エホバの証人の洗礼~バプテスマという献身の儀式に関する2つの誤解

エホバの証人のバプテスマに関する2つの誤解

エホバの証人としてある程度の経験を重ねると、バプテスマという献身の儀式を受けるよう教団側から求められる。同調圧力、無言の圧力によって、ときには直接的にも要求される。

バブテスマというのは、普通のキリスト教で言うところの洗礼の儀式。

本人が望んでエホバという神に献身しているつもりなのだが、実情は違う。ここに誤解が2つある。

  1. エホバの証人は、自ら望んで献身しているわけではない
  2. エホバの証人が献身しているのは、神ではない

エホバの証人は、自ら望んで献身しているわけではない

エホバの証人組織内でのヒエラルキーは、献身した者>献身していない者。献身した者ほど神に愛されるという建前で、献身している信者ほど組織内で優遇される。

こう序列をつけられると、可能であれば上にあがりたいと思うのが人情。しかも、エホバの証人と関わろうなんて人は、世間で劣等感を抱えていたり、心身に不調があったりという人。少しでも誰かに認められたいという心情。

献身しているか、していないで序列はないとエホバの証人は言うだろうが、そんなことはない。キッチリと序列がある。会衆の決議で決を採られるのは献身済み信者だけ。

決議は寄付金の運用・仕様方法がメインになる。未献身信者も寄付はしているのだから、当然決議に加えるべきなのに、そうでない。やはり、ここに序列が存在する。
(※この決議は反対者がほとんどでない既定路線。凄まじい同調圧力が発生している)

エホバの証人は献身すると「○○兄弟、○○姉妹」と呼ばれるのだが、献身していない信者は「研究生」と呼ばれる。この時点で、研究していない信者は一段階、蔑まれている。兄弟姉妹とは認めないということだから。

この兄弟姉妹という呼び方は、エホバの証人の排他性も表している。エホバの証人でない者は身内ではないという差別感情。

エホバの証人組織は、未献身の信者たちが「上に上がりたい、兄弟姉妹として認められたい」といった感情を抱くように仕向けている。つまり、本人が心から望んだわけではなく、本人が「献身したーい」と望むように、教団側から仕向けられている。

私がエホバの証人の子どもだった頃、長年、献身しないままの中途半端な信者がいた。この人は教団の会衆内で問題児扱いされていた。理屈っぽく、ベテラン信者とも徹底的に議論したがるタイプ。

一般社会でも嫌われるタイプなので、エホバの証人の世界に逃げ込んだのだろうが、そこでも浮いちゃったということ。子どもの私も、周囲のエホバの証人の影響を受けて、この人自身に問題があると思っていた。

だが、いつまで経っても、周囲に流されず、安易に献身という道を選ばず、徹底的に物事を考えようとする姿勢は決して間違っていない。流されてマインドコントロールされ、簡単に献身した人たちの方こそ、愚か。

閉鎖した集団の中では、こういう正常な判断ができなくなる。ゆえに、ずっと研究生という人は、エホバの証人の世界では蔑まれることになる。この長年研究生だった人は、最後には陥落、献身してしまった。

どんなに疑い深くても、長年ものみの塔に触れるのがいかに危険かということが分かる。ただ疑い深いだけでなく、論理的に物事を考える習慣がないと、ものみの塔のマインドコントロールテクニックには勝てない。

もしくは、私のように欲望に忠実主義、直感でエホバの証人はダサい、カッコ悪い、嫌い。ハルマゲドンで死んでも良いし、神を敵に回してでも、短い生涯ぶっとく生きてやるという単純さがないと、ものみの塔のマインドコントロールテクニックには勝てない。

エホバの証人が献身しているのは神ではない

献身するエホバの証人たちは、エホバという神様に献身しているつもりなのだが、実状は違う。実際はものみの塔という組織に献身している。

物理的な話だとエホバという神は存在しないので、献身しようがない。そのためエホバの証人たちは、ものみの塔という組織、ものみの塔という偶像に献身している。

エホバの不在は証明しようがないのだが、

「エホバ死ね、エホバファック!」と言っている私が、末永く幸せに楽しく生きることで証明しよう。死の間際、良い人生だったと思えればそれでいい。とにかくエホバは不在。

精神的な話だと、バプテスマを受ける前にエホバの証人たちが誓う内容にある。それが巧妙に組織崇拝型になっている。その話はエホバの証人のバプテスマとはで。


“エホバの証人の洗礼~バプテスマという献身の儀式に関する2つの誤解” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください