エホバの証人をやめた中学生の暴走

私はほとんど生まれながらにしてエホバの証人で、両親は完全なるものみの塔教会の洗脳下にあった。私は14歳のときに自分の意志でエホバの証人を辞めるに至る。いわゆる脱塔。脱ものみの塔。

脱塔宣言の仕方はエホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)

エホバの証人をやめた後の中学校生活は自由そのもの。気ままに送った。縛り付けるものが何もなかった。エホバの証人はものみの塔協会の戒律を守らなければならないのが第一。そして、その次には上位の権威に従えとなる。

エホバの証人の定義する上位の権威とは

ものみの塔教会の教義の中に、上位の権威に従えという戒律が存在する。上位の権威とは、親、学校の先生、政治権力、そういったもの。そういった上記の権威は神エホバが認めた秩序であるとされている。

そうなると、戦争をおっぱじめたり、汚職に手を染めたり、独裁で人種差別をするような権力も神が認めたということになる。これは明らかな矛盾で、この教義はものみの塔協会のこじつけなのだ。現存の権力に真っ向から逆らうと都合が悪いから。

現行の権力者は神が認めたから存在できるのだとしている。民主選挙で選ばれた権力者が、さも神の是認を一旦は得たのだとしている。この教義のため、エホバの証人は、法律や校則を守る優良市民でなければならない。エホバの証人の教義に反しない限りは、社会的模範となる必要がある。

このため、学校でもエホバの証人の評判は意外と良い。先生に喰ってかかるような不良と比べれば、宗教上出来ない儀式はあるが、掃除、当番などの学校の活動は真面目だし、生活態度も良好だからだ。

エホバの証人をやめて実感する生の実感

“エホバの証人をやめた中学生の暴走” の続きを読む


エホバの証人をやめるべき3つの理由

エホバの証人をやめるべき3つの理由

私は、熱心なエホバの証人だった両親のもと、ほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳になる頃にはエホバの証人をやめたいと私は考え始めていた。その理由は3つある。

  1. 人生の実りは、「今」この一瞬にあること
  2. ものみの塔協会の提示する実り、その果実を得ることは出来ないこと
  3. エホバの証人的生き方の格好悪さ

順に説明すると

1.人生の実りは、「今」この一瞬にあること

これは14歳の私が考えたこと。当時、私はサッカーに熱中していて、寝ても覚めてもサッカーをしていたかった。下らないエホバの証人の集会や伝道活動で時間を割かれるのが死ぬほど嫌だった。

今が楽しくなければ、今が輝いていなければ、生きている意味はない。やりたくないことをやらなければならないエホバの証人などまっぴらだった。

これは40才を超えた今でも同じ。若さゆえに人生が輝く訳でもなく(当然、光度は違うが)、楽しんでいるか否かで人生は華やぎ輝くのだ。嫌々にエホバの証人活動をしている「今」には全く意味がない

では、ものみの塔協会の言う果実、実りである楽園に入るまでが辛抱。その後は永遠に楽しみを享受できるという反論がある。それに対しての答えはこう。「今」は一瞬であり、絶対に返ってこない時間だからこそ意味があり、かけがえのないもの。「今」が永遠になったとしたら、ダラダラとした意味のない醜いものになる。

そもそも、永遠の命なんて得られないから。ものみの塔協会の嘘である。ハルマゲドンが来ないとか、パラダイスは虚偽というのは、証明しようがないのだけれど、それを妄信して、そんなものに一度限りの一生を捧げるギャンブルを打つのは愚かとしか言いようがない。

2.ものみの塔協会の提示する実り、その果実を得ることは出来ないこと

“エホバの証人をやめるべき3つの理由” の続きを読む


笑顔のないエホバの証人2世

笑うことの出来ないエホバの証人2世

私は生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。小学生の終わりにはエホバの証人をやめたいと思い始め、中学1年生のときにエホバの証人をやめることを決断する。1990年代前半のことである。この頃の私はサッカーに熱中していて、エホバの証人の活動に充てる時間を自分の好きなサッカーに充てるべきだと思い始めていた。

幼い頃からのエホバの証人の洗脳で私は本当にハルマゲドンという世界の終わりが来ると信じていた。ものみの塔協会によって禁じられているマスターベーションをやめることが出来なかった私はハルマゲドンでこの身を焼き尽くされることを覚悟していた。残り短い生であれば好きなサッカーを思いっきりやりたかった。

エホバの証人をやめるという決意をしてから実行に移すまで1年近く時間を要した。この時期が私の人生の中で一番辛い時期だった。この15年後、私は無茶苦茶な生活をしていて、借金だらけの上、飲酒運転で自動車免許取り消しになって仕事を失いかけた。頭に円形脱毛症が出来るほどのストレスだったのだが、それでもこのエホバの証人をやめるという決断を実行できずにいた14歳の頃に比べれば格段に楽しかった。何かちょっとでも面白いことがあれば、笑うことが出来た。14歳の私は一瞬たりとも笑うことが出来ない闇の中にいた

両親の限定的な愛情に縛られるエホバの証人2世

“笑顔のないエホバの証人2世” の続きを読む


エホバの証人のエロチックな幼児への性教育

エホバの証人のエロチックな幼児への性教育

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。そんな私は小学校の高学年にもなると性的な衝動に強く駆られるようになった。男の子として正常であるし、好きな女の子が出来たというのもあった。

しかしそれ以上に大きな原因があった。本当に小さな小さな子供の頃から過激なエホバの証人の性教育を受けた影響が大きいと私は思っている。マスターベーションはダメだ。肛門や口を使ったセックスは禁止、そんなことをエホバの証人2世は幼児の内から教え込まれるのである。

キスやペッティングは結婚するまで禁止、淫行、姦淫?なんだそれ?という子供にひたすら禁止、禁止と教える。ものみの塔協会の出版物には思わせぶりな写真や挿絵が載っていて、さらに少年の欲望を刺激する。

恐ろしいカルトなので当然なのだが、エホバの証人に関わることは子供の教育に多大な悪影響を与えることになる。そんな訳で私は小学生のうちからマスターベーションに目覚め、好きな女の子が出来て、その子と(最悪別な人でも良いけど)早くセックスしたいと願っていた。

日常的にマスターベーションを行い、その女の子と両想いになって軽くデートまがいのことをしていた。ものみの塔協会はマスターベーションを禁止しているし、ほとんどのケースで結婚前の異性間での交際も禁止である。小学校高学年の私がしていたことはものみの塔協会の教義に反することだった。

エホバの証人の言うところのハルマゲドンというこの世の終わりが来れば私は生きたまま体を焼き尽くされる。それでもセックスしたいという少年の欲望やマスターベーションから手を洗うことは出来なかった。これが1990年代初頭のことである。私は10代前半だった。

エホバの証人のセックスについてはこちら

子どもの未来を決めつけるエホバの証人の両親の間違った教育姿勢

“エホバの証人のエロチックな幼児への性教育” の続きを読む


エホバの証人2世の小学校生活

灰色の小学校生活

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。小学校高学年になるとこの自分の状況が圧倒的に不運であると思い始めた。エホバの証人2世である限り、明日は何ら楽しみでなく日常の景色は灰色だった。

2日か3日おきに抜群に退屈な王国会館での集会がある。この日の放課後は友達と遊ぶことは許されない。集会の予習をしなければならないからだ。この集会では1ヶ月に1回程度の間隔で割り当てというものが回って来る。神権宣教学校というものみの塔協会の教育プログラムに従い自分で考えた5分程度の話を大勢の信者たちの前でしなければならない。この準備も大変だった。

集会の日は友達と遊ぶことも出来ないし、集会の無い日でもエホバの証人でない友達と遊ぶことに対して親は良い顔をしなかった。集会の無い土曜日も学校が終わった午後になると野外奉仕活動と言われるエホバの証人の布教活動に出なければならなかった。

私が小学生の頃は土曜日の午前中はまだ学校があった。途中で学校も完全週休二日制になったのだが、私にとってはこんなものは嬉しくも何ともなかった。結局はこの野外布教活動に参加しなければならない時間が増えただけだった。楽しみなど何もない小学校生活だった

エホバの証人の子供の体罰からの卒業

“エホバの証人2世の小学校生活” の続きを読む


田舎へ引っ込む理由はものみの塔という偶像のせい

田舎暮らしのエホバの証人

小学校4年生になるときに私の一家は北陸の田舎へ引っ越すことになった。両親双方が北陸出身だったので、両親それぞれの実家の間に引っ越すことになったのである。両親は私が多感な少年期を迎えて都会にいるとこの世”の誘惑に晒されるという思いもあって田舎に引っ越すことを選んだようだった。

これが良かったのか、悪かったのか、私は10代半ばになると見渡す限り田んぼしかないこの田舎町が大嫌いになった。こんな所を離れたいという思いも相まって、エホバの証人を絶対に止めて親元を離れるのだという強い決意の元となった。小学校4年生の時の引越しが、私が14歳になるかならないかの時にエホバの証人を止めることが出来た原因の一つでもあった。

確かに元住んでいたわりと都会と言える地域のエホバの証人の子供たちはもうちょっと大きくなってからエホバの証人を”やめた”、組織から”離れて”いたというイメージがあった。

幼児に性的虐待を行っているエホバの証人

“田舎へ引っ込む理由はものみの塔という偶像のせい” の続きを読む


排斥を怖れるエホバの証人の親の逆効果

親子の絆を断ち切るものみの塔協会の排斥処分

私は生まれながらにしてエホバの証人として育てられた。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめてその後はやりたい放題の人生を歩んできた。ものみの塔協会によって禁止されているようなことをあえて選んでやっている節があった。反エホバ否ものみの塔という立場を積極的に取っていた。

20歳で家を出るまでは未だエホバの証人だった両親と同居していた。”この世”の法律でも禁止されているような未成年の喫煙や飲酒などにも私は手を出していた。ものみの塔協会的には当然それらは禁止されていることである。

両親はこの頃になって私に対して急に甘くなった。幼い頃にものみの塔協会の戒律を厳重に押し付けてしまったことへの贖罪のつもりだったのだろう。未成年の子供がタバコを吸っているなんてエホバの証人の親としては発狂するような状況である。

大人のエホバの証人信者でも喫煙しているのが見つかると排斥処分になる。現役エホバの証人の父親にしてみると一人息子が喫煙を理由に排斥されてしまることは避けたかったのである。それは親子の絆が断ち切られるも同然だからである。

排斥処分となると親子関係でもものみの塔協会は不必要な接触を避けるよう強制するのである。私のようにものみの塔協会に献身する前だと排斥にはならない。私がなかなかバプテスマという献身の儀式を受けろと両親に言われなかったのはこれを見越してのことだったのかも知れない。

“排斥を怖れるエホバの証人の親の逆効果” の続きを読む


エホバの証人の嘘

エホバの証人をやめたいという願いと恐怖

私は物心がついた頃には既にエホバの証人2世として育てられていた。いつかエホバの証人をやめたいと漠然と考え始めたのは10歳を過ぎた頃である。ものみの塔協会の厳格な教義のせいでやりたいことが何も出来ない幼年期から少年期を過ごした。集会や伝道奉仕活動による時間制限のせいで常に自分の意思や願いを果たせなかった。

これはいつかエホバの証人をやめて自由になるしかないと私は思っていた。そう思いつつもやはり正規のエホバの証人となってハルマゲドンを生き残る方が賢い選択なのだろうかとも迷っていたのもこの10歳の頃である。

ハルマゲドンを通過すれば楽園で永遠の命を享受することが出来る。これはものみの塔協会がついている大きな嘘のうちの1つである。冗談のような話だがエホバの証人たちはこれを真剣に信じている。これがマインドコントロールということだ。

エホバの証人2世に至っては子供の頃から両親やエホバの証人信者たちに酷く脅されているのでハルマゲドンや神エホバ、キリスト、悪魔サタンやその他の悪霊に至るまで恐怖心を抱いている。エホバの証人2世の子供のほとんどは強烈な洗脳下にあるのである。

“エホバの証人の嘘” の続きを読む


エホバの証人2世の不健康な罪悪感

エホバの証人2世の罪悪感

私は幼い頃からエホバの証人2世として育てられた。我が家は両親ともに熱心なエホバの証人であるという神権家族だった。両親の期待に応えようとして立派なエホバの証人になろうと試みたことが私には何度かある。エホバの証人をやめる14歳になるまでの期間のことだ。しかし結局は性に関する問題を解決することが絶対に出来なかった。これでは正当なエホバの証人になることなど不可能である。

ものみの塔協会はマスターベーションや婚前交渉を禁止している。10代の男の子にそんな厳格な教義を守り切れるはずがない。エホバの証人2世の子供は幼い頃から不要な性教育を受けている。ただでさえ性欲が爆発しそうな思春期になるとエホバの証人2世の場合は生半可な知識ばかりが先立ち自身の性欲を抑えきるのは絶対に無理である。私の場合は既に小学校の高学年の頃からマスターベーションが常習化していた。

マスターベーションをやめられないという罪の意識はそんなに無かった。そもそも罪の1つや2つを犯した所で今さらという感じだった。子供の頃から繰り返し行ってきた神エホバへの反逆の数々が私の過去には積み重なっている。今さら常習的に罪を犯していることを自戒するはずなど無かった。

“エホバの証人2世の不健康な罪悪感” の続きを読む


エホバの証人2世のマスターベーション

エホバの証人2世にとって高い両親の壁

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。両親は異常に熱心なエホバの証人だった。私が大人になったらものみの塔協会に献身するのは当然、開拓奉仕をするのも当然ぐらいに両親は考えていた。あわよくばベテルに入って奉仕するというエホバの証人的なエリートコースを歩ませたいと考えていた。

そんなものはエリートコースでも何でもなく廃人となって野垂れ死にする墓場までの片道切符のようなものである。ただ両親が強くそう願っていたので私もそうしても良いかもという気にはなりつつあった。小学校高学年の男の子にとってどうしても両親という壁は高い。両親の言いなりになるというよりも両親に愛されたいという思いで両親の願い通りの自分になろうとしてしまうのである。

しかし私の”模範的”なエホバの証人になろうとする努力は長くもたなかった。やはりどうしてもエホバの証人には参加を許されない世俗の行事や立ち入ることが許されない場所に関心があった。クリスマスパーティーに参加してみたかったしゲームセンターにも入ってみたかった。それ以上に何よりも性の問題を解決しなければ私は真のエホバの証人にはなれなかった。それは私にとって無理な話だった。

“エホバの証人2世のマスターベーション” の続きを読む