エホバの証人の献身、ものみの塔に対する人身売買契約

エホバの証人の献身・バプテスマのヤバさ

エホバの証人の骨太論考集『エビのしっぽ』から。

エホバの証人の入信「献身・バプテスマ」の戒律について。本書では、エホバの証人の機関紙「ものみの塔」誌から、以下のように引用している。引用の引用。

ものみの塔2017年4月「誓約することは果たせ」

  • クリスチャンが行う最も重要な誓いは、エホバに命をささげるという約束

  • 神への祈りの中で、これからどんなことがあっても、あなたに永遠に仕えるために自分の命を用います、という厳粛な約束をする

  • イエスが述べたとおり、これは「自分を捨て」ること、つまり自分の権利を全く放棄すること

  • 自分の権利を全く放棄すること

  • 生活の中で神のご意志を第一にすることを誓うのです

  • その日から、その人は「エホバのもの」

これヤバくないすか?ほとんど人身売買。絶対お断りなんすけど。

こうして引用の引用で読んでいるから、この文章のヤバさ、ものみの塔の異常さが分かる。

不思議なことに、「ものみの塔」誌面上で読んでいたり、信者に交じってエホバの証人流の「研究・討議」方式で読んでいると、自分を殺して、神に全てを捧げることが正しいことに思えてくる。むしろ、そうすべきと感じちゃう。

だから、大量の入信済のエホバの証人が存在するのだろう。

この要因は、ものみの塔の言うことは絶対正しいという思考停止状態であったり、組織内の強烈な同調圧力であったり。

しかも、全てを捧げる神は存在もしない架空神エホバ。

エホバの証人(JW)の聖書研究、体系だった洗脳手法

ものみの塔協会よ、誓約したことは果たせ

繰り返しの洗脳教育とエホバの証人組織内でのプレッシャーで信者を意識朦朧状態に追い込む。その上で永遠の人身売買契約を結ばせて、記事のタイトル通りに「誓約することは果たせ」。今どきこんな横暴なこと言う奴はいない。

何か売ろうと思っても、後でクレームになるの嫌だから、ここから先は有料です。契約はこうやって解除します。その場合は、日割りで返金です。としっかり説明がある。サービスによっては一定期間はクーリングオフも可能。

商品の販売だと、消費者が保護されているのに、一転、宗教になるとどんな横暴でも許されちゃう。だがら、この世にカルトが存在できるのだろう。

エホバの証人は、献身に関わるいかなる誓約も果たす必要はない。当然、書面も残っていないし(残っていたら人身売買の証拠になるが・・・)、誰の前で誓ったかといえば、存在もしない神。献身の誓約など一切果たす必要がない。

逆に「ものみの塔」に言いたい。「誓約したことは果たせ」と。


“エホバの証人の献身、ものみの塔に対する人身売買契約” への2件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください