エホバの証人2世の子供のハードスケジュール

JW布教活動のためノーゲーム

両親はエホバの証人という宗教に洗脳されており、私は生れながらにエホバの証人の二世信者であることを強制された。エホバの証人とは通称JW、ものみの塔聖書冊子協会が運営母体となっているキリスト教系の新興宗教。二世信者とは親の宗教を漏れなく踏襲させられる子供のこと。

私は、小学校4年生になるときに引越しを経験した。田舎の小学校に転校することに。転校生の私に出来た近所の友達は、無論エホバの証人では無かった。

土曜の午前中の学校が終わり、その子に誘われて二人で野球をした。この頃はまだ土曜日の午前中には学校の授業があった。

ちょっと離れた場所にある公園まで2人で自転車を走らせて、野球の試合をすることに。1対1でどうやって野球の試合をしたのか、今となっては疑問なのだがとにかく2人で野球の試合をした。

しかし土曜の午後には、私にはものみの塔協会の布教活動が待っていた。布教活動は信者たちからは伝道とか、奉仕とか呼ばれる。繁華街に教団の雑誌をもって街宣したり、見知らぬ家の呼び鈴を次から次への鳴らしてあるいたり。

野球を始めて30分もすると母親との約束の時間になる。つかの間の野球対決に決着はつかず、さようならということに。急いで帰らないと母親に怒られる私のために、その子は自転車でバットを運ぶのを手伝ってくれた。

ド田舎の小学校だったので、1学年につき1クラスしかない。その小学校にエホバの証人の子供が入ってきたのは私が初めて。よく分からない怪しげな奉仕活動とか言っている奴のために、バットを運ぶのを手伝ってくれたその子は朴訥で良い子だった。

こうして出来た貴重な友人との時間は、ものみの塔協会の布教活動のせいで打ち切られることになった。土曜の布教活動は午後13時から。午前中に学校の授業があった頃。

子供たちの楽しい土曜の午後が始まった瞬間に、私はカルトの世界へ戻らなければならなかった

エホバの証人の勧誘のための伝道奉仕活動

エホバの証人二世の子供のハードスケジュール

エホバの証人でない子供と遊んでいると、人信者の親は良い顔をしない。さらに外で思いっきり野球をしようにも時間が制限される日が多かった。

平日の集会のある日は外に遊びに出ることは決して許されなかった。集会の無い日でも翌日の集会の予習が終わっていなければ、本当に自由な放課後にはならなかった。集会とはエホバの証人の集まりのこと。

週末の日曜日の午前中の集会は、ものみの塔誌の討議と地獄の長さを誇る公開講演という2本立てのプログラム。午後からは親と一緒にものみの塔協会の布教活動に出かけなければならない。

私が子供の頃はまだ土曜日の午前中には学校があった。そして午後からは布教活動の時間。これだけ1週間のスケジュールをものみの塔活動で埋められると、思いっきり遊ぶことなど出来なかった。

エホバの証人でない友達と野球をしていても、時間が来たら決着がつく前に帰宅しなければならない。そして妙にかしこまった服装に着替えてエホバの証人の布教活動に出かけなければならない。

この布教活動は思春期になるとさらなるストレスとして、二世信者の子供にのしかかることになる。

恐怖、見知らぬ家の呼び鈴を鳴らせ

エホバの証人の集会とは?日程・曜日・服装などまとめ


“エホバの証人2世の子供のハードスケジュール” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください