバの証人でない者は身内ではないという差別感情。

“エホバの証人の洗礼~バプテスマという献身の儀式に関する二つの誤解” の続きを読む


エホバの証人のバプテスマとは

エホバの証人の洗礼・バプテスマとは

エホバの証人はお互いを兄弟姉妹と呼び合う。女性の信者だったら○○姉妹、男性なら○○兄弟というふう。ただ兄弟姉妹と認められるにはバプテスマと呼ばれる洗礼の儀式を受けなければならない。

バプテスマを受けるとものみの塔協会に献身したということになる。ものみの塔協会に何もかもを捧げる覚悟が出来たということ。この献身の覚悟が出来た者だけしか兄弟姉妹と認められない。カルトっぽい排他的なエホバの証人の組織構造

バプテスマの儀式は大会という大きな単位での集まりの際に行われる。バプテスマを受ける側とバプテストの双方が水着に着替えて、大会会場に設置された小さな小汚いプールでこの儀式を行う。

バプテスマを受ける側の信者が、一人一人バプテストによって水中に一瞬沈められる。心からものみの塔協会に献身していない人は髪の毛が水面に浮いてしまうなどというエホバの証人都市伝説があるが、これは出鱈目。

エホバの証人のバプテスマはものみの塔という組織・偶像崇拝の始まり

“エホバの証人のバプテスマとは” の続きを読む


エホバの証人の罪悪感と贖罪

エホバの証人の不毛で有害な布教活動

エホバの証人信者にとって、布教活動に費やす時間は信者の成績のようなもの。エホバの証人は、伝道者と呼ばれる布教活動をする資格を取得すると自分で布教に充てた時間を記録し、提出することが求められる。

この伝道者にはいとも簡単になることができる。私も小学生高学年の時には、この伝道者という資格をとらされた。そして、伝道者カードと呼ばれる紙に自分の布教活動時間を記載して報告していた。

布教活動にあてる時間だが、正規開拓者と呼ばれる末期の洗脳信者になると年間800~1000時間をこの布教活動に充ててている。そんな多数の時間を、採算の取れない自称ボランティア活動に充てている。

時給1,000円で計算しても、年間80万円~100万円、私の両親は、これにさらに20年という月日が乗算される。現金での寄付も毎月しているので、これだけでは収まらない。

何と非生産的なことだろうか。勝手に自己満足しているだけならまだしも、人の家庭を不幸に追い込み、他人の人生を棒に振らせるための宗教勧誘である。そんな不毛で有害な行為に多額の財産を捧げているのだ。

エホバの証人のバプテスマとは

“エホバの証人の罪悪感と贖罪” の続きを読む


元エホバの証人2世が隠す重大な秘密

元エホバの証人二世の高校デビュー

私は中学2年生のときにエホバの証人を退会。いわゆる脱塔。そして高校へ進学する。この頃は、村民全員が知り合いのような地方の超田舎に住んでおり、私がエホバの証人の子供であるというのは周知の事実だった。

この状態から脱するために、高校は出来るだけ離れた学校を選択した。専門性の高い学校であったために、学区外だったが通うことができた。こうして身の回りに、かつてエホバの証人だった自分を知る人がいない環境へ進学。

私は、ついにエホバの証人でない自分として、高校デビューすることができた。田舎暮らしが嫌で仕方がなかったので、都会(といっても地方の郊外で田舎は田舎であるが)の学校へ通うことも楽しみだった。

そうして進学した私は、いまだエホバの証人だった両親から聞きたくもないことを聞かされる。進学した先のクラスになんとエホバの証人2世が2人もいたのだ。片方は献身までしているという。

献身することでものみの塔崇拝という罪を犯すエホバの証人

“元エホバの証人2世が隠す重大な秘密” の続きを読む