エホバの証人の復活者の禁欲楽園ライフ

復活と裁きのエホバの証人の教理の矛盾

ネットでダウンロードできるJW解約資料を読んでいる。JW解約-エホバの証人の真理を検証する。第4弾の「神の経路と奴隷級」より。

この資料を読んで知ったのが、エホバの証人の最終の裁きについての教理の矛盾。エホバの証人に遭わないまま死んだ場合、真理を知らなかったということで不義の復活というオプションサービスがある。これは昨日の記事で触れた。

ところが、エホバの証人に遭わないまま、ハルマゲドンという裁きの日を迎えると滅ぼされてしまう。ものみの塔の教義ではそういう設定。どうせハルマゲドンは来ないので、何の問題もない。とはいえ、教義に矛盾があるので一応突っ込んでおく。

運悪く(本来は最高に幸運なのだが)、エホバの証人に遭わずにハルマゲドンが来ると、愛溢れる神エホバにより滅ぼされるという設定。

逆に、運悪くも(本来は最高に幸運なのだが)エホバの証人に遭わずに死んだ場合は、ハルマゲドン後に復活するという設定。これが不義の復活。

不運にも(本来は至上の幸運)、エホバの証人に遭わなかった両者の違いはいったい何か。公平であるエホバ様のお裁きとはとても思えない。強烈な矛盾。

私がエホバの証人であることを強制されていた子供の頃の記憶。ハルマゲドンまでにエホバの証人に遭遇しなかった人は、生き残れると思っていたのだが、どうやらそれは間違っていたらしい。

間違っているも何もハルマゲドンは来ないし、ものみの塔協会が勝手に決めた設定なのでどうでも良い。しかしながら、これでは明らかな矛盾があるので、ものみの塔協会はこの教義は直した方がいい。

よーく考えたら矛盾しているので、エホバの証人にさえ遭わなければ皆生き残れることになりましたと。いったい人の命を何だと思っているんだか・・・

エホバの証人の楽園禁欲ライフ

“エホバの証人の復活者の禁欲楽園ライフ” の続きを読む


組織的な児童性虐待を疑われても仕方がないものみの塔協会

ものみの塔協会による児童性虐待の理不尽な事実

ネットで発見したJW解約資料の第3弾『組織とスキャンダル』について。エホバの証人が幼児性虐待の温床になっている件。

資料のダウウンロードはこちら

この資料には、ものみの塔協会が児童性虐待の組織内での加害者を保護するということが書かれている。

法律上通報しなくてもよい事が分かったら警察を通報しない

被害者が独断で警察に通報すると組織の取決めに反したとして長老団から叱責を受ける

罪を犯せば法で裁かれるべき。警察を呼ばないという選択肢がある理由が分からない。また、被害者が叱責を受けるってどういうこと?意味不明。被害者に対しては平身低頭、加害者は厳罰に処すべき。それが出来ないのはものみの塔が組織的に問題を抱えたカルト集団だから。

AmazonPrimeビデオの『カルト集団と過激な信仰』のエピソード2でも本問題が取り上げられている。Amazonプライムビデオ『カルト集団と過激な信仰』

エホバの証人が刑務所に勧誘活動に行ったら、児童性虐待で収監されている児童性愛者しか勧誘会に集まらなかった。エホバの証人の勧誘会に集まってきた受刑者たちは、退所してエホバの証人になれば、エホバの証人の子供に対してやりたい放題だと思っているということ。

エホバの証人の子供目当てに児童性虐待の常習者がエホバの証人になっているということ。冗談みたいだが、全く笑えない話。

ものみの塔協会が児童性虐待者をかばう理由

“組織的な児童性虐待を疑われても仕方がないものみの塔協会” の続きを読む


エホバの証人の王国会館で児童性虐待が起きる理由

ものみの塔協会が隠蔽する幼児性虐待

JW解約-エホバの証人の真理を検証するで発見したJW解約のための資料を精読中。

 

第三弾「組織とスキャンダル」。幼児性虐待問題が隠蔽されていたスキャンダルについて取り上げている。

まず、幼児性虐待が起きることがナンセンス。あなたが無駄にエホバの証人になったばかりに、自分の子供がどっかのオッサンの性の玩具にされてしまう。そんなことがあって良いはずがない。

つまりは、ものみの塔協会に近づかないに越したことはないということ。

もう一点、激ヤバなのが児童性虐待があったことをものみの塔協会が組織ぐるみで隠蔽しようとしたこと。この隠蔽体質はものみの塔協会に関しては、本件だけでないので私は驚かない。

ものみの塔幹部が内部で起きた児童性虐待という事実を知ったなら、当然隠すように指示する。この団体の体質として当然。

とはいえ、最悪なのは被害者の方。救いを求めて訴えても握り潰される。勇気を出して告発しても、無かったことにされる。挙句の果てに加害者の幼児性愛者の方は組織内で守られ、自身の欲望を充たすべく引き続き幼児性虐待に励んでいるという無情。

エホバの証人が性的に危険な理由は40歳でも童貞だから

“エホバの証人の王国会館で児童性虐待が起きる理由” の続きを読む


エホバの証人世界本部の児童性虐待被害者に対する対応

Amazonプライムビデオ『カルト集団と過激な信仰』

Amazonプライムビデオのエホバの証人のドキュメンタリーの件。『カルト集団と過激な信仰』のエピソード2。登場する元エホバの証人二世は、エホバの証人組織内で児童性虐待の被害に遭っていた。

この被害者は、幼い頃からエホバの証人組織内で性的暴行を受けていた。繰り返し繰り返し何度も。信頼していたエホバの証人の長老という役職者に相談するも、エホバの証人組織側は体面のため組織ぐるみで隠蔽。

悲惨、惨めな体験、心と体に大きな傷が残る。

私も生まれながらのエホバの証人2世信者だったので、自分がこんな目に遭っていたらと考えると恐ろしい。精神的なダメージは計り知れない。立ち直れない恐怖心に囚われるか、恐怖心を暴力に昇華させるという低次元での復讐を行っていたはず。

無力な者に対する性的暴行。こんな非人道的行為を体面を保つために組織的に隠蔽しようとしたものみの塔協会の存続を許してはいけない。ものみの塔は破壊すべき存在なのだ。

エホバの証人世界本部の性虐待被害者に対する対応

“エホバの証人世界本部の児童性虐待被害者に対する対応” の続きを読む


イエス・キリストはゲイだった

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

脱退した元エホバの証人二世が書いた絶版本。読むなら中古で。

 

作者は、ゲイのエホバの証人からカミングアウトを受け戸惑っている。ものみの塔協会は同性愛を禁じているため。

現代社会の規範では、同性愛者を批判すると総スカンをくらうのだが、ものみの塔協会は未だに超保守的。エホバの証人は同性愛厳禁である。同性愛者と友人関係を築くことすら許されない。

このようなセンシティブな問題は時代と共に移り変わる。同性愛者の権利が日本でも認められるようになったのはつい最近のこと。その時代に生きる人間は、心中はどうあれ社会の流れに合わせざるを得ない。

社会の流れに逆らい、何千年前の聖書の規範を字義通り守り続けようとするものみの塔協会は明らかに異常。時代に調和できないカルトである証拠。

とはいえ、同性愛OKです。とか言い出したら、それこそ真理の組織であるはずがない証拠になる。移ろう時代に合わせて普遍性が無いから。つまり、どっちに転んでも、ものみの塔協会はタダの嘘つきカルトなのだ。

“イエス・キリストはゲイだった” の続きを読む


『解毒』~エホバの証人と性に関する問題

元エホバの証人二世の女性が書いた『解毒』

元エホバの証人の女性が書いた本。現役エホバの証人がこっそり読むなら、電子書籍がおすすめ。作者は女性ながら赤裸々に性に関する記述がある。エホバの証人と性に関する問題は、切り離して考えることが出来ない重大な問題。

 

 

婚前交渉が禁止のエホバの証人

本文より。

エホバの証人の二世は一生結婚できない人が多いので、性体験がないまま中年になった二世は、童貞や処女のままで一生の間、歪んだ性教育を受ける

エホバの証人二世には一生結婚できない人が多いとのこと。私の周りからエホバの証人の知り合いは消滅したのでよく分からないのだが、かつての戦友たちも未だにエホバの証人をやめられずにいるのであれば、独身中年になっているということ。

かつ、童貞。これは厳しい現実。男の私からすると考えられない。私は、通常の男性同様に、思春期から20代中ごろまでは異常に強い性欲を覚えた。しかしエホバの証人二世たちはそれを発散できないままに中年になるということ。たまりませんな。というより、たまりっぱなし。酷すぎる。

人間は一生、性欲と共に生きていくのだが、所々で発散していれば、さほど問題にはならない。他の重大な問題に向き合い、集中することができる。中学生の童貞少年とは違うのだ。頭の中が女性の裸だらけなんてことはない。

しかし、童貞エホバの証人二世たちは中年になっても、頭の中は女性の裸だらけ。発散(発射)できていないから。生き地獄ですな。

セックスでイケないエホバの証人二世の女性

“『解毒』~エホバの証人と性に関する問題” の続きを読む


エホバの証人をやめた中学生の暴走

私はほとんど生まれながらにしてエホバの証人で、両親は完全なるものみの塔教会の洗脳下にあった。私は14歳のときに自分の意志でエホバの証人を辞めるに至る。いわゆる脱塔。脱ものみの塔。

脱塔宣言の仕方はエホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)

エホバの証人をやめた後の中学校生活は自由そのもの。気ままに送った。縛り付けるものが何もなかった。エホバの証人はものみの塔協会の戒律を守らなければならないのが第一。そして、その次には上位の権威に従えとなる。

エホバの証人の定義する上位の権威とは

ものみの塔教会の教義の中に、上位の権威に従えという戒律が存在する。上位の権威とは、親、学校の先生、政治権力、そういったもの。そういった上記の権威は神エホバが認めた秩序であるとされている。

そうなると、戦争をおっぱじめたり、汚職に手を染めたり、独裁で人種差別をするような権力も神が認めたということになる。これは明らかな矛盾で、この教義はものみの塔協会のこじつけなのだ。現存の権力に真っ向から逆らうと都合が悪いから。

現行の権力者は神が認めたから存在できるのだとしている。民主選挙で選ばれた権力者が、さも神の是認を一旦は得たのだとしている。この教義のため、エホバの証人は、法律や校則を守る優良市民でなければならない。エホバの証人の教義に反しない限りは、社会的模範となる必要がある。

このため、学校でもエホバの証人の評判は意外と良い。先生に喰ってかかるような不良と比べれば、宗教上出来ない儀式はあるが、掃除、当番などの学校の活動は真面目だし、生活態度も良好だからだ。

エホバの証人をやめて実感する生の実感

“エホバの証人をやめた中学生の暴走” の続きを読む


エホバの証人をやめるべき3つの理由

エホバの証人をやめるべき3つの理由

私は、熱心なエホバの証人だった両親のもと、ほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳になる頃にはエホバの証人をやめたいと私は考え始めていた。その理由は3つある。

  1. 人生の実りは、「今」この一瞬にあること
  2. ものみの塔協会の提示する実り、その果実を得ることは出来ないこと
  3. エホバの証人的生き方の格好悪さ

順に説明すると

1.人生の実りは、「今」この一瞬にあること

これは14歳の私が考えたこと。当時、私はサッカーに熱中していて、寝ても覚めてもサッカーをしていたかった。下らないエホバの証人の集会や伝道活動で時間を割かれるのが死ぬほど嫌だった。

今が楽しくなければ、今が輝いていなければ、生きている意味はない。やりたくないことをやらなければならないエホバの証人などまっぴらだった。

これは40才を超えた今でも同じ。若さゆえに人生が輝く訳でもなく(当然、光度は違うが)、楽しんでいるか否かで人生は華やぎ輝くのだ。嫌々にエホバの証人活動をしている「今」には全く意味がない

では、ものみの塔協会の言う果実、実りである楽園に入るまでが辛抱。その後は永遠に楽しみを享受できるという反論がある。それに対しての答えはこう。「今」は一瞬であり、絶対に返ってこない時間だからこそ意味があり、かけがえのないもの。「今」が永遠になったとしたら、ダラダラとした意味のない醜いものになる。

そもそも、永遠の命なんて得られないから。ものみの塔協会の嘘である。ハルマゲドンが来ないとか、パラダイスは虚偽というのは、証明しようがないのだけれど、それを妄信して、そんなものに一度限りの一生を捧げるギャンブルを打つのは愚かとしか言いようがない。

2.ものみの塔協会の提示する実り、その果実を得ることは出来ないこと

“エホバの証人をやめるべき3つの理由” の続きを読む


笑顔のないエホバの証人2世

笑うことの出来ないエホバの証人2世

私は生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。小学生の終わりにはエホバの証人をやめたいと思い始め、中学1年生のときにエホバの証人をやめることを決断する。1990年代前半のことである。この頃の私はサッカーに熱中していて、エホバの証人の活動に充てる時間を自分の好きなサッカーに充てるべきだと思い始めていた。

幼い頃からのエホバの証人の洗脳で私は本当にハルマゲドンという世界の終わりが来ると信じていた。ものみの塔協会によって禁じられているマスターベーションをやめることが出来なかった私はハルマゲドンでこの身を焼き尽くされることを覚悟していた。残り短い生であれば好きなサッカーを思いっきりやりたかった。

エホバの証人をやめるという決意をしてから実行に移すまで1年近く時間を要した。この時期が私の人生の中で一番辛い時期だった。この15年後、私は無茶苦茶な生活をしていて、借金だらけの上、飲酒運転で自動車免許取り消しになって仕事を失いかけた。頭に円形脱毛症が出来るほどのストレスだったのだが、それでもこのエホバの証人をやめるという決断を実行できずにいた14歳の頃に比べれば格段に楽しかった。何かちょっとでも面白いことがあれば、笑うことが出来た。14歳の私は一瞬たりとも笑うことが出来ない闇の中にいた

両親の限定的な愛情に縛られるエホバの証人2世

“笑顔のないエホバの証人2世” の続きを読む


エホバの証人のエロチックな幼児への性教育

エホバの証人のエロチックな幼児・児童への性教育は性的虐待である

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。そんな私は小学校の高学年にもなると性的な衝動に強く駆られるようになった。これが1990年代初頭のことである。私は10代前半だった。

思春期の男の子の性欲の高まりは正常であるし、好きな女の子が出来たというのも原因ではある。しかしそれ以上に大きな原因があった。エホバの証人の過激な性教育を受けた影響である。

エホバの証人は小さな子供に性教育を行う。マスターベーションはダメだ。肛門や口を使ったセックスは禁止、そんなことをエホバの証人2世の子供は幼児の内から教え込まれるのである。

キスやペッティングは結婚するまで禁止、淫行、姦淫?なんだそれ?という子供にひたすら禁止、禁止と教える。ものみの塔協会の出版物には思わせぶりな写真や挿絵が載っていて、さらに少年の欲望を刺激する。

小さな小さな子供に露骨な性的情報を教える必要はない。むしろエホバの証人は児童・幼児に性的な虐待を加えていると言える。

マスターベーション禁止のエホバの証人

“エホバの証人のエロチックな幼児への性教育” の続きを読む